ファクタリングの乗り換えを検討しているときの業者選びの流れ


現在、ファクタリングで資金調達しているけれど乗り換えを検討しているとき、具体的にどのような流れで次の業者を選ぶべきか気になるものでしょう。

契約しているファクタリング会社のサービスや対応に不満を感じているときこそ乗り換えのタイミングといえますが、業者を選ぶポイントや流れも把握しておくと安心です。

そこで、ファクタリングの乗り換えはいつどのタイミングで検討するべきか、業者選びの流れについて徹底解説していきます。

 

ファクタリングの乗り換えはメリットがあるのか

ファクタリングで資金調達している、または資金繰り改善に向けて利用しているという場合、数か月程度に渡って売掛金を前倒しさせ資金繰りを正常化させていることが多いといえるでしょう。

その際にはどのくらいの期間、ファクタリングを利用していくのか事前に決めておくこととなるでしょうし、時には急な資金ニーズに対応させるため単発で契約を結ぶこともあります。

仮に結果的に長期的な契約となったとき、気になるのは手数料です。

手数料が高ければその分、受け取るはずだった売掛金は目減りし続け、資金繰りは改善されにくくなってしまいます。

このような場合、現在契約しているファクタリング会社から別の業者に切り替えを行うと、手数料を引き下げファクタリングが利用しやすくなります。

 

乗り換えを検討するまでの流れ

ファクタリングの乗り換えはどのタイミングで決めればよいのか迷う部分でしょうが、売却する売掛金よりかなり低い金額での買取りを提示されているときや、手数料の負担が重いと感じるときこそが乗り換えを決めるときです。

どのファクタリング会社でも同じ手数料が発生するわけではなく、業者ごとに審査基準など異なりますし、現金化までのスピードも違います。

手数料が高く入金まで時間がかかると感じるのなら、他社への乗り換えを検討してもよいといえるでしょう。

 

ファクタリングの乗り換えで必要な書類

ファクタリングの乗り換えで必要となる書類は、

  • ・取引口座の通帳の写し
  • ・請求書(発注書)
  • ・決算書

などです。

他にもファクタリング会社によって、謄本や取引先との契約書など求められることもあります。

 

乗り換え先選びの流れ

乗り換え先となるファクタリング会社を選ぶときには、現在契約している業者よりもサービスがよく手数料が安いところを基準とすることになるでしょう。

そのため、信頼できる優良なファクタリング会社を探すことが必要です。

具体的には、

  • ・買取金額や手数料を適切に提案してくれる
  • ・コンサルティング業務も行っている
  • ・郵送契約や電子契約が可能

といったことを重視しましょう。

買取金額を提案してくれる段階で、なぜその金額になるのかどのようなコストがかかるのか質問にも丁寧にこたえてくれるファクタリング会社が安心です。

反対に質問のこたえをごまかす業者や、提案時と契約時のときの手数料が大幅に異なるといったファクタリング会社は信用できません。

また、ファクタリング会社の中でもコンサルティング業務も行っている業者なら、ファクタリング以外の資金調達や様々なお金の悩みを相談しやすいといえます。

遠方のファクタリング会社を希望する場合でも、郵送対応や電子契約などを可能とする業者であれば安心して任せることができます。

出張対応などもしてくれるファクタリング会社ならなお安心ですが、この場合、交通費などは誰が負担するのか確認しておきましょう。

 

ファクタリング会社は乗り換えの顧客を欲しがっている

実はファクタリング会社は、乗り換えを希望する利用者は優良な顧客として扱うことが多いため、手数料を引き下げてでも獲得したいと考えています。

ファクタリング会社が利用者から受け取る手数料は業者の儲け分も含まれていますので、本当ならできるだけ高い手数料を徴収したいと考えるはずです。

しかし乗り換えを希望する利用者の場合、高く設定したいはずの手数料を引き下げてでも獲得したいと考えます。

その理由として、すでに他のファクタリング会社と契約中であることは、契約通りに回収した売掛金がファクタリング会社に入金されていることを示すからです。

ファクタリングを利用する方の中には、契約に違反し取引先から受け取った売掛金を別の支払いに充ててしまったり持ち逃げしてしまったりというケースも一定数存在しています。

しかし他社で数か月に渡りファクタリングを利用中という実績があるのなら、乗り換え後も安心して取引ができる優良な顧客と考えられるため、手数料を引き下げてでも獲得したいと考えるのです。

ファクタリングの乗り換えにより、現在の契約より手数料を引き下げることが可能となるのはほぼ間違いないといえるため、今の契約内容やサービスに不満があるのなら乗り換えを検討してみるとよいでしょう。

 

まとめ

ファクタリングを利用中だけれど、手数料が高いと感じるときやサービスが十分でないと感じるときなど、乗り換えを検討してみることをオススメします。

その際、重要になるのは新しいファクタリング会社選びですので、その流れや選ぶポイントを把握しておくようにしましょう。

当サイトでも、信頼できるファクタリング会社をいくつかピックアップして紹介しています。口コミなどを参考に、あくまでも第三者目線で公平に選んだ業者ばかりですので、乗り換え先の候補として参考にしてください。