お金の調達は口コミが重要!知っておきたい口コミ活用テクニック!


お金の調達をしたい!こんな時に皆さんはどのような手段を利用するでしょうか?企業の資金調達で欠かせないのは適切な集金力と資金調達手段のバリエーションと何よりも情報です。最近の企業の資金調達はこの口コミによる情報収集が非常に活発で、多くの企業が情報収集に口コミを有効活用しています。口コミ利用で注意したいポイントと、口コミを活用したお金の集め方のコツをご紹介いたします。

1資金が必要そんな時に気をつけたいポイント!

資金の調達が必要になったこんな時に気をつけたいいくつかのポイントがあります。しっかりとポイントを意識して情報収集と資金調達手段の決定に役立てるようにしましょう。

・いくら必要なのか
どのくらいの資金が必要なのかをかなり正確に項目別に計算しておくことは資金調達で欠かすことができない問題です。どんぶり勘定でどれくらい必要かを算定する経営者の方もいるかもしれませんが、この時に正確に資金を算出しておくのは実はかなり重要なことで、企業活動を活発化させたいときや、企業の存続に関わる時にはこの目標調達資金の項目別の記載がなければ正確かつ確実な資金調達の計画と企業の計画を立てることができないので、必ず資金調達前にかなり綿密に計算をしておく必要があります。

この中で特に気をつけて起きたいのが資金調達を行う上で欠かすことができない人件費の金額です。経営者の方であれば特によくご存知のことかもしれませんが、実は人件費というのは人員配置一つで年間の予算に非常に大きな影響を与えるので、人件費がどれだけかかるのかを考える前にしっかりと人員配置の適正化と人員配置の効率化を行わなければ調達した資金を無駄にしてしまう原因になってしまいます。人件費には特に注意をして資金調達計画を立案しましょう。

・どれくらいの期間で集めたいのか
資金調達において、どれだけの期間で集める必要があるのかをしっかりと考えておくことは非常に重要です。この時に、先に挙げた資金調達の項目別の記載が非常に役立ちます。

項目別に並べることで、物によっては資金調達を行う上で後回しにできるものが出てくるはずです。このようにしっかりと早急に必要な物に的を絞って資金調達を行うことで事業のスムーズな運営や企業の経営活動の安定を図ることができるので、資金調達の計画を綿密に立てるようにすることが非常に重要になってきます。

・どれくらいの収益の目減りを許容できるのか

資金調達でもう一つ考えなければならないのが、調達可能な資金がどれだけ目減りすることを許容できるのかです。ファクタリングや手形の割引では本来受け取れる金額から手数料をいくらか払わなければならないので、資金調達前にしっかりと目減りしても許せる金額の割合を算定しておくことが資金調達の迅速さを高めます。

手数料は口コミを通じて手に入れたり、実際に企業のホームページから探し出すことができるので、あらかじめしっかりと確認するようにしましょう。

2口コミと会社の深い関係

ファクタリングなどの資金調達を検討する時にきになるのが口コミではないでしょうか。企業に依頼をしてファクタリングを行うのですから、資金調達の情報を集める際にやはりその企業の信用や、その企業の経営実態についてきになる方も少なくないはずです。

口コミを探す時に注意したいのが、実は口コミサイトの情報というのは一部削除されたり、偏った良い情報ばかりを流すものが多いということです。企業の情報を掲載するということはあまりに企業に不利益になるような情報をのせるのは掲載する人にとってリスクにつながることがあり、近年の情報管理の厳しさが相待って企業にとって不利益となる情報の記載を削除したり、制限を加えるような事例があるので、注意しなければいけません。名誉毀損罪というのは企業のような法人も訴えを起こすことができ、なおかつ情報が正しいものや真実のものであっても名誉毀損罪は成立してしまいます。

インターネットの情報を鵜呑みにするのではなく、本当に利用したことがある人物からの情報以外はある程度バイアスがかかった情報として情報収集を行わないと情報に偏りが出てしまうことがあるので注意しましょう。

3口コミを活用した資金調達

情報の有効活用を考える時に気をつけたいのが情報の数です。口コミを調べるときに多くの良い情報を精査したり、悪い情報を精査すると思うのですが、この時に同じ内容の情報がどれだけあり、全く他の方が記載しないような情報がどれだけあったのかというのをしっかりと比較してみることが重要です。

同一の内容の口コミを集めることができた場合にはその情報の精度というのがある程度あると判断することができるのですが、同一の内容の書き込みの数があまりに少なく、情報が疑わしいと考えた場合にはその口コミに注意しなければいけません。情報を確実にフィルターにかけるためにも、しっかりと口コミの内容とその頻度にまで目を配って情報を集めるようにして起きましょう。