売掛債権を使った資金調達「ファクタリング」と「手形割引」の違いとは?


売掛債権を早期で現金化する資金調達には「ファクタリング」と「手形割引」がありますが、仕組みは似ていても大きな違いがあります。

手形割引は手形を売却し現金化させる手法であるのに対し、ファクタリングは売掛金を現金化することがまず違いとして挙げられます。

他にもファクタリングと手形割引には様々な違いがあるため、資金調達でどちらを活用するのか迷ったときの参考にしてください。

 

売掛金を現金化させるファクタリングの特徴

ファクタリングは、売掛債権の中でも「売掛金」を「ファクタリング会社」に売却し、売掛先から回収する期日よりも前に現金化させる資金調達の方法です。

ファクタリングは、売掛先に通知したり承諾を得たりする必要のない「2社間ファクタリング」と、自社・売掛先・ファクタリング会社で契約する「3社間ファクタリング」があります。

ファクタリング会社に売掛金を譲渡すると同時に、未回収リスクも移転されることが手形割引との大きな違いです。

 

手形を使った手形割引の特徴

手形割引は「手形」を売却し現金化させる方法とされていますが、その実態は手形に記載されている期日よりも前に、銀行や手形割引業者から融資を受けることです。

期日より早く現金化させるため、手数料相当分が割り引かれることから、名称に「割引」という言葉が使われています。

手形を銀行などに持参すれば、すぐに利用し現金化されると考えてしまいがちですが、融資であるためそれ相応の審査を通過しなければならないことはファクタリングとの違いです。

 

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングと手形割引、それぞれの特徴に2つの違いも含めてご説明しましたが、具体的にどのような違いがあるのか確認しておきましょう。

 

返済義務の有無の違い

ファクタリングは売掛金の売買契約を結び資金調達する手法のため、お金を借りるわけではありません。

それに対し手形割引は融資とみなされる手法のため、返済義務が発生します。

 

貸し倒れリスクの有無の違い

ファクタリングはノンリコース契約を結ぶ資金調達の手法であり、償還請求権のない取引となります。

償還請求権とは、支払い義務者が支払いをできなかったとき、その代償を返還するように求める権利のことです。

ファクタリングで資金調達した後に、売掛先が倒産してしまいファクタリング会社が売掛金を回収できなくなったとしても、その責任をファクタリング利用者が負うことはありません。

しかし手形割引はリコース契約という償還請求権のある取引のため、割り引いた手形が振出人により決済されず不渡りになった場合、手形割引の利用者はその手形を買い戻さなければならない決まりになっていることがファクタリングとの違いです。

 

審査基準の違い

ファクタリングと手形割引は審査基準にも大きな違いがあります。

ファクタリングの場合、ファクタリング会社は売掛金の買い取るにあたり、売掛金が期日に回収できるかどうかを重視するため売掛先の信用力を基準に審査を行います。

それに対し手形割引は融資とみなされるため、手形割引の利用者の返済能力を重視した審査が基準となる点がファクタリングとの違いです。

赤字決算や税金未納などがあれば手形割引は利用不可となる可能性が高いのに対し、ファクタリングであれば利用者の信用力は重視される、利用可となる可能性も十分あります。

 

資金調達のスピードの違い

ファクタリングの場合、ファクタリング会社によるものの、早ければ即日現金化を可能とするほどの資金調達のスピードです。

手形割引の場合、融資を受けるときの審査が行われるため、ファクタリングほど早く資金調達することは難しいといえる違いがあります。

 

手数料の違い

ファクタリングの場合、2社間ファクタリングであれば売掛額面の10~20%3社間ファクタリングでも1~5%が手数料の一般的な相場です。

これに対し手形割引は、銀行と手形割引業者のどちらを利用するかによりますが、たとえば銀行であれば1.5~3.5%ほどの割引料が相場となっています。

 

まとめ

ファクタリングと手形割引は、どちらも売掛債権を使った資金調達の方法ですが、対象となるのが売掛金なのか手形なのかという違いがあります。

そして対象となる売掛債権の違いだけでなく、取引が売買なのか融資なのかという点も違いがあるため、審査基準・資金調達までのスピード・手数料などいろいろな面で違いが出てくるといえます。

ただ、ファクタリングは手形割引のように不渡りになったときの貸し倒れリスクがないことは大きなメリットです。

資金調達した後に決済されず、結局現金化により受け取ったお金を返還しなければならなくなると、また別の資金調達方法を考えなければなりません。

安心して資金調達したい経営者にとっては、手形割引よりもファクタリングのほうが利用しやすいといえます。

表面的な手数料などにとらわれることなく、安心してスムーズに資金調達できる方法を選んだほうが、本業にも集中しやすくなるはずです。