ベンチャーキャピタルファンドの仕組みと知って起きたい利用法


ベンチャーキャピタルファンドは日本だけでなく世界中で広く利用されている企業投資の一つで、どのような仕組みで経営をしているのか理解しておくと資本の調達先として検討する際に役立ちます。ベンチャーキャピタルがどのように企業を育てているのか、どのように資金を投じているのかを理解しておきましょう。

 

1ベンチャーキャピタルってそもそも何?

ベンチャーキャピタルというのは特殊な投資会社と考えるとわかりやすいかもしれません。簡単に言ってしまえば会社に投資をして、その利益を得るという企業です。ベンチャーキャピタルは投資家から資金を集めたり、金融機関を母体にして資金を集め、その後投資を行うために企業の情報を集め、成長が見込まれる企業に対して資金を投じます。このように資金を投じるだけでは確実な成長が見込まれないので、基本的には経営に強いベンチャーキャピタルに所属する社員が投資先企業の経営方針にも意見を述べたり、企業役員に就任します。このように、経営にも参画する形で企業成長をサポートし、投資先の企業が成長したのちに投資資金を回収し投資家に分配するという構図になっているのです。

2ベンチャーキャピタルの仕組み

ベンチャーキャピタルの仕組みを詳しく理解しておくと投資を受ける際の判断に役立ちます。実はベンチャーキャピタルの資金調達母体によってベンチャーキャピタルの経営方針や投資の方針が異なってくることがありますし、投資をしてくる企業のことを理解せずに投資を受けるのは良い判断とは言えません。ベンチャーキャピタルの基本を詳しく見ておきましょう。

・ベンチャーキャピタル企業の資金
ベンチャーキャピタルの資金調達先は株式・金融機関からの出資金などを母体にしていることが一般的です。どのような企業が母体になっているのか、どのような人たちが出資金の母体になっているのかによって各ベンチャーキャピタル企業が投資をする対象が変わってくることがあり、これからベンチャーキャピタル企業への投資を依頼したいという場合にはしっかりと母体になっている企業や出資者について調べておく必要があります。

・投資先企業との関わり方

投資先企業にベンチャーキャピタル企業が資金を投じ、経営に関わることをインキュベーションと言います。投資先企業の経営のモニタリングや経営の補助、企業の価値をどのように高めて行くのか、どのように企業を成長させて行くのかといった手腕に長けた社員を投資先企業の役員などに就任させたり、外部顧問として経営を管理することで企業を大きく成長させて行くのです。

・利益の回収

ベンチャーキャピタル企業が利益を回収する方法は主に投資を受けた株式の売却やM&Aです。ベンチャーキャピタルは出資金を集めながら投資を行っている企業なので、場合によっては投資先の企業が保有する株式を売却し、資金を途中で引き上げてしまう可能性があります。ベンチャーキャピタル企業から投資を受けるときにはしっかりとベンチャーキャピタル企業に利益を落とす必要があると考えて投資を受けるようにしましょう。

このような流れで回収した利益は一度出資者に分配され、形成されたファンドは清算されます。このような流れをしっかりと理解してベンチャーキャピタル企業と提携を持つようにしましょう。

3投資を受けるメリットとデメリット

ベンチャーキャピタル企業から投資を受けるのは果たしてどのような効果があるのでしょうか。メリットとデメリットについて詳しくご紹介いたします。

・ベンチャーキャピタルのメリット
ベンチャーキャピタルのメリットは何と言っても資金調達の安定性でしょう。ベンチャーキャピタルからの投資を受けると非常に多額の資金を一気に受け取ることができるので、なんらかの事業を行う上で資金の悩みが一気に解消されます。また、自社単独ではできないような高度な経営のやり方を学ぶことができるので、企業としての成長を遂げることができるようになります。

・ベンチャーキャピタルのデメリット

ベンチャーキャピタルのデメリットとして最も注意しなければいけないのが経営の自由度が下がるということです。出資者であるベンチャーキャピタル企業の投資を受けている以上経営方針に拘束が出てしまい、ベンチャーキャピタル企業の意見に耳を傾けながら経営を行う必要があるので、経営の自由度は諦めなければいけません。

しかし、このデメリットは味方を変えると一つのメリットとも捉えることができます。経営の拘束を受ける時には互いの意見が衝突することがあるかもしれませんが、ベンチャーキャピタル企業のような高度な経営手法に長けた企業の意見というのは簡単に無視すべきものではありません。経営手腕を学ぶことで企業内部に知識・経験を蓄えることができるので、ベンチャーキャピタルのデメリットはメリットと表裏一体と理解しておきましょう。

ベンチャーキャピタル企業は今後も多くの企業にとって重要な資本の獲得先になると注目を高めています。ベンチャーキャピタル企業についてしっかりと知識を身につけ、資金獲得の参考にしましょう。