経営の肝といえる資金繰りとは?管理方法をわかりやすく徹底解説


起業したばかりのときだけでなく、会社経営において資金繰りについて悩むこともあるでしょうが、わかりやすく説明するとどのようなことを行えばよいのでしょう。

わかりやすくいえばお金の流れを管理することが資金繰りだろうと想像はできても、実際に何をすればよいかわかりにくいものです。

そこで、会社経営の肝となる資金繰りについて、実際に何をすればよいのか管理方法も含めわかりやすく説明します。

 

資金繰りをわかりやすくいうと現金収支の管理・調整

資金繰りをわかりやすくいうと、会社に入るお金と出ていくお金の管理をして、過不足の調整を行うことです。

必要なお金を一定期間調節し、不足する分はたとえば借入れなどで調達し、余った分は運用するといった管理を行います。

すぐに使うことのできる現金を貯めつつ、出ていく支出をできるだけ抑え、お金の流れを滞らせることのないように管理調整することが資金繰りでは重要になります。

 

資金繰りで失敗すれば黒字倒産するリスクが高まる

黒字倒産とは、損益計算書上は利益が出ているのに、すぐに使うことのできる手元のお金がなく倒産してしまうことです。

いくら利益が出ていても、手元に現金がなければ従業員の給与や家賃などの固定経費、仕入れ代金などの支払いはできません。

そのため不足が生じないように適切な資金調達が必要ですが、そのタイミングを見誤ってしまったり調達自体できなかったりすると、資金繰りに失敗し倒産してしまいます。

 

利益が出ていても手元の現金は不足する

損益計算書で利益が出ているのなら、手元には多くお金が余っているものではないのか?と思ってしまうものでしょう。

しかし利益と手元の現金は同じではなく、実際にはズレが発生します。

商品やサービスを販売すると、その場でその代金を現金で受け取る商売もありますが、企業間取引においては多くが掛けによる取引です。

販売後、1か月や2か月後の決済で代金を支払ってもらいます。

しかし商品やサービスを販売したときに売上を計上するため、帳簿上は計上された売上により利益が出ていても、手元にはまだ代金が入金されていない状態となります。

そのため利益が出ているからと安心してしまえば、いつの間にか手元には現金が残っておらず、いざというとき支払いに充てるお金がない状態になってしまうので注意してください。

帳簿上の利益は手元の資金と同じではないことを理解した上で、資金繰りの管理や調整が必要です。

 

資金繰りが悪化する理由をわかりやすく挙げると次の2つ

企業経営を成功させるためには資金繰りを悪化させないことが重要ですが、悪化してしまう原因をわかりやすく挙げると、主に次の2つです。

 

赤字の状態が続いている

帳簿上の利益と手元の現金はイコールではありませんが、やはり利益を生み出すことができず赤字状態が続いていれば資金繰りは悪化します。

利益が出ていないということは、売上に対する支払いの負担が大きいからです。

売上が上がらなければ入金される金額も増えないため、仕入れ代金や固定経費などの支払いで経営は圧迫されます。

手元のお金が不足していれば資金調達が必要ですが、赤字では銀行から融資を受けることもできません

結果的に資金繰りは改善されることなく、いずれは倒産という最悪の結果に至ってしまうことになるでしょう。

 

急激に売上が伸びた

売上が伸びることは企業経営にとって喜ばしいことですが、急激に伸びてしまうと仕入れも増やす必要があります。

数か月待てば売上分のお金が入金されるとしても、仕入れ代金は入金よりも前に支払うことが必要になるため、手元に現金がなければ支払いができません。

想定していたよりも売上が増えてしまうと、資金繰りにも影響が及ぶと留意しておくべきです。

 

売掛金の入金が遅い

売上に対する代金は、入金されるまで売掛金として計上されます。この売掛金が入金されるまで時間がかかりすぎると、その間に発生する様々な支払いができず資金繰りは悪化してしまいます。

 

適切に資金繰りを管理するために資金繰り表の作成を

必要なときに手元の現金が不足してしまうといった資金繰り悪化を防ぐためにどうすればよいか、わかりやすく説明すれば資金繰り表を作成すればよいといえます。

資金繰り表には、日次・月次・年次という3種類があり、それぞれ次のような違いがあります。

 

日次資金繰り表

1日単位のお金の増減を確認するために作成するのが日次資金繰り表で、毎日のお金の流れを把握するために作成します。

 

月次資金繰り表

月単位のお金の増減を確認するために作成するのが月次資金繰り表ですが、業種によっては季節や月により売上が大きく変動することもあります。季節性の売上変動が大きな業界では、この月次資金繰り表により資金繰り管理を適切に行うようにしましょう。

 

年次資金繰り表

年単位でお金の増減を確認するために作成するのが年次資金繰り表です。

年間のお金の動きを把握するために必要ですが、会社経営のベースを考える際の指標にもなります。

 

実績と予定の記載が必要

資金繰り表はこれまでのお金の流れだけ記載していくのではなく、先々予定されている入金や支払いなども含め記載していきます。

過去の実績に基づいた結果を記載しておけば、将来的なお金の流れも予測しやすくなりますし、その予測に基づき将来的にどのくらいのお金が必要になるか判断します。

その上で、もし現金が不足するタイミングがあるのなら、事前にいつ資金をどのような方法で調達するのか決めておきましょう。

資金繰りはわかりやすくいえば資金不足を起こさないよう対応することであり、手元の資金不足で倒産することを防ぐために必要です。