ファクタリングで資金調達するとき最安値の手数料で契約できる業者を選ぶには?


ファクタリングで資金調達するときにまず気になるのが手数料ですが、手元のお金を増やすことが目的である以上は、最安値の手数料のファクタリング会社と契約したいものでしょう。

しかしどのファクタリング会社の手数料が最安値なのか、はじめて資金調達に利用するときなど見極めが難しいと感じてしまいます。

そこで、最安値の手数料で契約できるファクタリング会社の見つけ方や、業者選びにおいて押さえておきたいポイントについて徹底解説していきます。

 

手数料最安値のファクタリング会社を適切に選びたい!

ファクタリングで資金調達する理由は、仕入れ代金や従業員の給与(給料・ボーナス)、借入金の返済などに充てる資金が不足しているといった理由が多いことでしょう。

ただいくらい急いでお金が必要という場面でも、契約するファクタリング会社選びで重視するべきことは迷いが出るはずです。ファクタリング会社を紹介する最新のランキングや口コミなどのサイトを見ても、結局は自分が選ばなければなりません。

優先させたいのは手数料が最安値でコストを抑えることができるかという部分ですが、他にも現金化までのスピード提供されるサービス内容などが挙げられます。

ファクタリングで発生する手数料は安ければ安いほどよいでしょうし、現金化までのスピードも確認しておくべきです。

他にも提供されるサービスについては、たとえば少額債権でも買取可能としているのか、法人以外の個人事業主でも契約可能かという点を重視したいといえます。

 

手数料最安値の業者を選ぶなら取引の流れの把握を

ファクタリング会社と契約した際、売掛金が現金化され手元に入金されるまでの流れは、たとえば商品券を金券ショップに売りに出したときと似ています。

ただしファクタリングで買取対象となるのは、現物ではない売掛債権という資産です。目に見えない権利をファクタリング会社に渡すことになるため、業者側も本当に相手を信頼してよいのか、期日に確実に売掛先から回収可能かを判断する審査を行います。

それらも踏まえて主なファクタリング取引の流れは、

  1. ファクタリング会社に相談・見積もりの依頼をする
  2. ファクタリング会社への申し込みにより審査が実施される
  3. 買取可能と判断された場合、発生する手数料などが提示される
  4. 提示された手数料で納得できれば契約締結
  5. 売掛金の売却代金を受け取る
  6. 後日、ファクタリング会社が売掛金を回収する

となります。

なお、ファクタリングには2社間と3社間があり、売掛先への通知や承諾が必要となる3社間ではその手続きが間に入ります。

 

手数料最安値で契約したいなら3社間がおすすめ?

ファクタリングで資金調達する際、発生する手数料の相場は2社間と3社間のどちらで契約するかにより異なります。

2社間ファクタリングであれば10~20%3社間ファクタリング1~5%が手数料の相場です。

手数料最安値の契約を希望するのなら、3社間ファクタリングの方が安い手数料での契約につながりやすいといえます。

ただし先に述べたとおり、売掛先に対する通知や承諾が必要となるため、その手続きに時間を割くこととなれば現金化まで一定の時間がかかると認識しておいたほうがよいでしょう。

 

売掛先に債権譲渡を知られたくないなら2社間で

2社間ファクタリングの場合、売掛先に対して通知することも、承諾を得ることも必要ありません。

そのため期日になると、売掛先から利用者が売掛金を回収し、回収したお金をファクタリング会社に支払うことになります。

3社間ファクタリングであれば、売掛先から直接ファクタリング会社に売掛金が支払われるため、安全性の高さから3社間のほうが手数料は割安に設定されます。

ただし2社間ファクタリングなら通知・承諾を省略できるため、即日現金化も可能となるなどスピーディな資金調達が可能です。

3社間ファクタリングと比べれば手数料最安値は期待できませんが、良心的な対応で安い手数料による契約を可能とするファクタリング会社もあります。

 

債権譲渡登記が必要だと手数料は高くなる

2社間ファクタリングの場合、もともと3社間ファクタリングよりも手数料が高めに設定されるのに加え、債権譲渡登記が必要な場合はさらにコストがかかってしまいます。

ただしファクタリング会社の中には、未登記で2社間での契約を可能とする場合もあるため、優良な業者選びが重要です。

 

手数料はどのように決まる?

気になるのはファクタリングで発生する手数料は、そもそも何を規準に決まるのかという点です。

ファクタリングの審査ファクタリング会社独自の基準で行われ、重視される項目も業者により異なります。

ただおおよその基準はどのファクタリング会社も同じなので、手数料最安値の業者を選ぶためにもその基準を把握しておくとよいでしょう。

 

3社間ファクタリングの審査基準

3社間ファクタリングで手数料を最も左右するのは、売掛先の信用力といえます。

たとえば売掛先の信用情報機関(帝国データバンクなど)の点数や売掛先の月商に対する売掛金の割合などが手数料を最安値に持っていけるかに影響するでしょう。

そのため、売掛先が大手企業で信用力が高い会社の場合などは、ファクタリング会社側のリスクを引き下げ手数料も最安値で設定されることが期待できます。

なお帝国データバンクなどに点数の記載がされていない場合、売掛先の信用力の判断ができなくなるため、3社間ファクタリングで契約することが難しくなる可能性があります。

 

2社間ファクタリングの審査基準

2社間ファクタリングでも売掛先の信用力が最も重視されますが、それに加え利用者の月商に対する買取債権額の割合利用回数も加味されて手数料が決まります。

売掛先の与信については、帝国データバンクなどで点数が付いていない場合には、他の信用情報機関の情報や売掛先のホームページや業歴など確認し審査が行われることになるでしょう。

なお、初回の利用よりは2回目など利用回数が多い方が、ファクタリング会社も安心して契約できるため手数料を最安値に持っていける可能性はあがります。

 

手数料を最安値にする方法

ファクタリングの手数料を最安値にしたい場合、主に次のことを実践するようにしてみましょう。

 

信用力の高い売掛先の売掛金を売却する

ファクタリングで資金調達する場合、2社間でも3社間でも売掛先の信用力が審査で重視されます。

そのため、上場している大手企業や公的機関の売掛債権を売却したほうが、ファクタリングの手数料は最安値になりやすいといえるでしょう。

仮に中小企業であっても、長期間取引を継続しているなど信頼関係が成り立っている会社であることを証明できれば、手数料を低く抑えることは可能です。

 

信用力や取引を証明できる書類は重要

売掛先が中小企業などの場合、継続して取引があることを証明できる書類や、売掛金の存在が確実であることを証明する書類を準備しておきましょう。

取引や入金の履歴を確認できる口座通帳や、請求書だけなく注文書や納品書などもそろっているとなおよいです。

 

複数のファクタリング会社から見積もりを取得し比較する

ファクタリングで設定される手数料は、それぞれのファクタリング会社独自の審査基準で決まります。

そのため同じ売掛金を売却する場合でも、ファクタリング会社によって設定される手数料が違ってきますので、複数社から相見積もりを取り比較すると最安値の業者が見つかりやすくなるでしょう。

 

ファクタリング会社と良好な関係を築くこと

ファクタリングの手数料を最安値で設定してもらうためにも、ファクタリング会社とは良好な関係を築くようにしましょう。

ファクタリングは融資を受けるわけではないため、担保や保証人などはもちろん必要ありません。しかしそれは同時に、利用者の人柄や信用力を重視することを意味します。

最終的には人柄が手数料を左右するといっても過言ではありませんので、担当者とはしっかりとコミュニケーションをとり、自分をよく見せようとせず正直に現状を伝えることが必要です。

 

最安値で手数料を設定してくれる業者を見極めるポイント

数多く存在するファクタリング会社から、どの業者が最安値の手数料を設定してくれるのか見極めることは難しいと感じるでしょう。

そのときには主に次の項目を確認してください。

  • ・取引の実績が高いこと
  • ・ホームページなどに会社概要が詳細に記載されていること
  • ・契約内容や手数料の内容が明確であること
  • ・過去に利用した方からの口コミ評価が高いこと

ファクタリング会社の数は多くても、3~5年程度で廃業してしまう業者も少なくないのが現状です。

契約するのなら、規模を拡大させていたり全国対応だったり、これからも安心して取引ができるファクタリング会社でなければ安心できません。

そして実績が高いファクタリング会社であれば、様々な経営者の事情なども把握しているため、手数料の設定も納得できる内容であるはずです。

最安値で手数料を設定してくれるファクタリング会社であることは望ましいですが、安かろう悪かろうにならないためにも、上記のポイントも踏まえて判断するようにしてください。

 

まとめ

ファクタリング契約で手数料最安値の業者と契約したいと考える方がほとんどですが、表向きは良心対応の業者のフリをし、最安値といえる手数料を提案し顧客を獲得しようとする悪徳業者も存在します。

しかしどのような悪徳業者と契約してしまうと、契約直前に手数料を引き上げられる、または手数料以外に別途費用を請求されるなど余計なコストがかかります。

ファクタリングを手元のお金を増やす目的で活用するのなら、発生するコストはできるだけ低くしなければ十分な資金調達につながりません。悪徳業者とだけは契約してしまわないように、見極めることが重要です。

当サイトでは悪徳業者などは除き、信頼できる優良なファクタリング会社を口コミなど参考に紹介していますので、評判のよい業者選びの参考にしていただけます。

実際にファクタリング会社を利用したことのある方の生の声から、どの業者が最も信頼でき最安値の手数料で契約できるか判断する目安に活用してはいかがでしょう。