ファクタリングで資金調達するとき選んではいけない悪徳会社の特徴とは


ファクタリングとは売掛債権買取サービスのことで、売掛債権を買取るのはファクタリング会社です。

売掛金が入金される決済期日よりも前に、ファクタリング会社に売却することで現金を調達できるサービスですが、ファクタリング会社とはファクター呼ばれれる専門業者を指しています。

そこで、

  • どのようなときに利用すればよいか
  • ファクタリング選びで選んではいけない悪徳業者とはどのような業者か

など徹底解説します。

 

ファクタリングとファクタリング会社

ファクタリングを利用して資金調達するときには、まずファクタリング会社に保有する売掛金がいくらで売れるのか見積もりを出してもらうことになります。

買取が決まった後は現金化されますが、審査で重要になることとは売掛先の信用力です。

貸倒れのリスクがどのくらいの大きさなのか、引き受けることができるのか判断された上で現金化されます。

ファクタリングは相対取引が基本であり、ファクタリング会社は買い取った売掛債権を多数の投資家に転売するわけではなく、売掛先から回収します。

 

売掛債権担保融資とは

売掛金を使った資金調達には他にも、売掛債権担保融資などがあります。

売掛債権担保融資とは、売掛金の債権としての信用力を担保に融資を受けて資金調達する方法ですが、借入れなので返済義務が発生します。売掛金の買取ではなく債務不履行の弁済手段として譲担保されるため、貸金業法に従わなければならないこともファクタリングとの大きな違いです。

 

ファクタリングを利用したほうがよい状況とは

ファクタリングは利用する際に手数料が発生しますし、一部の悪徳業者や違法業者などが横行しており、注意しておかなければトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

ただ、新型コロナウイルス感染拡大の影響でできるだけ人に会いたくないという場合でも、最近ではAIや機械学習の技術活用による審査で低い手数料による資金調達を可能とするクラウドファクタリングなども出てきました。

電子契約や郵送対応など、幅広いサービス提供方法で対応するファクタリング会社も増えてきたため、資金調達の方法としても注目できます。

そこで、次のようなときにはファクタリングで資金調達することを検討してみましょう。

  • ・銀行融資の審査に通らず断られてしまったとき
  • ・売掛金が売掛先から入金されるまで時間がかかるとき
  • ・銀行や取引先に知られることなく資金を調達したいとき

 

注意しなければならない悪徳業者とは

ファクタリングのメリットは、

  • ・売掛金を早期で現金化できること(現金化までの時間がはやい)
  • ・売掛先の財務状況悪化により、仮に倒産したときでも支払いリスクが発生しないこと
  • ・貸借対照表(バランスシート)に悪影響を及ぼさないこと

などです。

ただ、

  • ・資金調達できるのは売掛債権の金額範囲内にとどまる
  • ・2社間ファクタリングは手数料が割高
  • ・3社間ファクタリングでは売掛先への通知や承諾が必要

といったデメリットもあるといえます。

その上で注意したい悪徳業者とは、主に次のような特徴のある業者なので必ず確認しておきましょう。

 

好条件の売掛債権のはずなのに手数料が高すぎる

ファクタリングで設定される手数料は、高めといわれる2社間ファクタリングでも10〜20%です。

しかし信用力が高いと考えられる売掛先の売掛債権であるはずなのに、30~40%などかなり高めといえる手数料が設定されるときには悪徳業者の可能性が高いといえます。

 

2社間ファクタリングなのに手数料が安すぎる

2社間ファクタリングはファクタリング会社にとってリスクが高い取引のため、3社間ファクタリングで設定される10%未満の手数料とは異なり、10~20%など3社間よりは高めの手数料が設定されます。

しかし手数料の安さをアピールし、2社間なのに3社間レベルといえる格安の手数料を提案してくる業者の中には、追加費用などを請求する方法で高額な料金を徴収するところもあるため注意しましょう。

 

2回目以降の利用でも手数料が安くならない

初めて利用するファクタリング会社では、信頼関係を築くことができていない状態なので手数料は高めに設定されるものです。

しかし2回目からは手数料が安くなることが一般的ですが、2回目以降の利用なのに手数料は高いままという場合には、別のファクタリング会社を検討するべきでしょう。

 

手数料がどのくらいかかるか明確にしてくれない

ファクタリング会社に支払う手数料には、利用で発生する実費の他、ファクタリング会社の儲けも含まれます。

そのため高めの手数料を設定したほうがその分、ファクタリング会社は多く儲けることができるといえますが、最初にどのくらいの手数料が設定されるか明確にされないと不安な取引となってしまうでしょう。

最終的な入金額がはっきりしないときや、事前に伝えられていた手数料と契約の際の金額が異なるときにはその内容や理由を確認し、明確にしてもらえないなら契約は中断したほうがよいといえます。

 

契約書の控えを渡してくれない

ファクタリングを利用するときには、ファクタリング会社から契約書の控えを渡してもらえます。

万一トラブルになったときには契約内容を確認することが必要なので、控えを渡してくれない業者とは契約しないようにしてください。