中小企業でも至急お金が必要なときに活用できる資金調達の方法とは?


企業経営では手元のお金を枯渇させないことが大切ですが、もし不足してしまうことがあれば至急調達することが必要です。

しかし、大手企業など経営基盤がしっかりしている企業であれば至急お金を調達できても、中小・零細企業や小規模事業者などはスムーズに資金調達できないこともあるでしょう。

では経営基盤が小さい企業が至急お金を調達しなければならないとき、どのような方法を使えばよいのか徹底解説していきます。

 

企業経営で必要なのは運転資金

企業経営を続ける上で手元のお金を枯渇させないことが大切ですが、発生した売上分を回収するのは1か月や2か月先になってしまいます。

しかし取引先から代金を回収するまでの間、仕入れにかかった費用や人件費など支払いが必要となるなど、回収と支払いのタイミングがズレることで運転資金が不足しがちです。

手元のお金が枯渇すれば会社は倒産してしまうため、何らかの方法で資金を調達しなければならないといえるでしょう。

資金体力の弱い中小企業などは、銀行から融資を受けにくいなど資金をスムーズに調達できないケースも少なくありませんし、そもそも銀行融資は審査にも時間がかかるため至急お金を準備する方法としては適していないといえるでしょう。

ただ、至急お金の準備が必要という場合でも、次のような方法であれば活用できます。

 

中小企業が至急お金を調達する方法

企業運営には運転資金が欠かせませんが、中小企業が至急お金を調達するときには、次のような方法を活用することを検討しましょう。

 

当座貸越

当座貸越とは、銀行が設定した極度額までであれば、自由にお金を借りたり返したりできる融資制度です。

極度額とはいくらまでならお金の貸し借りが可能となるかという範囲限度であり、事前にいくらまでならお金を借りることができるかという枠を準備しておくことで安心できます。

当座貸越とは、

  • 審査が行われるのは枠をつくるとき(審査には時間がかかる)
  • 枠が設定されたあとは審査なしで範囲内での即日融資が可能
  • 通常は1年で枠の期限は切れるものの再度審査により更新可能
  • 返済は利息のみ
  • 元金は期日に一括返済

といった特徴があります。

当座貸越による枠をつくるときの審査に時間かかるものの、枠さえつくっておけば至急お金が必要なときでもすぐに資金を調達できます。

ただし当座貸越の契約を結ぶことが可能となるのは、業績が良好の企業のみです。金融機関にとってはリスクの高い契約方法のため、厳しい審査をクリアしなければならないと留意しておいてください。

 

預金担保貸付

法人名義のお金はない場合でも、代表者や役員など、会社経営に関係する方の名義であれば銀行に預けたお金があるときもあるでしょう。

その場合には、その預金を担保に融資を受け、至急お金を準備することができます。

担保預金は個人名で、借主は法人になるという方法ですが、この場合は稟議を必要とするため融資を受けるまで数日程度は時間がかかります。

 

総合口座貸付

預金担保貸付では間に合わず、どうしても至急お金が必要という場合は、個人名義で総合口座貸付を行えば即日調達できます。上記で照会した法人向けの当座貸越の個人向けバージョンです。

総合口座とは普通預金と定期預金が一緒になっている口座で、定期預金残高の9割までであれば普通預金から融資を受けることが可能となります。

他の借入れ方法より低金利で資金を調達できるため、個人の当座貸越枠もつくっておくと安心といえるでしょう。

 

ビジネスローン(事業者ローン)

ビジネスローンは、銀行融資を受けにくい中小企業などに向けて、審査のハードルを低くした金融商品です。

銀行や消費者金融などが提供する融資であり、銀行のビジネスローンでも通常の融資より、審査のハードルが格段に下がります。

申し込みから融資まで1週間程度なので、至急お金を準備しなければならないときでも対応できるでしょう。

また、消費者金融のビジネスローンであれば、最短即日や3営業日程度というはやさで資金調達できます。

ただしいすれの場合も金利が高く設定されるため、返済負担が重くなりがちな点は留意しておく必要があります。

 

ファクタリング

これまで紹介した至急資金調達する方法は、いずれもお金を借りるやり方です。

しかし借金を増やしたくないという場合には、ファクタリングを活用しましょう。

ファクタリングとは、中小企業などが保有している売掛金をファクタリング会社に売却し、実際の入金日より前に現金化させて資金を調達するサービスのことです。

突発的にお金が必要という場合でも、取引先から入金を待たず現金を手に入れることができます。

ファクタリングは法人だけでなく個人事業主でも利用できますが、企業向けのサービスしか提供していないファクタリング会社も少なくありません。

また、ファクタリング会社によっては高額な手数料を設定することもありますし、表向きはファクタリングを装い違法な貸付行為を行う悪徳業者も存在します。

そのためファクタリングで資金を調達するときには、契約するファクタリング会社の選択が非常に重要となると留意しておきましょう。

なお、当サイトでも優良で安心して契約できるファクタリング会社を複数紹介していますので、業者選びの参考にしてください。

 

まとめ

中小企業の場合、企業経営において至急お金が必要になるタイミングは少なくありません。そのようなとき、のんびり銀行融資を申し込み、審査を待っている時間はないといえるでしょう。

先に紹介したような方法であれば、急いで資金を調達しなければならないときにも活用できますので、うまく利用することをおすすめします。