ファクタリング企業を徹底調査!口コミ事例で見る優良企業はこれだ!


ファクタリング企業は日本全国にあり、インターネットを通じてしっかりと企業の情報を手に入れておくと優良企業に巡り会えるチャンスが大きく広がります。企業の情報をしっかりと分析するためには口コミの分析も欠かすことができない非常に大切な情報です。口コミで見るファクタリングの優良企業についてみなさんにご紹介いたします。

 

1口コミを使ったファクタリング企業分析

最近注目のファクタリングサービスの企業の口コミを調査して見ると、やはり手数料や最低取引可能な金額と審査までの日数の口コミが目立ち、多くの方がファクタリング企業の選定ポイントにこれらのポイントを意識していることが伺えます。企業選びのポイントを抑えながらいくつか企業の比較をして見たいと思います。

2今注目の企業はこれだ!

・三共サービスのファクタリング

三共サービスの行なっているファクタリング事業の中で、特に注目したいのが最低取扱額でしょう。
実際に口コミを確認して見ると他社のファクタリングサービスがかねがね100万円以上のファクタリングを対象に取引を行っているのに対して、三共サービスのファクタリング事業では50万円から取引が可能なので、非常に小規模の経営を行っている企業にとって運転資金の確保に非常に役に立つことでしょう。

ファクタリングの口コミを調査して見ると、申し込み自体は電話でもファックスでもメールでも非常にスムーズに行うことができるので、あまり不満は見受けないようでした。しかし、審査日数に最短で2日かかり、場合によってはさらに長い期間ファクタリングサービスの審査に時間がかかることがあるので、緊急で資金が必要になる場合には他社の利用を検討しなければならないかもしれません。

実際に口コミでも即日のファクタリングができないことを理由に他社の利用を考える声が上がっていたので、即日の審査、短期間での売掛金の支払いを求める場合にはあまり適していないのかもしれません。

しかし、取り扱いが金額が最低50万円からというのは非常に魅力があり、最大でも3000万円までの取引が可能なのは非常に大きな魅力ということができます。ファクタリング企業の中でも特に中小企業にとって強い味方となる企業の一つとして知っておいて損はない存在でしょう。

・JTC
JTCは年商7000万円以上の企業を対象にしているファクタリング企業で、ある程度高額な売掛金の回収まで対応できる企業です。最短で即日の審査が可能な企業の一つで、製造業・運送業だけでなく、数多くの業種の売掛金に対応している企業の一つです。日本全国でファクタリングサービスを展開して言えるファクタリング企業の大手なので、早急な資金調達を検討する時に利用すると良いでしょう。

特に注目したいポイントは土日のファクタリング業務の対応でしょう。日本全国に土日出張も行っている企業なので、全国どこでもファクタリングの利用ができ、即日審査、翌日入金の実績もある企業なので、利用の候補として検討して見ると良いでしょう。

 

・ビートレーディング

ビートレーディングはもともと銀行での業務に従事していた経験のある社員が経営を行っている企業なので、金融に関する知識にかなり定評がある企業です。審査のスピードも早く、様々な業種のファクタリングに対応しているので、緊急で資金が必要な場合には相談をして見ると役立ちます。

審査のスピードと現金化までのスピードが早い企業なので、緊急の資金調達が必要な場合に利用を考えて見ましょう。

また、口コミによるとファクタリング以外の資金調達法のアドバイスを受けられた事例が報告されていました。ファクタリングというのは確かにあくまでも緊急的な資金調達に該当するもので、常に毎月ファクタリングを利用して資金調達するのは良い経営状態とは言えません。ファクタリング以外の資金調達法についても気になる場合は経営の相談をして見ると良いでしょう。

3良い口コミに要注意!

インターネットの情報は非常に便利になり、企業の実態が少しずつわかるようになってきました。企業の実態を把握する上で、口コミというのは無視できるものではありませんが、決して軽視しすぎてもいけません。

口コミの中でも良い口コミを見たときにはその内容と頻度に注目することが何よりも重要です。最近は口コミの掲載を代行する業者もあり、口コミの内容を見る際にはある程度冷静な目線で分析していく必要があります。

インターネットの上にある悪い口コミというのは不満を持った利用者が誇張して内容を書いた可能性もあるので、あまり信頼するには適した情報でないことはすぐにわかると思いますが、良い情報はそのまま信じてしまう傾向が強い情報です。良い情報を得たときには本当にその情報を信頼しても良いのかしっかりと判断し、ほかの情報や企業のホームページを確認しながらしっかりと適切なホームページ選びを行うように心がけましょう。