ファクタリングとはどのような内容の資金調達方法?有効活用するための注意点とは


ファクタリングとは、企業が保有する売掛金をファクタリング専門の業者に買い取ってもらい、現金化して資金調達するといった内容のサービスです。

売掛金を現金化するときにはファクタリング専門業者に手数料を支払うことが必要ですが、たとえば商品券を金券ショップに買い取ってもらうときも額面額から何割か差し引かれる内容と似ています。

ファクタリングを活用して資金調達した場合、資金繰りが悪化していても安定させることができるため、どのような仕組みや内容となっているか把握した上で有効活用することをオススメします。

そこで、ファクタリングとは具体的にどのような内容のサービスなのか、資金調達に活用するときに注意点について徹底解説していきます。

 

ファクタリングで資金調達できるその意味と内容

ファクタリングで資金調達できるといっても、まだ使ったことのない経営者の方たちはどのような内容なのかその仕組みをまずは理解しましょう。

まずファクタリングでは、商取引で発生した売掛金が資金調達のとなります。

商品やサービスを提供したとき、その代金はその場で受け取らず、取引した企業などに請求書を発行することになるでしょう。このとき発生するのが売掛金で、1~2か月後に回収できる売上分の代金です。

しかしこの売掛金により、資金体力の弱い中小企業などは、損益計算書上は黒字なのに手元の運転資金が不足するといった状態を作ってしまいます。

家賃や給料などの支払いが迫っているのに、あと数か月たてば入金される売掛金はあっても現金はないという場合、早めに売掛金を回収できないものだろうか…と考えてしまうものでしょう。

このとき活用できるのがファクタリングで、ファクタリング専門業者と契約を結び手数料を支払うことで、すぐに売掛金を現金できるサービスです。

 

ファクタリングを資金調達に活用するとよいケース

ファクタリングを資金調達に活用するとよいのは、資金繰りが悪化しているとき手元の資金が不足しているときなどです。

審査もスムーズで、はやければ即日現金化してくれるなど、急な資金ニーズにも対応できることがその理由といえるでしょう。

他にも次のようなケースにおいて、資金調達に活用するとよいといえます。

 

銀行の貸し剥がしが怖いとき

たとえば年商10億円を超える企業などは、地方銀行だけでなくメガバンクからでも融資を受けやすくなります。

お金を貸してほしいと伝えなくても、担当者から融資の話を持ち掛けてくることもあるほど、積極的に対応してもらえるでしょう。

しかし過去にはリーマンショックにより、世の中が不景気になるとたとえ優良企業でも新規融資を渋るようになり、融資額を減額したり返済期限前に資金を回収しようとしたりなど、貸し剥がしを行おうとします。

最近では新型コロナウイルス感染拡大の影響で、リーマンショックのときのような貸し剥がしが起きるのでは…と不安を抱える経営者も少なくありません。

もし銀行の貸し剥がしがあったときでも、ファクタリングも資金調達の方法に加え、資金調達先を多様化させておけば安心です。

 

売掛金の貸し倒れに不安があるとき

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、コロナ倒産してしまう中小企業も少なくない状況ですが、もし倒産してしまった企業が取引先だった場合はどうでしょう。

数か月たてば回収できたはずの売掛金が、取引先の倒産により貸し倒れとなれば、自社の資金繰りも悪化し最悪のケースでは連鎖倒産してしまいます。

しかしファクタリングで事前に売掛金を現金化しておけば、もし取引先が倒産してしまい売掛金が未回収となっても、その責任を自社が負う必要はありません。

貸し倒れリスクをファクタリング専門業者に移転できるのも、ファクタリングのメリットといえるでしょう。

 

資金ギャップを埋めることができるサービスでも悪徳業者には注意を

取引先から売掛金を回収できるのは1~2か月先ですが、雇用している社員や外注費などの支払いはそれよりも前に発生します。

この資金ギャップを埋めるために運転資金を調達することが必要ですが、銀行からお金を借りて調達しようとしても、審査に時間がかかりすぐにお金を調達することはできません。

そこで利用したいのがファクタリングであり、銀行融資では間に合わないときつなぎ資金が必要なときでも有効活用できるサービスです。

ただ、資金体力の弱い中小企業の足元を見て、法外な手数料を請求してくる悪徳な業者も存在します。

ファクタリングはお金を貸し借りするサービスではないため、銀行法や貸金業法のような法的な規制は設けられていません。そのためお金を借りるときのように金利などを定めたルールが適用されず、ファクタリングを利用するときに発生する手数料も業者独自の審査で決まります

信頼できる業者の見極めが非常に重要となるため、当サイトでも紹介しているファクタリング会社などを参考に、安心して相談できる業者を選ぶようにしてください。