ベンチャーキャピタルって何?知っておきたい業界の基礎知識


皆さんはベンチャーキャピタルという言葉をご存知でしょうか?ベンチャーキャピタルというのは今現在加速的に成長を遂げている非常に注目度の高い業界で、今後大きな一大産業としてその頭角を現してくる業種の一つと言われています。今後もますます注目度の高いベンチャーキャピタルについて皆さんに詳しくご紹介いたします。

1そもそもベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルというのはいわゆる投資ファンドの一種として知られていて、株式や債券ではなく企業に投資を行うことで、その収益を獲得する業種のことです。日本には数多くのベンチャー企業が軒を連ねていて、このベンチャー企業に多額の投資を行い、経営規模を拡大させることで投資金額の何倍ものリターンを獲得する業種です。

ベンチャーキャピタルは未上場企業に対して投資を行ったり、資金の投下を行いつつ、さらに経営コンサルティング業務も同時に行うことで収益を拡大させていきます。特に最近では企業の買収などの手段を使って企業規模を拡大したり、単独企業ではできないような経営の拡大をすることができるので、ベンチャーキャピタルは実は投資をする側にも投資をされる側にも大きなメリットがある業種なのです。

このため、現在ではベンチャーキャピタル企業が中心となって様々なグループが出来上がっていて、一つのベンチャーキャピタルを中心に企業の提携が見られるようになってきました。資金元が同じ母体同士なので、お互いの提携もスムーズに進み、かつてのような企業集団とは異なった小規模な集団が徐々に出来上がっているのです。

ベンチャーキャピタル企業は最近になり話題になっていますが、実はその登場自体は高度経済成長期にまで遡る今の日本を支えている企業人が生み出された時代に登場した業界です。2000年代に入りベンチャーキャピタル協会が立ち上がるなど、その活動が活発化しているので今後もさらにベンチャーキャピタル業界の活動範囲の拡大が期待されています。

2ベンチャーキャピタルが注目を集める理由

ベンチャーキャピタル業界が注目を集めているのはその投資のリターンの高さゆえでなく、実は企業を成長させる原動力として働いているという点にあります。現在の日本のベンチャー企業は大学から発足した企業だけでなく、様々な研究機関から発足したものや、IT長者のように突然ふと湧いて出てきたようなベンチャー企業が数多くあります。このようなベンチャー企業が成長を遂げるためにはベンチャーキャピタル企業のように企業に対して投資を行う存在がどうしても欠かすことができず、ベンチャーキャピタルの台頭無くして存在しなかったであろう企業はかなりの数に上ります。

小規模な産業を大規模な産業に育てる力のあるベンチャーキャピタルは今の日本の行き先を左右する非常に大きな因子となっています。ベンチャーキャピタル企業の投資先の企業は数多くの株式投資家も注目しているので、ベンチャーキャピタル企業の運営は日本だけでなく、世界中から注目されているのです。

3ベンチャーキャピタル業界の注目ポイント!

ベンチャーキャピタル業界に注目するときにはまず、どのような母体でできたベンチャーキャピタル企業なのかを把握すると非常にわかりやすくなります。保険会社が母体となったベンチャーキャピタルには東京海上キャピタルや安田企業投資、さらには三井住友海上キャピタルなどの企業がありますし、中には銀行が母体となった三菱UFJキャピタルやりそなキャピタルなどの企業もあります。

近年では大学などの教育機関が母体になった慶応イノベーション・イニシアティブちう企業や政府が設立に関与した産業革新機構など多種多様な業種があります。ベンチャーキャピタル企業の母体となった企業の性質によって、ベンチャーキャピタルの投資先や関連する企業などの方向性が変わってくるので、どのような母体の元に成り立っている企業なのかをしっかりと理解するように努めることが重要なのです。

 

4ベンチャーキャピタルの今後に注目

ベンチャーキャピタル企業は保険・金融・販売などそれぞれの業界に分散していたのですが、近年では業界の枠を超えたベンチャーキャピタルや、業界同士がお互いに協力関係を敷いてできたベンチャーキャピタルなどがあり、ベンチャーキャピタル企業自体が一つの大きな業界になっています。

ベンチャーキャピタル企業はそれぞれの得意な業界への投資を行いながら業界の垣根を超えた新たな投資を行うなど、その活動が徐々に活発化しています。ベンチャーキャピタル企業をしっかりと分析すると、今後どのような産業が発展しそうか、今後どのような企業が伸びていきそうなのかを予測するのに役立ちます。経営手腕のしっかりとしたベンチャーキャピタル企業は小さな企業を大きな企業に成長させる栄養剤のような存在です。ベチャーキャピタル企業に注目し、新たな企業の登場を予測しながら会社の発展に役立てましょう。