資金調達の方法を乗り換えるときに比較したいポイントとは?


資金調達にはいろいろな方法がありますが、乗り換えするときにはそれぞれの特徴など把握しよく比較した上で決めることが大切です。

また、方法を決めた後は実際に取引する業者や企業も数多くあるため、乗り換えの際にはしっかり比較し検討したいところでしょう。

そこで、どのような資金調達の方法があり、乗り換えるときに比較しておきたい特徴について徹底解説していきます。

 

 

資金調達の方法は主に3つ

資金調達の方法には、

  • ・アセット・ファイナンス
  • ・デット・ファイナンス
  • ・エクイティ・ファイナンス

という3つの種類があり、それぞれメリットやデメリットが異なります。

どのようなケースで活用するべき方法なのか、しっかりと比較しながら乗り換えを検討しましょう。

 

アセット・ファイナンスに乗り換える際の比較ポイント

アセット・ファイナンスとは、保有する資産から生み出されるキャッシュフローを原資として資金を調達する方法であり、その資産の信用力が大きなカギとなります。

主なアセット・ファイナンスの方法として挙げられるのが、不動産や知的財産権(特許や著作権)、売掛債権という資産を売却し現金化する方法です。

「資産売却」「資産をお金に換金する」といったイメージがわかりやすいでしょう。

 

他の手法と比較したいメリット部分として、

  • ・資産を無駄にしないですむ
  • ・オフバランス化が可能
  • ・貸し倒れを防ぐなどリスクヘッジができる
  • ・信用情報が悪くても資金調達が可能

といったことが挙げられます。

反対にデメリットとして、

  • ・活用できる資産を保有していなければ資金調達につながらない
  • ・資金調達できる金額は資産価値の範囲にとどまる

などは留意しておく必要があるでしょう。

アセット・ファイナンスの資金調達に乗り換えがオススメなのは、

  • ・多様な資産を保有している
  • ・有効活用したい休眠資産がある
  • ・不安な取引先と取引している

といった事業者です。

 

主なアセット・ファイナンスでの資金調達方法

  • ・不動産の売却
  • ・知的財産権(特許・商標・著作権など)の売却
  • ・独占販売権・営業権など無形資産の売却
  • ・売掛債権の売却(ファクタリング)
  • ・でんさい(電子記録債権)譲渡
  • ・債権回収
  • ・セール&リースバック

 

デット・ファイナンスに乗り換える際の比較ポイント

デット・ファイナンスとは、お金を借りて資金を調達する手法であり、代表な例として銀行から融資を受けるという方法があります。

銀行や消費者金融から借入れる以外にも、社債発行や私募債発行などで資金を調達する方法はデット・ファイナンスに含まれます。

 

他の手法と比較したいメリットとして、

  • ・保有する資産以上の資金を調達できる可能性がある
  • ・会社の経営に口出しされない
  • ・金融機関との取引実績を積むことができる

等が挙げられます。

反対に注意したいデメリット部分は、

  • ・返済不能に陥るリスクがある
  • ・信用情報に傷がつく可能性がある
  • ・負債(借金)が増える

などです。

デット・ファイナンスへの資金調達に乗り換えることをオススメできるのは、

  • ・経営が安定しており将来性を見込める事業計画を立てることができる
  • ・他人に頼らず自らで堅実経営をしたいと考えている

などの事業者です。

 

主なデット・ファイナンスの資金調達方法

  • ・銀行融資
  • ・自治体の公的融資
  • ・不動産担保融資
  • ・手形割引
  • ・社債・私募債発行
  • ・ABL(動産・売掛金担保融資)

 

エクイティ・ファイナンスに乗り換える際の比較ポイント

エクイティ・ファイナンスとは、株主資本を増加させ資金を調達する手法のことで、主な例として新株発行や新株予約権付社債発行などが挙げられます。

他の手法と比較したいメリットとして挙げられるのは、

  • ・返済義務を負わない
  • ・事業に使うのであれば資金使途は問われない資金を調達できる

という点です。

ただしデメリットとして、

  • ・株式の保有割合によっては経営権を握られる可能性がある
  • ・配当金の支払いを求められる

という部分を留意しておく必要があります。

エクイティ・ファイナンスによる資金調達方法に乗り換えがオススメなのは、

  • ・これから起業する
  • ・新規事業をスタートする
  • ・ベンチャー企業

などです。

 

主なエクイティ・ファイナンスの資金調達方法

  • ・新株発行公募
  • ・IPO(新規公開株)による資金調達
  • ・株主配当増資
  • ・第三者配当増資
  • ・クラウドファンディング

 

まとめ

資金調達の手法は主に3つあり、それぞれ特徴やメリット・デメリットは異なりますので、その内容を確認・比較した上で乗り換えするか決めるべきです。

どの方法がもっとも適しているかは、保有する資産や現在の債務状況、資金を調達する目的などによって異なりますのでよく検討しましょう。

なお、どの方法を選ぶか決めた後も、取引する金融機関や業者をしっかりと比較した上で選ぶ必要があります。

これまで取引していた業者から新しい業者に乗り換えるときには、発生する利息や手数料などコストの他、親身な対応をしてもらえるかなど信頼できる業者か確認した上で契約するようにしてください。