ファクタリングで資金調達するときの注意点とは?


中小企業の資金調達の手段として、ファクタリングはだんだんと注目されるようになったものの、利用するときには注意しておく点があります。

ファクタリングとは、保有する売掛債権を現金化する資金調達の方法ですが、注意点としてその際に発生する手数料が挙げられます。

そこで、ファクタリングの利用において、手数料の何が注意点として挙げられるのか徹底解説していきます。

 

ファクタリングとは

ファクタリングとは、中小企業や個人事業主が保有する売掛金(売掛債権)をファクタリング専門業者へ売却し、早期に現金化させる資金調達の方法です。

商品やサービスを売った対価を取引先から受け取るまでの間に発生する売掛金が売却の対象となりますが、入金期日を早めることで資金繰りが改善しやすいことがメリットといえます。

借金を増やさなくても資金調達できる方法として、多くの中小企業が利用しており、特に売掛金が支払われるまで長期化しやすい建設業などには人気がある手法です。

ファクタリングのメリットとして、

  • 現金化までのスピードがはやい(即日可能な業者もある)
  • 自社の財務状況や業績に関係なく資金調達が可能(審査のハードルが低め)
  • 売掛先からの回収不能リスクを回避する手段として使える(弁済責任を負わなくてよい)
  • 借入れではないため担保や保証人は必要なし

といったことが挙げられます。

赤字決算でも税金を滞納していても利用できるため、財務状況が厳しく銀行から融資を受けることもできない企業などは、ファクタリングによる資金調達を検討することをオススメします。

 

ファクタリングを利用するときには手数料がかかる点に注意

資金を調達する上で多くのメリットがあるファクタリングですが、注意点として利用するときには手数料がかかることが挙げられます。

銀行からお金を借りるときにも利息が発生しますが、ファクタリングは借入れではないため利息は発生せず、代わりに手数料がかかります。

そのため繰り返し利用すれば、手数料分、本来受け取るはずだった売掛金を目減りさせることになってしまいます。資金繰りを改善させたくて利用したはずが、結果として資金繰りを悪化させることにもなりかねないため、計画性を持って資金調達に活用したほうがよいでしょう。

 

注意点として挙げられるのが債権譲渡登記

ファクタリングを利用するとき、ファクタリング専門業者によっては債権譲渡登記が必要になることがあります。

債権譲渡登記は、法的に誰が対象となる債権(ファクタリングであれば売掛債権)の権利者かを証明する登記手続です。

売掛金は目に見えない資産のため、買取りを行うファクタリング専門業者が権利を所有していることを証明するために行われます。

しかし注意しておきたいのが、債権譲渡登記を行うときの登記費用や、申請手続を代行してもらう司法書士に対する報酬ファクタリング利用者が負担する点です。

特に少額の債権を現金化するときなどは、これらの費用が多くを占めるようになり、実際に受け取ることのできるお金はごくわずかになってしまうケースも少なくありません。

また、登記の情報は誰でも閲覧可能なため、取引先に売掛金を売却したことを知られるリスクもあります。

銀行融資など予定している場合には、債権譲渡登記を行われていないか確認されるため、審査にも通らなくなってしまうでしょう。

売掛先に通知や承諾を得るといったことを行わず、ファクタリング専門業者とのみ契約を結ぶ2社間ファクタリングで資金調達する場合、この債権譲渡登記を求められることもあるため注意してください。

なお、債権譲渡登記を行うことなく、未登記という形でサービスを提供してくれるファクタリング専門業者もあります。

 

違法なヤミ金融業者が横行している

ファクタリングはお金の貸し借りではないため、ファクタリング専門業者も貸金業ではない一般の企業です。

しかし中には、表向きファクタリングを装い、法外な金利で金銭を貸し付けようとするヤミ金融業者が存在します。

ファクタリング業界は法的な規制や制度が設けられていない、まだ比較的新しい業種です。

そのため、規制が厳しくなった貸金業界からファクタリング業界に現場を移し、資金で悩む中小企業をターゲットに騙そうとするヤミ金融業者が横行しやすい環境となっています。

できるだけ早く現金を手に入れたい気持ちが先走り、十分に契約する相手業者を見極めなかった結果、ヤミ金融業者に騙されたというケースもあるため注意が必要です。

もしファクタリングで資金を調達するのなら、必ず相手が信頼できる業者か見極めるようにしてください。

 

まとめ

ファクタリングで資金調達するときの注意点はいくつかありますが、大切なのは何のためにファクタリングを利用するかよく考えることです。

資金を調達することが目的であるなら、余計な費用がかかればその分、受け取ることのできるお金は少なくなってしまいます。

そのようなことのないように、信頼できるファクタリング専門業者選びを行い、安心して取引ができる体制を整えるようにしましょう。

当サイトでも第三者目線で口コミなどを参考に、信頼できる業者を複数ピックアップしています。ファクタリング専門業者選びに迷ったときには、ぜひ参考にしてください。