支払いされていない売掛金を現金化?ファクタリングの意味とは


ファクタリング(英語:Factoring)による資金調達は、取引先から売上分の代金が支払いされるのを待たず、手元の現金を増やすことができることに意味があります。

保有する売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、期日まで待たなければ支払いされなかった代金が先払いで入金されることは、手元の資金不足で悩む事業者にとって大変意味のあることとなるでしょう。

しかしファクタリングはどのような事業者でも利用可能なのか、いつ買取代金をファクタリング会社から支払いしてもらえるのかなど、まだまだ意味がわからないと感じる方も少なくありません。

そこで、ファクタリングとはどのようなサービスであり、支払いに充てる資金が手元にない事業者になぜ意味のあることなのか徹底解説していきます。

 

ファクタリングの意味がよくわからない!どのような資金調達方法?

ファクタリングは個人事業者や中小企業などに多く利用されている資金調達の方法です。大企業と比べて資金力が低くても利用できることに大きな意味があり、具体的には保有する売掛債権(売掛金)を期日よりも早期に現金化することができます。

赤字決算に税金滞納など、銀行どころかノンバンクでも審査に通らないという事業者でも、ファクタリングなら利用できる可能性はあります。

 

資金繰り悪化で支払いに充てる資金が欲しいとき

新型コロナウイルス感染症の影響により、資金繰りが悪化し支払いに充てるお金が手元にないという場合には資金調達が必要です。

ファクタリングは、売上として挙がっている販売代金などのうち、入金待ちの請求分をファクタリング会社に買い取りしてもらい、売却代金を受け取る仕組みを意味しています。

決済期日より現金を先に受け取ることができることは大きなメリットですが、手数料は差し引かれるため本来取引先から入金される金額は目減りしてしまいます。

それでも、

  • ・ファクタリング会社によって最短即日現金化
  • ・借入ではないため信用情報に影響を及ぼさない
  • ・審査は銀行融資より柔軟な上、担保や保証人も不要
  • ・取引先が倒産しても責任は負わない

といったメリットがあり大変意味のある資金調達につなげることが可能です。

 

ファクタリングで現金が手元に支払いされるまでの流れ

ファクタリング契約を結ぶ場合、関係するのは2社間ファクタリングでは自社とファクタリング会社3社間ファクタリングではそれに取引先が加わります。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

まず2社間ファクタリングでは、自社とファクタリング会社の2社間で契約を結ぶことになり、主に次の流れで売掛金の売却代金の支払いが行われます。

 

  1. 申込(インターネット・郵送・電話・来店など)
  2. ファクタリング会社で仮審査
  3. ファクタリング会社から売掛金の買取金額の提案
  4. 提案した金額に承諾すれば本審査
  5. 2社での契約
  6. ファクタリング会社から売却代金の支払い
  7. 取引先から売掛金の回収
  8. 回収した売掛金をファクタリング会社に支払い

3社間ファクタリングでは取引先に売掛金が譲渡される旨の通知が行われ、承諾を得ることが必要です。

しかし2社間ファクタリングではその流れを必要としないため、資金繰りが悪化していることや苦しい経営状況を悟られないことに意味があります。

そして通知や承諾を得るという流れがないため、現金化までが非常にスピーディに進みます。

ただし3社間ファクタリングよりも手数料が比較的高めに設定される点は留意しておく必要があるでしょう。

 

悪徳なファクタリング会社では意味がない

ファクタリング会社に支払いをする手数料には、法的な上限などが設けられていません。そのため手数料はファクタリング会社が審査で独自に決めますが、このとき、あまりに高い手数料が発生すると資金調達の意味がありません。

手元の資金不足で仕入れ代金や人件費などの支払いができず、ファクタリングを活用するときには必ず信頼できるファクタリング会社を選び、意味のある資金調達につなげるようにしてください。

 

ファクタリングを意味のある資金調達にするために

ファクタリングで資金調達し、支払いに充てる資金を一時的に補填できたと喜ぶだけでなく、次につなげキャッシュフロー改善を地道に行っていきましょう。

キャッシュフローを改善させるためには、支払いはできる限り遅く、資金の回収はできるだけ早くすることが必要です。

しかし一度取引先と取り決めた支払いサイトや入金サイトを、自社の都合のみで勝手に変更することはできません。交渉が必要となりますが、サイトの変更で資金繰りが悪化しているのでは…?といった疑念を抱かせることも考えられます。

そこで、一度のファクタリング利用ではなく、事前に決めた期間内でファクタリングを活用し入金を早めることをおすすめします。ファクタリング会社によりますが、法人でなく個人事業者でも利用は可能です。

それに加えて、地道に経費を削減することや、使っておらず利益を生まない資産や過剰な在庫などを処分していくとよりキャッシュフロー改善に結び付きやすくなるでしょう。