売掛金の計上の注意点!知って起きたい簿記の基礎知識!


売掛金をどのように計上しようかと迷われる方は非常に多く、実は簿記をする上で売掛け金について正しい知識を身につけておくことは非常に重要な要素だと言われています。そもそも、売掛金を含めた売上金を種類毎にどのように要点をまとめるのか理解するのは非常に難しいものです。簿記の計算の基本の売上金の形状の基礎知識を身につけ、売掛け金の取り扱いについての知識を身につけて起きましょう。

1売上金には種類がある

売掛け金を含めた売上金にはそもそも、企業にはどのタイミングで売り上げを形状するのかというルールを決める必要があり、それぞれの規定に従って記載をしなければなりません。販売業であれば商品の引き渡しを行なったタイミングで、サービス業であればサービスの提供が完了したタイミングで簿記の記載を行うことが一般的で、それぞれの企業があらかじめ決めたルールに従って売上金を形状しなければ正しい税金の計算や利益の計算ができなくなります。

売上金の計上の時に問題になるのが掛売りや掛買いの問題です。掛け取引は現在の商取引で一般的に行われる取引形態なので、この掛け取引についてしっかりと理解を深めておくと簿記の記載が非常に容易になります。掛取引と売上金の計上のタイミングについてしっかりと知識をつけておきましょう。

2売掛金の計上

売掛け金を考える時に気をつけたいのが、そもそも売掛け金の売り上げはどのタイミングで発生するのかという問題です。商品を納品した際に売掛け金が発生しますが、売掛け金は実際にすぐに手元に届く資金ではなく、売掛け金が支払われるのは売掛金に対する債務を取引相手が履行したタイミングで実際の収益があるので、売掛け金と売上金を同一視して良いのかというのは非常に重要な問題です。

実は、売上金と売掛け金というのは簿記を記載する立場によって記載の方法が異なっていて、実際に収益として売掛け金の支払いが起こったタイミングで売り上げ金として記載する方法と、仕分けを行い売掛け金を売掛帳簿に記載し、後日支払いが行われたタイミングで実際に売り上げとして記載する2通りがあります。どちらの記載の方法にするのかは売掛け金の規模や、事業の規模、会社の規模などによって異なっているので、しっかりと企業毎に記載のルールを決めて、記載をしておくことが重要です。

3売掛け金の取り扱いに要注意!

実際に売り上げとして支払いが行われた時に記載をしている場合には注意が必要です。実は月をまたいで売掛け金の支払いが行われた時にはあまり問題にはならないのですが、年をまたいで売掛け金の支払いが行われる場合には税法上の問題が発生します。

税法上、1年間の間に実際に発生した売り上げに対して税金がかかることが定められていて、売り上げは実際に支払われた売上金に対してのみ売り上げと認定されることになっていて、売掛け金は売り上げに組み込んで算定することはできません。

売掛け金というのは実際に支払いが起これば良いのですが、売掛先の企業の倒産などによって支払いが行われない可能性があるため、売掛け金を売り上げと計上した後に支払いが行われないと売り上げの金額の計算が正しく行われず、税金の計算ができなくなってしまいます。

売掛け金は支払いのタイミング次第では企業の経営に悪影響を与えることがあるので、売掛け金を計上する時には注意が必要です。このような問題を回避するためにはそもそも毎月の売掛け金をしっかりと仕分けし、売り上げとは別に帳簿に記載しておくか、年末の売掛け金をしっかりと回収しておくことが重要です。

4 売掛け金の支払いにはファクタリングが活躍する

売掛け金が実際に支払われない場合や売掛け金の支払いを早く行い、手元の資金を確保したいという場合にはファクタリングを利用すると支払い期日よりも前に売掛け金を回収することができます。ファクタリングというのは売掛け金債権を保有している相手先の企業の持つ債権をファクタリング企業に代行して支払ってもらい、売掛け金を回収する方法で、いわゆる売掛け金の第三者引き受けを行う企業のことです。

ファクタリングには審査が必要ですが、銀行の融資のような厳格な審査ではないので審査も通りやすく、売掛金の金額や支払い期日に応じて手数料が決められています。売掛け金を回収することで手元の資産を増やすことができるだけでなく、年間の売り上げ額を早めに確定し、次年度支払う税の金額の確定にもう役立ちます。

ファクタリングというのはあまり馴染みがあるものではないかもしれませんが、売掛け金を回収する目的で、毎年数多くの企業がファクタリングを通じて売掛け金の回収に成功しています。企業として保有する当座の現金は企業活動の流動性にも大きな影響を与えるので、自社の持つ現金を増やし、経営の安定性を高めながら企業活動を向上させたい場合にはファクタリングを利用するように検討してみましょう。