気になる会社はこれだ!まとめサイトで知るファクタリング


ファクタリングを考えるときに気になるのが会社選びです。今現在、多くの企業がファクタリング業務に参入し、多くの企業がファクタリングを利用して企業の経営に役立てています。ファクタリング企業の利用を考えるときに経営者の皆さんが利用するのが口コミです。インターネットのホームページを一つ一つ調べていくのは非常に難しいものです。口コミの有効活用を通じて、しっかりと自社にあったファクタリング企業を選ぶようにしましょう。

1今やまとめサイトは重要な情報源

まとめサイトは今や貴重な情報源となっていて、多くの企業の経営者がファクタリング企業を検索する際の目安に利用しています。最近ではメディアリテラシー意識の向上からインターネットの情報に対して不信感を抱かれている方も多いかもしれませんが、やはりいまだにファクタリング企業の情報を探すときに欠かすことができない非常に重要な調査手段であることには変わりありません。

まとめサイトは複数の企業をまとめて比較するのに非常に役立ちます。ファクタリングを検討するときにはまとめサイトを有効活用して企業の選定を行いましょう。

2知っておきたいファクタリング会社TOP3

ファクタリングで最近話題に上る企業を比較してみましょう。実はそれぞれにているように見えますが、それぞれ企業としての系統が異なっているので、

・PMG株式会社

PMG株式会社はコンプライアンスに定評のある会社として知られていて、非常に多くの企業のファクタリングを引き受けている経験豊かな企業として知られています。審査の日数も短く、手数料も業界内では比較的格安でファクタリングを引き受けていることから、非常に人気があります。

コンプライアンス志向が非常に高いというのはファクタリングを利用する企業にとって非常に重要な事で、法的に安全な取引を保証してくれるPMG株式会社のサービスは国内でも有数の人気を誇る一つの理由でしょう。

PMG株式会社は取り扱っている売掛け金の種類も豊富なので、手始めにファクタリングの相談をするのにうってつけの企業という事ができるでしょう。ファーストチョイスの企業として検討するのにバランスの良い企業の一つです。

・ビートレーディング

ビートレーディングは審査のスピードの良さと審査の通過しやすさに定評がある企業の一つです。手数料はやや高めの傾向がありますが、即日の支払いも可能なのは緊急で資金が必要な企業にとって非常に嬉しい魅力でしょう。

ビートレーディングは出張対応も行なっているので、ファクタリングの利用が難しいような地方の企業や、ファクタリングの依頼に出向く事が日程的に厳しい場合に非常に重宝します。

売掛け金を取り扱う掛取引は常に売掛け金の未回収というリスクを抱えていることでしょう。この売掛け金を回収できない場合の損金は法律上の債権の消滅、回収不能と判断できるという条件、取引停止から1年以上の期間が経過している場合など、様々な条件をクリアしなければ損金として計上する事ができません。

このようなリスクを回避するためにも、ビートレーディングなどのファクタリング企業を利用するのは非常に優れた選択肢の一つと言えるでしょう。

・ファクタリング東京

キャッシュフロ〜の焦げ付きや、資金の不足を回避するために活用したい会社の一つがファクタリング東京です。ファクタリング東京の魅力は業界内でも珍しい少額利用から最大1億円までの非常に大きな金額の売掛け金の回収ができるという魅力です。

特に2社間取引に定評があり、相手方企業に知られる事なく、売掛け金の支払いを受ける事ができます。信用調査を行う能力が高いので、2社間取引を活発に行っていて、審査の迅速さから今後も成長が期待できる企業です。

審査基準も厳しいものではないので、銀行からの融資が受けられない状態でも利用できる嬉しい企業の一つでしょう。

この他にも数多くの企業の口コミがインターネットで公開されていますが、残念ながら情報の正確さはあまり担保されていません。しっかりと企業の情報を比較するためにも、ある程度自力で企業情報を確認するのが良いでしょう。企業のホームページだけでなく、複数の口コミサイトを確認するようにしましょう。

3会社の比較の注意点

ある程度口コミを調べたり、情報を集めた後にファクタリングの依頼を行う事だと思いますが、この時に注意したいのが、一つの企業だけを候補にしないという事です。ファーストチョイスの企業でファクタリングを引き受けてもらえない場合にはすぐにそのほかの企業にファクタリングの依頼を立てる必要があるので、一つの企業にこだわり過ぎるのは禁物です。特に売掛け債務が発生している支払い側の企業の経営状態が悪い場合には審査に通過しないこともあるので、信用できる企業に相談し、合わせて経営コンサルタントなどの経営の専門家との相談を行うようにしましょう。