ファクタリング会社の口コミ活用!?知っておきたい注意点!


ファクタリング企業の口コミ。皆さんはしっかりと活用できているでしょうか?ファクタリング会社は日本に数多くあり、しっかりとファクタリング企業の口コミを有効活用しないと、いざ自社の資金が少なくなった時に適切な対応ができなくなってしまうことがあります。ファクタリング会社の口コミを活用するためのテクニックについてご紹介したいと思います。

1ファクタリング企業の口コミに要注意!

ファクタリング企業の口コミを考える時に注意したいことがあります。まず、最も注意しなければならないのが、ファクタリング企業の口コミが完全に独立した第三者的な立場の企業または個人によって運営されているのかどうかという点です。

ファクタリング企業を紹介するまとめサイトや個人のブログの中には企業からのアフィリエイト収入を狙ってそれとなく特定の企業を紹介しているようなホームページもあり、このようなホームページの情報を鵜呑みにしてしまうと本来と異なる情報をつかまされてしまったり、特定の企業の情報ばかり優れた企業と誇張されたような情報を誤ってつかまされてしまうので、情報の出所や、情報提供者とその情報内容の公平性・情報提供サイトの運営元などをしっかりチェックしなければいけません。

アフィリエイト報酬というのは一つの企業だけでもかなりの金額が個人に支払われることがあり、ホームページの情報というのは作成者が公平に作っているとは限らないものばかりです。最近メディアリテラシーやネットリテラシーという言葉が取り上げられるほど、インターネットの情報というのは信ぴょう性の乏しいものばかりです。しっかりと情報の精度に注意してネットの口コミを活用するようにしましょう。

2こんな情報は信頼できる

信頼できるホームページの見つけ方のコツを知っていると。それだけで情報の精度を上げることができます。ファクタリング企業の比較や口コミサイトを利用する時には以下のような情報に注意してみましょう。

・メリットとデメリットの記載が公平か
まず、特定の企業だけを褒めているようなホームページは特に注意しなければいけません。メリットだけの記載しかないホームページというのはなんらかの目的があってその企業を目立たせている可能性があるので、このようなホームページを見つけた時には少し引いた目線で情報を調べなければいけません。ホームページの情報の精度は自分自身の冷静な判断力で情報を取捨選択しなければいけないので、しっかりと公平な目線で情報を選び取るようにしましょう。

また、デメリットをしっかりと記載しているのかどうかも非常に重要なチェックポイントです。デメリットを分け隔てなく記載しているホームページは特定のファクタリング企業の情報に偏った情報を載せていない限りはかなり信頼できる要素と言えます。メリットだけを羅列するホームページではなく、デメリットまでしっかりと両立して比較できるような情報もとを確認するようにしましょう。

・手数料などの数字のわからない部分をはっきりと明記してあるのか

ホームページの情報に不明点をはっきりと明記してあるのは情報の精度が高いホームページと言えます。情報不足と思われてしまうのを避け、わからない情報を隠したり、ぼやかしながら記載してあるホームページは非常に怪しいものです。しっかりわからない部分まで明記してるホームページを確認するようにしてみましょう。

3実際に比較するときのコツ

実際に複数の企業を比較するにはコツがあります。まずは以下のような点に注意してみましょう。

・比較項目を決める
いくつかのホームページから特定の企業を選ぶ時にはまずホームページの中の情報から特定の項目で情報を精査することが必要になります。例えば企業のコンプライアンス情報の精度という項目で見ていくとPMG株式会社などの企業が筆頭に上がってくることだと思いますし、手続きの迅速さを考えるのであればJTC/ファクタリングやビートレーディングなどの企業も候補に上がってくることだと思います。もちろん手数料という切り口でも企業の情報を獲得することができるので、自分が知りたい情報に従って企業情報を集めておくといいでしょう。

・絞りすぎない
ファクタリング企業を選んだ後に気をつけたいのが特定の企業に縛られすぎないことが重要です。例えばある程度時間に余裕があり、売掛け金を回収するのに時間を確保できるという場合には企業の法律的な問題を回避しながら売掛け金を回収したり、企業情報の漏出の防止に勤めながらファクタリングを行う必要があるので、コンプライアンス意識の高い企業にファクタリングを依頼する必要がありますし、即日で費用が必要になる場合には即日融資が可能な企業をいくつかピックアップする必要があります。ファクタリングを必要とするのは企業の状態によって様々なはずです。しっかりと目的にあった企業に出会えるよう、常にいくつかの企業を候補に入れるようにしましょう。