ファクタリングと事業者ローンの違いとは?どちらの資金調達のメリットが高いか


ファクタリングを資金調達の方法として活用する企業は増えているとはいえ、急いでお金が必要なときには事業者ローンを頼ることが多いという経営者も少なくないことでしょう。

ファクタリングと事業者ローンは、どちらも急いで資金を調達したいときに活用できる方法ですが、その方法など大きな違いがあります。

そこで、具体的にファクタリングと事業者ローンはどのような違いがあるのか、どちらのほうが利用する上デメリットがあるのか徹底解説していきます。

 

事業者ローンによる資金調達の特徴

事業者ローンはビジネスローンと呼ばれることもあり、事業資金をスムーズに借入れで調達できる方法として知られています。

担保や保証人など必要ないケースも多く、銀行融資を頼るより審査もスムーズでハードルも低めです。

銀行や消費者金融などが個人向けに提供しているカードローンとは異なり、あくまでも事業資金を対象とした事業者向けの貸し付けなので、貸金業法の総量規制の対象にならないこともメリットといえるでしょう。

決算書や返済計画などを総合して融資可能か決まるというよりは、スコアリングシステムといった統計データによる信用スコアで審査されます。

似た規模の会社の実績や指標などをポイント化し、その合計点と信用情報などにより融資可否が決まるため、返済実績を積み上げることで追加融資を受けることも可能です。

ただし審査が柔軟でハードルが低い反面、金利は高めに設定されることは留意しておくことが必要となります。

 

ファクタリングによる資金調達の方法とは?

ファクタリングによる資金調達も事業者ローンに負けていません。

ファクタリングは保有する売掛金を現金化する方法なので、事業者ローンとの大きな違いはお金を借りる方法ではないということです。

事業者ローンもスコアリングシステムによる審査で、早ければ即日融資が可能となるほど審査はスピーディですが、ファクタリングもファクタリング会社によっては即日現金化が可能となります。

さらに事業者ローンは借入れのため設定された金利に基づく利息が発生しますが、ファクタリングは債権の売却による資金調達なので利息は発生せず手数料の支払いが必要です。

売掛金をファクタリング会社が買い取るとき、売掛金の額面額から手数料分が差し引かれ、残りが現金で支払われます。

毎月利息分を含めて返済を続ける事業者ローンと、手数料をまとめて支払い後は返済に追われる心配がないファクタリングは、どちらのほうが低コストか言い切れない部分はあります。

ただ、事業者ローンもファクタリングも、つなぎ資金など一時的な利用に留めておくことが大切であり、長期的に利用すればますます資金繰りを悪化させることは共通しているといえるでしょう。

 

資金調達可能となる限度額の違い

ファクタリングの場合、ファクタリング会社によって買取可能となる売掛金は違いがあります。

少額債権は買い取りしない方針で下限を設けているファクタリング会社もあれば、下限を設けず少額でも快く対応する業者もあるため、事前に確認が必要となるでしょう。

そして資金力が高く優良なファクタリング会社ほど、買取可能とする最大額も大きく、数千万円や数億単位となっています。

事業者ローンの場合、融資限度額は300~500万円程度が多く、最大でも1000万円くらいなので多額の資金調達にはむきません。

ただしファクタリングの場合には、資金調達できる金額が保有する売掛金の額面の範囲にとどまることは認識しておく必要があります。

いくら数千万円調達したいと希望しても、数百万円の売掛金しか保有していなければ、希望する金額は調達できないということです。

 

ファクタリングと事業者ローンの違いを理解した上でどちらがオススメか

ファクタリングと事業者ローン、それぞれの違いを理解した上で、どちらの資金調達を選ぶべきかしっかり検討しましょう。

資金を調達するスピードはそれほど差がない場合でも、借金を増やすべきか増やさないべきかにより、どちらを選ぶべきか変わってきます。

すでに債務超過に陥っているときや税金を滞納しているとき、信用情報に不安があるときには事業者ローンでお金を借りることは困難です。

しかしファクタリングであれば、保有する売掛金の信用力が審査で重視されるポイントなので、債務超過でも税金を滞納していても利用できます。

 

事業者ローンはいつ利用するべきか

事業者ローンは長期に渡り利用し続けると、利息の負担が重くなり資金繰りは悪化してしまいます。

そこで、たとえば急な出張や冠婚葬祭などでお金が必要なとき、少額借入れたいというときに利用する方法を検討するとよいでしょう。

事前に契約のみ済ませておき、いつでも借入れが可能となる状態を作っておけば、当日少額の資金だけ必要というとき大変便利です。

ただしいつでも借入れが可能となる状態を作ってしまうと、少額融資をたびたび利用するようになり、気がつくと大きな借金になっていたというケースはめずらしいことではありません。

あくまでも一時的な利用に留める強い意思も必要です。