融資で否決となる理由は何?もし断られたときの対処法


金融機関から融資を受けようと、申し込んだものの審査結果は否決。

このような融資の決裁がおりない否決となる理由には、主に2つの処理方法があります。

そこで、なぜ銀行などに融資を申し込んだのに審査で否決となってしまうのか、その理由と背景について徹底解説していきます。

 

融資を断られる理由「取り下げ」とは?

融資の申し込み後の審査で、資金の貸し付けを断られてしまう理由の1つが「取り下げ」です。

これは、融資担当者による稟議で上席に承認を得る過程において、財務内容や他行の動向など問題点が見つかったため、資金の貸し付けは難しいと判断されたときに稟議を「なかったことにする」ことです。

発行された稟議の番号そのものが取り消され稟議の記録自体はなくなりますが、融資の申し込みや相談があったことや、銀行内部による議論の記録は残っている状態です。

ただ、「取り下げ」の場合は、今回の申し込みでは縁がなかったものの、今後企業が努力し結果を残すことで次の融資審査につなげるチャンスがある状態といえます。

 

融資審査の「否決」とは?

「取り下げ」と違い「否決」と判断されたときには、もう次の融資機会はないと考えられます。

「否決」とされるときは、案件が本部決済となる稟議で、支店長まで回付され押印された稟議が本部で審査協議される段階で発生します。

融資が難しいと判断しているのにも関わらず、融資を希望する先がしつこく食い下がるときなど、その記録を残すため「否決」という手段をとることもあります。

稟議の記録も残り、「否決」となった事実も残ってしまうことが大きなダメージです。

その後融資など取引が一切できなくなることを避けるため、今後何を改善していかなければならないか、融資で否決となった理由を担当者にたずねてみることをおすすめします。

融資の可否を決める要因として挙げられるのは、

  • ・経営の体質
  • ・金融機関との関係
  • ・借入金の総額
  • ・担保の有無
  • ・金融機関の融資方針や銀行支店長の支店運営方針
  • ・担当者の能力

などです。

融資の申し込みをした銀行では否決とされても、他行なら借入れが可能となる可能性も考えるのなら、否決となった時点で謝絶理由(断られた理由)を具体的に確認しておくことが必要といえます。

仮に否決となった理由が早期改善できることであれば、改善により再度同じ銀行に融資の申し込みもができと考えられます。

他行に申し込む場合でも、否決となった原因が改善できていなければ、結果的に同じ理由で融資を断られてしまう可能性が高くなるでしょう。

 

審査を適切に行わず否決としているケースもある?

融資の申し込み後の審査を行う前に、実は担当者が審査に回さず判断しているケースもないとは言い切れません。

たとえば手のかかる融資案件の場合、面談では否定的な言葉を並べたのにもかかわらず、しっかりと調査もせず審査にも回さず否決になったことだけを伝えてくるケースです。

しかし融資の申し込みを行った経営者は審査がされた上での判断と捉えているため、食い下がることはなくそのまま諦めてしまうこともあるでしょう。

面倒な融資案件を避けたいと考える担当者がいないとも限らないため、具体的な否決理由をたずねたとき、「総合的に判断してお断りさせていただきました」という回答であれば注意したほうがよいといえます。

 

「総合的に判断した上での謝絶」と回答されたときの対策

仮に担当者が審査を適切に行っていないと考えられるときには、直接支店を訪問し貸付担当役席(融資責任者)に相談してみましょう。

「担当者から総合的に判断したとい言われたものの、どこを改善するべきかわからないので否決となった理由を教えてください。」

とたずねてみることをおすすめします。

仮に担当者が融資案件を審査に回していなかった場合には、ここでその事実が露見することになります。

実は銀行など金融機関は、否決や謝絶と判断したときには、その理由を具体的に伝える義務があります。

金融庁は金融機関に対し、「中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針」に基づいた監督・指導をしており、可能な範囲で謝絶の理由などについて説明する態勢を整備することとしています。

謝絶理由を答える義務があることを伝え、それでも教えてもらえないのであれば金融庁に問い合わせてみると伝えれば、詳しく説明してくれるはずです。

 

まとめ

銀行に融資の申し込みを行ったものの、否決と判断されたときにはもうどこの銀行からもお金を借りることはできないと思い込んでしまいがちです。

しかし他の金融機関に融資相談後申し込みを行うと、スムーズにお金を借りることができたという事例も少なくありません。

まずは最初に申し込みを行った銀行に、なぜ融資審査で否決と判断されたのか、断られた理由をたずねて問題点を改善させることが大切です。

改善させた上で再度同じ銀行に相談し、それでもダメであれば別の金融機関に相談してみましょう。

なお、融資の審査で否決となった場合でも、保有する売掛金を現金化するファクタリングなら利用可能です。もしも急いで資金を調達しなければならないときには、融資を受ける方法では時間がかかりすぎるため、早ければ即日資金調達が可能となるファクタリングを検討することをおすすめします。