コロナ禍だからこそ選びたい資金調達の方法とその手順を徹底解説


資金を調達する理由は様々ですが、

  • 負債を増やす
  • 資本を増やす
  • 資産を現金化する

の3つを目的に応じた手順で手続することが一般的です。

何のために資金調達するのかによって、選ぶ方法や手順は異なりますが、具体的にどの方法がコロナ禍の今適しているのか徹底解説していきます。

 

負債を増やして資金を調達する手順

負債を増やして資金調達する方法として挙げられるのは、

  • ・公的融資
  • ・銀行融資
  • ・ビジネスローン
  • ・手形割引
  • ・社債発行
  • ・売掛債権担保融資

などです。

この中でコロナ禍の今だからこそ、選択したいのは日本政策金融公庫など政府系金融機関から融資を受ける公的融資といえます。

日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的に業況悪化の状況にあるものの中長期的には回復・発展が見込まれる中小事業者に貸し付けを行っています。

融資を受けるときの手順としては次のとおりです。

  1. 近隣の日本政策金融公庫窓口に相談(電話での相談)
  2. 申し込みに必要な書類の提出(郵送での提出)
  3. 調達した資金の使い道や事業の状況について面談

という流れを経て、融資決定後に契約手続の打ち合わせを行い、資金を送金してもらいます。

なお必要となる書類は、

  • ・借入申込書(国民生活事業へのお申込にはご利用いただけません。お間違いが増えていますのでご注意ください。)
  • ・法人の登記事項証明書(原本)
  • ・代表者個人の印鑑証明書(原本)
  • ・納税証明書(原本)(最近2期分の法人税の税額証明・直近の消費税の未納税額がない証明)
  • ・最近3期分の税務申告書・決算書(勘定科目明細書を含む)
  • ・最近の売上高が把握できる資料

です。

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、次のいずれにも当てはまらなければ融資を受けることはできませんので確認しておきましょう。

  • ・最近1か月間等の売上高または過去6か月(最近1か月を含む)の平均売上高が前3年のいずれかの年の同期比で5%以上減少している、またはこれと同様の状況にある
  • ・中長期的にみて業況が回復し発展することが見込まれる

要件を満たせば、別枠の直接貸付で6億円までを、3年目まで実質無利子で借りることができます。

 

資本を増やして資金調達する手順

資本を増やして資金を調達する方法として、コロナ禍だからこそ注目されたのが「クラウドファンディング」です。

資本を増やすということは、会社に投資してもらい返済不要の資金を集めることですが、クラウドファンディングはインターネットを使って不特定多数の個人から少額資金を集めます

資金の見返りを得ない寄付型、個人から小口投資を募る投資型など種類があり、短期的に資金を調達する方法として広く認知されました。

クラウドファンディングの主な手順としては、

  1. プロジェクトの目標の設定
  2. 利用するクラウドファンディングサービスの選択
  3. プロジェクトの登録と投稿
  4. プロジェクトの審査・発信・開始
  5. プロジェクトの内容を閲覧した方や支援してくれた方へ定期的に活動を報告
  6. プロジェクト終了と支援者に対する謝礼

となります。

 

資産を現金化して資金を調達する手順

会社が保有する資産を売却し、現金に換えることで必要な資金を調達できますが、コロナ禍で多く利用されているのが「ファクタリング」です。

保有する資産といえば、不動産などを思い浮かべる方が多いでしょうが、使用していない不動産を保有しているとは限りません。仮に保有していたとしても、売却し現金化されるまで一定の時間がかかるため、すぐに手元のお金を増やすことはできないことがほとんどです。

しかし売掛債権を売却し現金化するファクタリングなら、早ければ即日資金を調達できるなど、急いでお金が必要という場面にも対応できます。

ファクタリングで資金調達する手順としては、

  1. ファクタリング会社に見積もりの相談(メール・電話・対面など)
  2. ファクタリング会社から売掛金買取り金額の提案
  3. 申し込みと必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約
  6. 指定した口座へ入金

となります。

ファクタリングには2社間と3社間と2種類あり、2社間では自社とファクタリング会社での契約となりますが、3社間は売掛先にも承諾を得たり通知したりという手順が必要です。

そのため即日資金調達はできなくなりますが、それでも融資を受けて資金調達する方法や、クラウドファクタリングで集めるよりもかなりスピーディに手元のお金を増やせます。

必要となる書類も、

  • ・確定申告書2~3期分
  • ・売掛金を証明できる契約書や請求書
  • ・売掛先との取引が確認できる銀行口座通帳の写し

など複雑でないこともメリットといえるでしょう。

 

まとめ

コロナ禍で資金繰りが厳しく、どのような方法で資金調達するべきか、そのときの手順はどうなるのか疑問を感じている中小の経営者は多くいます。

平時であればスムーズに資金が流れたはずなのに、コロナ禍で行き詰ってしまい、何かよい方法はないかと頭を悩ませていることでしょう。

コロナ禍だからこそ、利用したい資金調達の方法とその手順を把握しておき、もしものときに役立てるようにしてください。