ファクタリングの口コミ要チェック!高評価な企業はこれだ!


ファクタリングを考える時に注目したいのが高評価の企業の選び方です。ファクタリングを使うにあたり、多くの企業があるのでみなさん迷ってしまうことだと思います。ファクタリングを利用する時に知っておきたい高評価企業につい徹底比較してお伝えしたいと思います。

1高評価なのには訳がある

ファクタリングを考える時はどのような時でしょうか。売掛け金を早期に回収したい、待つことができない、手数料を払ってでも売掛け金の回収を行いたいと考えるのはおそらく、資金繰りが苦しくなっているときのはずです。このようなタイミングでファクタリングを利用しようと思っている時に注意してもらいたいのが、例え評価が1位だったとしても、それがすぐに最高のパートナーとなる企業ではないということです。ファクタリング企業は非常に数が多く、おそらく経営者の皆さんが探すには非常に大変なものだと思います。迅速かつ簡単に目的の企業の比較ができるよう注意して見ましょう。

2まずはここに注目!

企業のファクタリング情報を比較する時に欠かせないのが融資の審査日数です。審査に非常に時間がかかってしまうと資金が必要なタイミングまでに待てなかったり、場合によっては資金繰りがショートしてしまって、企業の状態が悪化してしまいます。ファクタリングを利用する前にまず融資までの日数というものさしで企業の比較をして見ましょう。

また、コンプライアンスという観点も非常に重要です。2社間のファクタリングを行う時には企業の間にファクタリング企業が入って売掛け金の回収を行います。このため、お互いの企業の状態や企業の経営の方針などについての情報を徹底的に守っていく必要があります。このような企業の情報の流出というのは場合によっては企業経営に悪影響を与える結果になってしまうので、しっかりとコンプライアンス意識の高い企業を選ぶとファクタリングが安心して利用できます。

最後に、注意したいのは手数料です。手数料の金額というのは意外とばかにならないもので、普段からファクタリングを利用するために企業を選定するのか、それとも緊急でファクタリングを利用するのかによって手数料への考え方が変わってきます。しっかりとファクタリング企業の比較の参考にして見ましょう。

3口コミ高評価の企業を公開!

それでは高口コミ評価の企業の比較をしてみましょう。

・三共サービス/ファクタリング

三共サービスは株式会社三共が提供するファクタリングサービスで、大手の企業がバックグラウンドについているので、非常に安心できるファクタリングサービスです。手数料は2社間の場合で5%から、3社間の場合で3%からの手数料で利用できます。審査期間は最短で2日間かかるので、緊急で利用するのには不向きですが、今後売掛け金を頻繁にファクタリングによって回収しようと検討している場合には候補にあげてもいい企業でしょう。審査は来店での審査になるのですが、その分信頼度が高い企業として知られているので緊急性が低い場合の候補企業として広く知られています。

・JTC/ファクタリング
JTCファクタリングは株式会社JTCが行っているファクタリングサービスです。歴史が浅いのですが、全国対応でファクタリングサービスを行っているので非常に利用しやすい企業の一つでしょう。利用の結構として年商7000万円以上の企業を中心に資金1億円までの調達が可能になっていることから中小企業の利用が増えていて、即日審査や手数料2%からのファクタリングサービスなど継続して利用しやすい企業の一つでしょう。

売り掛け債権の買取率の高さにも魅力があるので、他の企業で審査に通らない場合にも頼ることができる優良企業の一つです。

・PMG
株式会社PMGの提供するファクタリングサービスの特徴は何と言っても取扱業種の幅の広さとコンプライアンスの徹底です。最大5000万までのファクタリングサービスに対応しているので、多くの中小企業にとって非常に頼りになる存在でしょう。PMGの手数料は5%〜となっているので、他の企業よりも高く感じるかもしれませんが、取扱金額を見比べてみると最低の手数料が5%〜となっているだけで、実際にはほとんど他の企業とは大差がありません。審査には最短で1日かかるので、当日の回答を求める場合には不向きでしょうが、取扱金額の下限がなく、少ない金額の再建まで支払いを受けることができるので、非常に便利な企業の一つと言えるでしょう。

プライバシーマーク取得企業であるので、個人情報の保護の徹底には心配がありません。ファクタリングを必要としている際にコンサルティング事業を利用することもできるので、資金繰りが悪化している際の相談先としても利用することができるという点で非常に魅力ある企業でしょう。

ファクタリング企業の比較をしてみるとそれぞれ多くの点で特徴があります。会社の状態に合わせて自社にとって一番最適な選択肢を探すようにして見ましょう。