新型コロナに負けないファクタリングのメリットとは?


ファクタリングとは、売掛金(売掛債権)を売掛先から回収する期限よりも前に専門業者に売却し、現金化させる資金調達の方法のことです。

売掛金の支払い期日まで期間が空いているけれど、はやく現金化させたいときに活用できるのがファクタリングのメリットといえます。

コロナ禍で事業資金不足に陥っている事業者にとって、ファクタリングを活用できることは大きなメリットといえますが、他にもいろいろなメリットのある手法です。

そこで、新型コロナウイルス感染症の影響で資金不足に陥っている企業でも、安心して活用できるファクタリングのメリットについて徹底解説していきます。

 

ファクタリングのメリットはこんなにたくさん!

新型コロナウイルス感染症の影響は、様々な産業や業種に及んでいるといえますが、売上低迷などで資金不足に陥っている企業も少なくありません。

不足する資金を補おうと銀行に融資の相談をしたものの、よい回答を得ることができずどうすればよいかわからない経営者もいることでしょう。

しかし銀行融資を断られた場合でも、ファクタリングを使えばスムーズに資金調達が可能です。

資金不足で困っている中小企業にとって、ファクタリングは次のようなメリットがあります。

 

売掛金を即日現金化が可能

ファクタリングの一番のメリットは何といっても資金調達までのスピードのはやさです。売掛金を売却する相手はファクターと呼ばれるファクタリング会社ですが、最短で即日買取可能という場合も少なくありません。

仮に銀行融資で資金調達する場合、申し込みまでに様々な書類を準備しなければなりませんし、審査を経て融資が実行されるまで月単位かかる場合もあることがデメリットです。

すぐにお金を必要とする場面において、銀行融資に申し込み審査結果をのんびり待っている余裕はまずないでしょう。

その点、ファクタリングなら申し込みを行った当日に審査が行われますので、午前中に手続きを済ませ書類などに不備がなければ即日現金化も可能となるのがメリットといえます。

 

キャッシュフローを改善させることが可能

ファクタリングを使えば売掛債権回収期限よりも前に現金に換えることが可能になるため、売掛金債権回転率を上昇させキャッシュフローを改善できることもメリットとして挙げられます。

 

ファクタリングは審査が柔軟

銀行融資などお金を借りるときの審査で重視されるのは、申込者の返済能力など信用力です。しかしファクタリングは売掛金の売買のため、審査では売掛先の信用力が基準となることもメリットといえます。

売掛先の信用力が重視されるということは、申込者の信用力が低い場合でもしっかりとした売掛先で期日に確実に決済されると判断されれば、売掛金を売却で現金化が可能となるということです。

赤字決算や債務超過、税金滞納などの状況であっても、ファクタリングなら利用可能となるのはメリットといえます。

 

信用情報機関に履歴が残らない

融資を受けようと申し込みを行えば、信用情報機関にその履歴が残ります。

たとえばカードローンの申し込みを行い、審査に通らなくてもその履歴は情報として記録されてしまいます。

しかしファクタリングは売掛金の売買であり、お金を借りるわけではありません。そのため信用情報機関に申し込みや利用の記録が残ることはなく、その後、銀行融資の申し込みを行いたいという場合にもデメリットになることはないでしょう。

 

財務状況を改善させることができるメリット

信用情報に悪影響がないということは、誰に知られることなく財務状況を健全化させることが可能ということです。

銀行融資では、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の状況が重視されるため、ファクタリング利用後に銀行融資を受けたいという場合はメリットがあります。

ファクタリングを利用することで売掛金の入金サイトを短期化させることができれば、負債を早期返済するなど財務状況は改善させることが可能です。そして銀行融資の審査では、売上や利益の減少、負債の増加などは不利に働いてしまいますが、ファクタリングは負債を増やすこともありません

 

売掛先が倒産しても返還義務は発生しない

ファクタリングを利用し、売掛金を現金化した後で売掛先が倒産した場合はどうなるのだろう?と疑問を感じる経営者もいることでしょう。

現金化により受け取ったお金をファクタリング会社に返還しなければならないのでは…という不安があれば、安心してファクタリングを利用できません。

しかしファクタリングは売掛金をファクタリング会社に売却すると同時に、未回収となるリスクも業者に移転させることができることがメリットです。万一売掛先が倒産してしまっても、貸し倒れリスクを負うことはありません。

うまく活用することで、売掛先の倒産リスクに備えることも可能というメリットもあります。

 

第三者に知られず利用可能できるのはメリット

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングと種類がありますが、このうち2社間ファクタリングなら誰にも知られずファクタリングの利用が可能です。

売掛金を現金化することを売掛先に知られると、その後の取引に影響があるのでは…と不安を感じる経営者でも安心して利用できることはメリットといえるでしょう。

ただし債権譲渡登記が必要というファクタリング会社もあるため、この場合、可能性は低いものの売掛先に知られるリスクはゼロではなくなります。

 

ファクタリングで資金調達するデメリットは?

ファクタリングはメリットがたくさんある魅力的な資金調達方法でありながら、次のようなデメリットも少なからずあります。

 

利用する上で手数料が発生することがデメリット

ファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社に対して手数料を支払わなければなりません。

お金を借りるわけではないため利息は発生しませんが、手数料として2社間ファクタリングなら10~20%、3社間ファクタリングなら1~5%の費用がかかってしまいます。

 

2社間ファクタリングは手数料に注意

売掛先も契約に加わる3社間ファクタリングと異なり、2社間ファクタリングは手数料が高めに設定されることがデメリットといえます。

2社間ファクタリングは売掛先に知られずファクタリングを利用できることがメリットですが、決済期日にはファクタリング会社が直接売掛先から売掛金を回収できません。

そのため一旦はファクタリングの利用者が売掛先から回収することとなりますが、このとき別の支払いなどに流用されるリスクがあるからです。

手数料はリスクが高さと比例するため、信用力の低い売掛金の場合も手数料割合が大きくなります。

長くファクタリングを使い続けてしまうと、資金繰りがますます悪化する可能性もありますので、必ず計画を立てて利用することが必要です。

 

債権譲渡登記が必要な場合はデメリットに

先に述べたとおり、ファクタリング会社によっては債権譲渡登記を必須とする場合があります。

主に2社間ファクタリングで契約するときに求められることになりますが、登記を行うということは一般の方でも閲覧可能な情報として扱われるということです。

誰でも見ることができるため、売掛先に知られないとは限りませんし、銀行融資の申し込みを同時に行う場合には審査で必ず確認されます。

結果、銀行の融資審査で不利になってしまうことがデメリットといえるでしょう。

ファクタリング会社によっては債権譲渡登記を行わず契約を締結している場合もありますので、業者選びは重要といえます。

 

ファクタリングは売掛先の信用力次第

ファクタリングはそもそも売掛金を保有していなければ利用できない資金調達の方法ですし、調達可能となる金額も売掛金の額面金額の範囲までです。

そしていくら申込者の信用力が高い場合でも、売掛先の信用力が低ければ買取はされません

ただ、実際にはファクタリングで資金調達を検討する多くは、銀行融資などの審査が通らないなど自社の信用状況が悪い場合が多いといえます。

その上売掛先の信用力が悪いのに、売掛金を買い取ってほしいとファクタリング会社にもちかけても受け入れてもらえるとは考えにくいでしょう。

仮に買い取ってもらえる場合でも、リスクを考慮して手数料が設定されるため、十分な資金調達につながらない可能性が高くなるのはデメリットともいえます。

 

ファクタリングで資金調達したほうがよいか判断する基準

ファクタリングという方法を試してみたいけれど、一歩が出ず迷っている経営者もいるはずです。

この場合、先に述べたようなメリットを活かした資金調達を希望するかを判断基準としてみましょう。

  • 信用情報がすでに悪化しており信用力に不安がある場合
  • 信用情報機関に履歴が残ることは避けたい場合
  • 融資審査に通らず資金調達できなかった場合
  • すぐにお金を準備しなければならない場合

などがファクタリングのメリットを活かせるケースです。

また、銀行融資を受けるときのように、保証人や担保などもファクタリングには必要ありません。

お金を借りて資金調達したいけれど、担保として差し入れる不動産などを所有していない場合や、代表が保証人になることを避けたいという場合にも有効です。

 

まとめ

ファクタリングで資金調達するメリットとデメリットをご説明しました。

すぐにお金を準備しなければならない状況は、中小企業や個人事業主なら誰でも経験していることでしょう。

そのような場面で、ゆっくりと銀行融資の審査結果を待つ余裕はないはずです。ファクタリングなら、切羽詰まった状況であっても迅速に対応してもらえるので、スムーズな資金調達につながることがメリットといえます。

そして信用情報に不安がある場合や、信用情報機関に資金調達の申し込み・利用したことの履歴を残したくないという場合でも有効な方法です。

ただしファクタリングを利用する場合には手数料が発生しますので、悪徳業者などに騙されないよう信頼できる業者を見極め、安心して任せることができるファクタリング会社と契約するようにしてください。