必要な資金を調達する3つの方法からどれを選ぶべきか?それぞれの特徴を徹底解説!


今必要とする資金を調達する方法をいくつか考えたとき、本当に手元のお金を増やすことが可能なのか迷うこともあるでしょう。

資金調達の方法は大きく分けると、

  • ・アセットファイナンス
  • ・デッドファイナンス
  • ・エクイティファイナンス

の3つに分類されますが、必要な金額や目的に応じて選ぶべきです。

そこで、それぞれどのような方法なのか、必要とする資金の金額を調達するためにも事前に把握しておきましょう。

 

必要な資金を調達できる方法は次の3つ

資金の調達方法は、大きく分けるとアセットファイナンス・デットファイナンス・エクイティファイナンスの3つです。それぞれどのような特徴があるのか確認し、必要とする金額を調達できる方法なのか確認しておきましょう。

 

アセットファイナンスの特徴

企業が保有する資産を原資とし、資金を調達する方法のことをアセットファイナンスといいます。

不動産・動産・債権・知的財産権など、特定の資産の価値や信用力に基づくキャッシュフローを裏付けに資金を調達する方法です。

 

アセットファイナンスのメリット

保有する無形・有形の資産があれば、たとえ会社の信用力が低下していても低コストで資金調達できることがメリットです。

資産を売却し現金化することで、保有資産を貸借対照表から切り離すオフバランス化が可能となり、財務体質改善と評価向上につなげることもできます。

 

アセットファイナンスのデメリット

アセットファイナンスは保有する資産をもとに資金を調達する方法なので、そもそも信用力や価値が認められる資産を保有していなければ手元の現金を増やすことはできないことがデメリットです。

 

アセットファイナンスによる資金調達の方法

不動産ファイナンス売掛債権・動産担保融資ファクタリングなど売掛債権流動化などがアセットファイナンスとして挙げられます。

 

デットファイナンスの特徴

銀行融資や社債発行など、借入れによる資金調達の方法デットファイナンスといい、借入金融ともいいます。

他人資本を増やす資金調達の方法で、お金を借りるということは当然返済義務を負うこととなるため、調達したお金は貸借対照表の負債の部に入ります。

なお、返済までの利息は費用として計上されます。

 

デットファイナンスのメリット

資金の調達先の選択肢が広がることはデットファイナンスのメリットといえます。

また、アセットファイナンスでは保有する資産の信用力や価値の範囲で資金を調達するのに対し、デットファイナンスであれば必要とする資金が多額でも調達できる可能性があります。

利息を損金として扱うことができるのも、節税効果を生むといったメリットとして挙げられるでしょう。

 

デットファイナンスのデメリット

返済義務が発生する資金調達の方法のため、返済と利息分は将来のキャッシュフローを減少させます。増えた借金に応じて自己資本比率も低下するため、負債が増えすぎれば信用力もなくなる可能性があります。

 

デットファイナンスによる資金調達の方法

銀行借入社債発行コマーシャルペーパー(短期の約束手形)手形割引など、償還や返済義務のある方法がデットファイナンスとして挙げられます。

 

エクイティファイナンスの特徴

会社が株式を発行し、交付と引き換えに出資してもらうことで必要な資金を調達する方法エクイティファイナンスといいます。

株式資本を増加させ資金を調達する方法であり、調達したお金は貸借対照表の資本の部に入ります。

設備投資など資金需要が大きな成長企業などが活用するとよい資金調達の方法です。

 

エクイティファイナンスのメリット

原則、返済不要の資金を調達できることがエクイティファイナンスの最大のメリットです。

自己資本の増強により、財務基盤を安定させることもできます。

 

エクイティファイナンスのデメリット

株式を発行し出資してもらうと、株主が保有する株式割合によって、会社の経営権を握られてしまうリスクも大きくなります。

また、収益に応じた配当金の支払いが必要になることもデメリットとして挙げられるでしょう。

 

エクイティファイナンスによる資金調達の方法

公募・私募による増資(普通株式発行)の他、転換社債型新株引受権付社債(CB)優先株発行などがエクイティファイナンスによる資金調達の方法に該当します。

ベンチャーキャピタル個人投資家(エンジェル投資家)に出資してもらうといったケースもありますが、最近ではインターネット上で不特定多数の方から資金を募るクラウドファンディングなども多く利用されるようになりました。

 

まとめ

必要な資金がいくらで、何のために調達する必要があるのかによって、どの方法を選ぶかは異なります。

すぐに資金を調達しなければならない場面で、銀行から融資を受けて資金調達したくても、審査に時間がかかり資金ショートする可能性もあるからです。

資金を調達する方法はいろいろあるため、目的や金額、いつまでに必要なのかなどに応じて選ぶようにしてください。