ファクタリング取引で発生する支払いはいつまでに行えばよい?


ファクタリングで資金調達したものの、いつ業者に対して支払いを行えばよいのだろうという疑問や、そもそも支払い期日はあるのかなどわからないことはいろいろ出てきます。

まだファクタリングを利用したことがない方なら、支払いに関する疑問が生じることは当然といえます。

ただ支払いがいつ必要なのか、どのような流れで行うのかわからないままファクタリング契約してしまうのは、不安を抱えた取引となってしまいます。

そこで資金調達にファクタリングを利用したとき、支払いに関する様々な疑問点とその答えをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

ファクタリングで資金調達するメリット

ファクタリングは、保有する売掛金が取引先から入金されるまで、不足しがちな支払い資金を補うことができるメリットの高い資金調達の方法です。

売掛金の支払いが取引先から行われるまでの間、手元のお金が不足することがなければファクタリングを利用する必要はありません。

しかし期日までが長い場合など、入金されるまで手元にお金が不足しがちなのは、売掛金回収よりも先に仕入れ代金などの支払いが先に必要になるからです。

このような場合でも、ファクタリングを使うことで売掛金の入金期日を前倒しし、支払いに充てるお金を確保することが可能であることがメリットといえます。

 

ファクタリングを利用した場合の期日とは?

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。ファクタリングは保有する売掛金をファクタリング会社に売却し、売掛金回収よりも先に現金化させて資金調達する手法です。

そのため取引先から期日に支払いが行われる売掛金は、すでにファクタリング会社のものであり、回収後は速やかにファクタリング会社に支払いを行う必要があります。

2社間ファクタリングでは、取引先から売掛金が入金された後、すぐにファクタリング会社にその代金を支払います。

3社間ファクタリングの場合には、取引先に売掛金という債権が譲渡されることを通知し、承諾を得た上で取引が行われます。そのため、売掛金の支払いも取引先からファクタリング会社に対し直接行われますので、特に支払いは不要となります。

 

中小企業で利用が多い2社間は注意

中小企業が利用することの多いファクタリングは、自社とファクタリング会社だけで取引を完結させることができる2社間ファクタリングです。

この場合、取引先からの売掛金の回収は従来どおり行い、取引先から支払いがあったタイミングで、すぐに回収した代金をファクタリング会社に支払わなければなりません。

2社間ファクタリングのメリットは、取引先とファクタリング会社が接触することがなく、取引先にファクタリングで資金調達する事実を知られることがない点です。

3社間ファクタリングでは取引先もファクタリング契約に関わることになり、ファクタリング会社へ売掛金を譲渡したときには回収義務も移転させることができます。

しかし2社間ファクタリングでは回収業務を代行することになるため、回収と同時にファクタリング会社への支払いが適切に行わなければならないと留意しておいてください。

 

分割で支払いすることは可能?

たとえば翌月以降に回収可能である別の売掛金を支払いに充当するジャンプという行為は、法律で罰せられることになり、さらに資金繰りは悪化し続けることになるでしょう。

手数料だけを振り込み、元金は翌月以降に支払いを行うという行為や、分割払いなどは実質的な融資扱いとなります。

そのため金銭の貸付ではなく、売掛金の売買契約を結ぶファクタリングでは、分割払いはできません。

金銭の貸付は貸金業登録を行っている業者でなければできませんが、ファクタリング業を専門とするファクタリング会社は貸金業者ではないため、ジャンプや分割払いという対応はしていないはずです。

もし分割に応じる業者や、ジャンプが可能という業者がある場合、貸金業登録を行わず金銭を貸し付けようとする悪質な闇金業者といえます。

悪質な業者と契約してしまうと、弱みにつけこみ多額の費用を請求されることになるため、ファクタリングで分割支払いはできないと認識しておくべきです。

 

・他の売掛金回収で支払いも不可

売却した売掛金の請求書以外での入金や資金による支払い充当も融資となるため、法律で禁止されています。

悪質な業者は、このように他の充当資金で支払いを行うことも可能としているようですが、許されるはずのない回収方法であり違法行為です。

小切手や手形などで支払いに充てることもできませんので、許容している悪質業者と契約しないように注意してください。

 

支払いを行わなかった場合は?

2社間ファクタリングでは、取引先から売掛金を回収した後、ファクタリング会社に速やかに回収分の支払いを行わなければなりません。

もし支払いが遅れてしまった場合にはファクタリング会社の対応次第ですが、

  • ・ファクタリング会社から督促連絡される
  • ・遅れた日数分は遅延損害金が発生し請求される
  • ・取引先に債権譲渡通知が発送される
  • ・損害賠償訴訟の対象となる

などの可能性が高くなります。

いずれにしても返済できない場合は厳しい対応となるため、支払いは即日・適切に行うようにしてください。

2社間ファクタリングの仕組みに魅力を感じる理由は、取引先に債権譲渡の事実を知られたくないからといえます。しかしファクタリング会社に対する支払いが遅れれば、結果として売掛金を売却したことを知られてしまう可能性も出てくるでしょう。

安心してファクタリングで資金調達するためにも、決められた期日までにファクタリング会社に回収代金を支払いすることが大切です。

 

ファクタリングの優良会社とは?

ファクタリングで資金調達するとき、気になるのは買取代金の支払い条件でしょう。

どのくらいの金額で買い取ってもらえるのか、いつ買取代金が入金されるのかなど、気になることはいろいろあります。

そこで、優良なファクタリング会社と契約したいのなら、発生する手数料・諸費用・支払い条件など契約前に明示してくれる業者を選ぶようにしましょう。

ファクタリング手数料や掛け目は何%なのか、債権譲渡登記は必要なのか、他にも買取代金支払いまでの流れなど詳しく説明してくれるファクタリング会社ほど信頼できるといえます。

悪徳業者の場合、審査も行わず手数料以外の説明はほとんどせず、契約段階で諸費用や手数料を提案内容よりも多く請求してきます。

買取代金の支払いが自社の口座に行われた後で、想定していたよりも買取金額が少ないと、十分な資金調達につながらず手元のお金は不足したままになります。

契約の際、不明なことや不安を感じることはファクタリング会社の担当者に質問し、丁寧に応えてくれるか対応も確認しましょう。

 

まとめ

ファクタリングは保有する売掛金が回収できるまでの間、資金が不足しがちな問題をスピード重視で解決できるサービスです。

銀行融資のように借金をするわけではなく、後日現金として入金される予定の売掛金を、期日よりも先に現金化させる方式であることに意味があります。

ただし2社間ファクタリングでは、ファクタリングを利用した方がファクタリング会社に代わり、取引先から売掛金を回収する仕組みになっています。

回収した代金は、速やかにファクタリング会社に支払いを行うことが必要となるため、その手続きを怠れば様々なリスクが発生すると留意しておいてください。

安心してファクタリングで資金調達するためにも、信頼関係をファクタリング会社と築くことのできる取引をおすすめします。