個人事業主でもファクタリングで資金調達は可能!審査基準など徹底解説


今すぐお金が必要!という個人事業主が資金調達しようとするとき、銀行からの融資ではなくファクタリングがおすすめです。

個人事業主が銀行から融資を受けようとしても、担当者はなかなか首を縦に振ってくれないこともありますが、ファクタリングならスムーズに資金調達できる可能性が高いといえます。

ただ、個人事業主でもファクタリングは使えるのか不安を感じることもあるでしょう。

そこで、本当に個人事業主にとってファクタリングは有効な資金調達の手法なのか、そのメリットなどを徹底解説していきます。

 

個人事業主でもファクタリングは利用可能?

資金調達したいという個人事業主がファクタリングを利用したくても、法人のみ対応としていれば申し込みできません。

しかしファクタリング会社の中には、個人事業主でも利用可能というケースがあり、そのような業者であればファクタリングで資金調達が可能です。

個人事業主でも対応してくれるファクタリング会社に相談できるのなら、個人事業主の資金調達方法としてはファクタリングがもっともおすすめといえます。

 

すぐにお金が必要なことが多い個人事業主のニーズに対応可能

ファクタリングでは未回収の売掛金をファクタリング会社に売却することになりますが、このとき前提として個人事業主でも対応可能な業者に申し込みを行ってください。

個人事業主は売掛金を保有していても、その金額が少額なことも少なくありません。

ファクタリング会社によっては、買取る売掛債権の金額に下限を設けていることもあるため、少額債権では売却できないこともあります。また、法人のみ対応可能としている業者も少なくないため、必ず事前の確認が必要といえるでしょう。

個人事業主でも対応可能なファクタリング会社の場合、相手が個人事業主だからといって特別審査基準をあげてくることもありません。

なぜならファクタリングの審査で重視されるのは売掛先の信用力であり、買取る売掛金が本当に回収できるかどうかだからです。

信用力の高い売掛金を保有していれば、個人事業主でもスムーズに資金調達したいというニーズに対応してもらえること間違いないでしょう。

 

資金調達までのスピードがはやいのはファクタリングだけ?

資金調達の方法のうち、現金を手に入れるまでのはやさがスピーディなのはファクタリングだけではありません。

たとえばカードローン・ビジネスローン・消費者金融などがその例として挙げられます。

ファクタリングも業者によっては即日現金化が可能ですが、ビジネスローンなども即日融資を可能としているため、どちらを選ぶか迷うこともあるでしょう。

ファクタリングとその他の資金調達方法の違いは主に次のとおりです。

・ファクタリング

  • 形態…売却審査
  • 対象…売掛先
  • 銀行融資への影響…低い
  • 手数料…3社間1%~・2社間10%~(あくまでも相場)

 

・カードローン

  • 形態…借入
  • 審査対象…利用者
  • 銀行融資への影響…高い
  • 手数料…1.7%~

 

・ビジネスローン

  • 形態…借入
  • 審査対象…利用者
  • 銀行融資への影響…高い
  • 手数料…3%~

 

・消費者金融

  • 形態…借入
  • 審査対象…利用者
  • 銀行融資への影響…高い
  • 手数料…3%~

 

これらの比較からわかるとおり、将来的に銀行融資を検討している場合にはファクタリング以外の資金調達方法は不利といえます。

また、審査対象もファクタリング以外は利用者となるため、赤字決算や税金滞納という状態では利用できないといえるでしょう。

ファクタリングは借金ではなく、回収していない売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい現金化させる方法です。

手元にまだ入金されていない請求書があれば、ファクタリング会社に持ち込み買い取ってもらいお金に換えることができます。

返済の必要がなく高額な利子に苦しめられることもありません。

借金を増やす方法の場合には、もし返済できなかったときには激しい督促を受けることとなり、信用情報にも傷をつけることを十分理解しておきましょう。

 

経済状況に不安がある個人事業主ならファクタリングを選ぶべき!

銀行融資を検討しているときにはノンバンクからの借り入れがないか必ず確認されることになります。

銀行ではない金融機関からお金を借りるということは、他の銀行からも融資を受けることのできない信用力の低い状況にあると判断されてしまいます。

その結果、融資実行のリスクは高いと判断されてしまい、断られてしまうことになるでしょう。

しかしファクタリングで資金調達していても、売掛債権を現金に換えるだけなので借入れとして決算書の科目明細に載らず、銀行融資に悪影響を及ぼすことはありません

また、ファクタリングに申し込み審査を受けても、信用情報にその事実が記録されることはありません。その点も、銀行融資に不利にならない理由といえます。

 

ファクタリングの手数料は割高?

ファクタリングでかかる手数料は、3社間なら1~5%ですが2社間は10~20%が相場です。

そのためカードローンなどよりも割高だと感じる方もいるでしょうが、実はカードローンとほとんど変わりません

さらにビジネスローンや消費者金融などは最低金利が3%のため、ファクタリングの方が安い場合もあります。

お金を借りたときの利息は、「借入金額×金利(年利)÷365日×借入日数」で計算されますので、支払いが遅れたほど支払う金額は増えます。

しかしファクタリングは手数料を差し引かれた金額が買取金額として利用者に支払われ、ファクタリング会社が売掛金を回収すれば契約は終わります。

お金を借りたときの利息のように、長々と手数料を支払い続けることはありません

 

ファクタリングなら総量規制も関係なし

ノンバンクなど貸金業者からお金を借りるときには、総量規制により年収の3分の1までという決まりがあります。

年収600万円の方なら200万円まで融資を受けることはできても、その金額を超えた借入れはできません。

しかしファクタリングなら、保有する売掛金額の範囲にはとどまるものの、総量規制の縛りを受けないことはメリットです。

 

個人事業主がファクタリングで資金調達する上での注意

個人事業主がファクタリングで資金調達する場合、いずれにしても審査に通らなければ資金調達はできません。

法人ではなく個人事業主だからといって審査が厳しくなるわけではなくても、必ず利用できるとも限らないのです。

まずファクタリング審査では、売却する売掛金・売掛先の信用力が重視されます。

売掛先が上場企業や大手企業など、安定した信頼性の高い法人であれば審査に通る可能性は高いものの、知名度が低く業績に不安がある企業なら審査に通らなくなる可能性も高いと考えておくべきでしょう。

また、即日現金化を可能としているファクタリング会社でも、必ず即日で買取代金を入金してもらえるとは限りません。

事前に必要書類を揃えておき、午前中に申し込みを済ませるなどスムーズな対応がポイントとなります。

申し込みの時間帯が遅かった場合や、書類に不備や不足がある場合などは、翌日以降の入金になることもあるので注意しましょう。

 

個人事業主が審査に通るために押さえておきたいポイント

ファクタリングで資金調達したいと考える個人事業主が、審査に通るために押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

 

ポイント1:信用力の高い売掛先の債権を

先にも述べたとおり、ファクタリング会社は買取る売掛金を確実に回収できるか重視した審査を行います。

売却する売掛金は、信用力の高い売掛先のものを準備するようにしましょう。

 

ポイント2:入金期日を過ぎた売掛債権ではないか

ファクタリングで現金化が可能となるのは、入金期日前の未回収の売掛債権です。

すでに入金の期日が過ぎた売掛債権は買取りしてもらえませんので注意してください。

また、一度きりの取引で発生した売掛債権なども、売掛先との信頼関係が十分といえず支払いされるか不透明なため、買取不可とされる場合もあります。

 

ポイント3:審査前に個人事業主が必要な書類準備を

ファクタリングで資金調達するとき、個人事業主であれば所得税確定申告書や過去の取引の確認できる通帳請求書など売掛債権を証明する書類が必要です。

また、業者によりその他必要となる書類もあるため、当日中に申し込みを完了できるように事前に確認しておきましょう。

地方でも全国に支店や営業所を設けているファクタリング会社もありますし、インターネットや郵送で対応してくれる業者ならなお安心です。

 

まとめ

ファクタリングは個人事業主でも利用可能であり、すぐにお金が必要というありがちなニーズにも対応できる手法です。

ただし個人事業主でも申し込み可としているファクタリング会社に相談することが必要ですし、手元に保有している売掛金が少額債権のみの場合には買取金額に下限のない業者を選ばなければなりません。

そのように柔軟な対応を可能とするファクタリング会社も、当サイトでは紹介していますので業者選びと比較の参考にぜひご活用ください。