ベンチャーキャピタルの投資額ってどれくらい必要なの?


ベンチャーキャピタル企業は多くの企業が資金調達を考える上で欠かせない存在になりつつあります。特にスタートアップ企業や業績が傾き、資金調達を考えたりする場合や、これから企業として大きく成長させたいと考えている企業にとって非常に魅力的な存在でしょう。ベンチャーキャピタルは全ての経営者が知っておかないといけない非常に重要な存在です。どのような投資を行い、どのように資金が動いているのか、しっかりと基礎知識をつけておきましょう。

1ベンチャーキャピタルの仕組み

ベンチャーキャピタル企業というのは投資を行う企業の中でも特に証券などを取り扱わず、企業に対して投資を行い、その後利益を回収していく企業です。ベンチャーキャピタルのような投資を行う企業は投資対象の企業と提携を結び、資金を投じて事業のサポートを行います。このときにベンチャーキャピタル企業から社員を派遣して投資対象の企業の経営をコントロールしたり、経営方針を変更することで企業の収益を守ったり、事業の方向性をより安定した経営や安定した事業収益確保を行う方針に進めて行きます。

ベンチャーキャピタル企業から投資を受けることで株式会社として大きく成長を遂げたり、経営の安定化や業績の大幅な拡大などのメリットを受けることができるようになります。ベンチャーキャピタル企業は企業にとって栄養剤のような存在になるので、資金調達を考えるときには利用を検討してみると良いかもしれません。

 

2投資額は非常に大きい

ベンチャーキャピタル企業はその投資の金額が非常に大きく、銀行の融資をはるかに超えるような資金の確保ができる場合があることが知られています。大半の場合にはほとんど銀行の融資金額とあまり変わらないものなのですが、大きいものでは最大で2億円を超えるような資産を投じた例も知られているので、提携を結ぶベンチャーキャピタル企業の企業規模によっては非常に大きな資金を獲得することができるでしょう。

ベンチャーキャピタルの投資金額ですが、一般的にベンチャーキャピタルは自己資金で投資を行う場合に比べてファンドを形成して投資を行う場合の方が資金をより多く獲得できる傾向が知られています。ベンチャーキャピタル企業の設立母体や投資金の集め方に注目しておくとより多くの資金を獲得できるケースもあるので、ベンチャーキャピタル企業を探すときの参考にして見ましょう。

3日本の投資対象は非常に偏り気味

ベンチャーキャピタルは巨額の資金の確保ができる反面、残念ながら実は投資の対象に偏りがあることが指摘されていて、企業の中でも特に株式上場を目指すような企業に多くの投資が集まる傾向が指摘されています。

これはどのようなファンドが形成されたのかによっても投資金額や投資対象が決まってくるので、一概に言えるものではないのですが、日本の場合は欧米に比べて自己資金での投資が多く、ファンド形成は相対的に見て低い傾向があります。日本人自体が特に投資を苦手としている傾向があったり、投資を行うよりも貯蓄を行う傾向が強いのが原因で、自己資金の投資が拡大した結果、より収益が見込まれる株式上場の可能性がある企業への補助を行うという傾向が見受けられるのです。

日本のベンチャーキャピタルの投資額は欧米の企業に比べて投資額が少なく、アーリーステージの企業に対して投資を行う傾向があります。しかし、近年のベンチャーキャピタルの投資の傾向は徐々に改善が見られていて、エクスパンション段階の企業やファンド形成による投資が徐々に拡大しつつあり、今後はさらに利用が加速すると予測されています。また、近年事業計ベンチャーキャピタルという特定の事業を助成する目的で運営されるベンチャーキャピタル企業も増えつつあるので、投資もとの企業だけでなく、ベンチャーキャピタル企業の投資によって成長した様々な企業が台頭する非常に良い循環が生まれつつあります。しっかりと今後にも注目をしておきましょう。

4資金不足の時に考えてみよう

ベンチャーキャピタルの投資を受け入れるというのは実は単に多額の資金を獲得できるというだけに止まらず、さらに数多くのメリットを享受することができます。実はベンチャーキャピタルからの評価を受けるというだけで他企業や銀行からの評価が向上し、ベンチャーキャピタルで得られた投資金額以外にも銀行からの融資を取り付けたり、事業の提携先の紹介を通じて資金の確保ができるようになる場合があります。ベンチャーキャピタル企業だけから得られる投資金額だけでは不足が起こっていたり、投資金額の使途が限定され、他の事業に資金を回すことができない場合でも銀行からの融資を取り付けることができるようになることもあります。ベンチャーキャピタルからの役員の派遣も経営の安定化や、より確実な利益の創出に役立つ非常に嬉しいサポートです。ベンチャーキャピタルは資金以外にも多くのメリットがある企業です。今後の動向も見据えてしっかりと資金確保の一手段として知識を蓄えておきましょう。