ファクタリングとビジネスローンの違いとは?資金調達にどちらを使うか


資金調達の方法はいろいろありますが、急いでお金が必要という場面で候補にあがるのはファクタリングとビジネスローンであり、銀行融資との違いは審査に時間がかからないということです。

どちらも迅速な資金調達を可能とする方法ではあるものの、実はファクタリングとビジネスローンには大きな違いがあります。

そこで、素早く手元のお金を増やしたいときにはファクタリングとビジネスローンのどちらを利用するべきなのか、2つの違いをご説明します。

 

ファクタリングはビジネスローンとどのような違いがある?

ファクタリングもビジネスローンも、銀行融資で資金調達するときのような厳しい審査は行われません。

しかしビジネスローンの場合にはいくら審査が甘いとはいえ、

  • 赤字決算
  • 債務超過
  • 税金滞納中
  • リスケ中

といった状況ではさすがに審査には通りません。

それはファクタリングが売掛金という債権を譲渡し資金調達する方法であるのに対し、ビジネスローンはあくまでも融資を受けて手元のお金を増やすという違いにあります。

融資であれば、審査で重視されるのは債務者の返済能力であり、債務超過など上記のような状況では信用力に欠けると判断されてしまい貸し付けはできないと判断されてしまいます。

一方のファクタリングは融資を受けるのではなく、ファクタリング会社に売掛金を売却し現金化する手法です。

そのためファクタリング会社が審査で重視するのは、期日に売掛金を支払う売掛先の信用力であり、利用者の信用力ではない点がビジネスローンとの大きな違いといえるでしょう。

 

資金調達後に銀行融資を検討しているときはファクタリングを

ファクタリングやビジネスローンで一時的な資金を賄った後、さらに銀行から融資を受けて資金調達しようと考える経営者もいることでしょう。

その場合、銀行の融資担当者審査において、ビジネスローンなどのように貸金業者からの借入れの有無を決算書から確認します。

その理由は、金利が高く設定されるローンを利用しているのは、他の銀行から融資を受けることができず貸金業者を頼ってお金を借りたのではないかと考えるからです。

すでにリスクの高い相手だと判断されれば、銀行融資の審査は通らなくなるでしょう。

たとえお金を借りていても、借入先がメガバンクであれば信用力は高いとみなされるのに対し、ノンバンクと呼ばれる貸金業者のローンを利用していると信用力は低いとみなされるのです。

ビジネスローンでお金を借りるだけならまだしも、その後で銀行融資を受ける予定なら融資審査でマイナスの影響が出てしまうと留意しておくべきです。

 

ファクタリングならビジネスローンと違い銀行融資の審査に影響なし?

ファクタリングは売掛金の譲渡で資金調達する方法ですが、決算書の科目明細に譲渡の記録は残りません。

そのため銀行融資の審査でマイナスになることはありません。

それどころか、ビジネスローンと違い、むしろ銀行が行う自社に対する格付けを向上させる可能性もあります。

銀行の融資審査では決算書から様々な数値を算出し、企業を格付けして資金を貸し付けるのか判断します。

数値の種類はいろいろあり、自己資本比率や売上高計上利益率、総資産経常利益率(ROA)などいろいろです。

仮にビジネスローンで資金を調達したときには、総資産が増えるので総資産経常利益率(ROA)(経常利益/総資産)は低下してしまいます。

しかしファクタリングなら、売掛金を売って現金に換えるだけのため、総資産は変化しません。

ビジネスローンで資金を調達すると総資産経常利益率(ROA)だけでなく、

  • 当座比率
  • 流動比率
  • 固定比率
  • 固定長期適合率
  • 自己資本比率
  • 債務償還年数
  • インタレスト・カバレッジ・レシオ

 

などの格付けに重要な数値が悪化してしまいます。

そのため融資審査にマイナスの影響を及ぼしたくないのなら、ビジネスローンよりファクタリングを選んだほうがよいと考えられます。

 

ビジネスローンは利息・ファクタリングは手数料が発生するという違いがある

ビジネスローンは融資を受けることになるので利息が発生するのに対し、ファクタリングはお金を借りるのではなく売掛金の売買のため手数料が発生します。

ビジネスローンの金利は銀行融資より高めですが、年率5.0~15.0%程度がおおよその目安です。

ファクタリングは利息ではなく手数料であり、2社間ファクタリング(利用者とファクタリング会社の契約)なら10~20%、3社間ファクタリング(2社に加え売掛先も契約)は1~5%が相場となっています。

2社間ファクタリングでも最大で20%なら、ビジネスローンとそれほど差はないと感じることでしょう。

しかしファクタリングは売掛金が売掛先から入金される、期日までの1~2か月の間に対する手数料です。

そのため1~2か月で20%ということは、利息に換算すると年率120%ということになります。

コストの発生という部分ではビジネスローンのほうが負担は少ないという違いはあります。

 

ビジネスローンのほうが実は迅速に資金調達が可能?

ファクタリングもビジネスローンも即日資金を調達できる手法として知られており、最短で即日手元のお金を増やすことができるなど、迅速性の高さが魅力といえます。

ただし注意したいのは、ビジネスローンは決算書の数値さえ明確ならスコアリングシステムで自動的に審査結果が出るのに対し、ファクタリングの場合は必ずしもそうではないという違いです。

ファクタリングの契約を締結する際には、

  • 直近2~3期分の決算書(試算表の場合もあり)
  • 取引や入金の確認が可能な銀行口座の通帳など
  • 取引先との基本契約書・成因資料(注文書・契約書・発注書・納品書・請求書など)
  • ファクタリング会社によってはその他納税証明書や会社謄本など

が必要です。

ビジネスローンのようなスコアリングシステムはなく、あくまでもファクタリング会社独自の審査が行われます。

そのためファクタリングで即日現金化を希望するのなら、不備のない書類をぬかりなく準備しておき、資金を必要とする日の午前中に申し込むことが必要であるという点も違います。

 

自由に入出金可能かという違いはあるものの…

そして大手ノンバンクの提供するビジネスローンなら、カードを使ってATMから融資可能枠の範囲で、いつでも何度でも借り入れと返済が可能です。

カードローンと利用しているときのように、自由にお金を出し入れできるため、急にお金が必要となったときの備えとして利用することもできます。

枠だけ確保しておけば、資金繰りの状況に応じて柔軟にお金を入出金できるのはファクタリングとは違う大きなメリットです。

しかしこの自由に入出金できる状況こそが、追加でつい借入れをしてしまい、いつまでも完済できない状態をつくってしまいやすいといえます。

ビジネスローンは銀行融資などの借入金と比較すると金利が高く設定されるため、継続して長期に利用し続ければ返済負担が重くなり、資金繰りは悪化することとなるでしょう。

必要なときに必要なだけお金を貸付けてもらえる点はメリットでもあり、デメリットでもあるといえます。

 

ファクタリングとビジネスローンの違いを知った上でどちらを選ぶ?

ファクタリングとビジネスローンの違いを理解し、どちらにもメリットとデメリットがあることは確認できたことでしょう。

では実際に資金を調達しなければならなくなったとき、いったいどちらを利用するべきか迷ってしまうものです。

そこで、ファクタリングとビジネスローンの2つのうち、いずれかで資金調達するのなら次の項目を確認し判断することをおすすめします。

 

売却可能な売掛金を保有しているか

ファクタリングはまだ回収できていない売掛金を保有していなければ利用できません。同じ売掛債権でも受取手形を保有しているのなら、手形割引を活用して資金調達できます。売掛債権を保有しているならファクタリングとビジネスローンのどちらも選択できるのに対し、保有していないのならビジネスローンのみの選択となる点が大きな違いです。

 

信用力が低下していないか

ファクタリングは利用者の信用力は審査で重視しませんが、ビジネスローンの場合は返済能力の低い相手にはお金を貸してくれません。

先に述べたように、赤字決算や債務超過といった信用力を低下する状況であるのなら、ビジネスローンは選択できないといえるでしょう。

 

後に銀行融資を予定している

ファクタリングかビジネスローンで資金調達した後で、銀行融資を受けたいと考えるなら、先に述べたとおり銀行の融資審査に悪影響を及ぼさないファクタリングを選ぶべきです。

 

いつでも入出金可能な状況を作っておきたい

ビジネスローンならATMを使って入出金が可能です。しかしファクタリングの場合は、お金を借りるわけではないためビジネスローンほどの柔軟性はありません。

ただ、ビジネスローンの借入れを残し、決算まで持ちこせば今後の銀行融資にマイナスの影響を及ぼすことは留意しておくべきです。

ビジネスローンは確かにいつでもお金を出し入れできますが、そもそも一時的に利用するものであるといえます。

決算までにすぐに完済させることができる目途があるのならビジネスローンを選んでもよいですが、ダラダラと借り続けたり追加で借り入れしたりという状況も考えられるのなら選ぶべきではありません。

 

まとめ

ファクタリングとビジネスローンはどちらも迅速に資金調達できる方法ではありますが、そもそも仕組みが違います。

どちらにもメリットとデメリットがあるので状況に応じて使い分けるとよいですが、借金を増やしたくなりならビジネスローンではなくファクタリングで資金調達するべきです。

ファクタリングは融資を受けるわけではないため、信用力に不安がある場合でも資金調達が可能であるに対し、ビジネスローンなら自由にATMでカードを使いお金の入出金ができるというメリットはあります。

一概にどちらが優れているとは言い切れないところはあるものの、将来的に資金繰りを改善させやすいのはどちらか違いをよく考え、状況に合わせて最適な方法を選ぶようにしてください。