資金繰りの効率化テクニック!基本のおさらいで経営に活かす


資金繰りを考えるときに注意したいのが資金管理の効率化や資金の取り扱いの効率化です。資金の管理の効率化は数多くのメリットを生み出してくれるのですが、そのやり方や資金管理の進め方についてしっかりとした知識を持っている方はあまり多くないかもしれません。資金管理の効率化についてみなさんにご紹介いたします。

 

1資金管理に欠かせないのが資金繰り表とキャッシュフロー計算書

資金管理をこれから見直そうと思うときにまず見直したいのが資金繰り表とキャッシュフロー計算書です。この二つの書類は簡単に作成できますし、何よりも簡単に会社の情報をキャッチする事ができますが、実際にこの二つの表を組み合わせて活用するという段階を見逃している事が頻繁に見受けられます。

資金繰りを行うときにはまず資金繰り表やキャッシュフロー計算書などを利用して手元の資金を見直します。このときに注目したいのが固定費用です。固定費を縮小する事ができるだけで会社にキャッシュを蓄える事ができますし、特に家賃以外の保険費用や通信費などはうまく節約すると支出の抑制をする事ができるので、しっかりと資金の管理を徹底しておく事が重要です。

基本的に会社に利益を残して資金を残す事ができるようにするのが重要なので、固定費を見直してしっかりと資金の確保に努めておきましょう。

2効率化に役立つのがファクタリング

資金の効率化に役立つのがファクタリングです。資金を効率よく活かしていくためには資金を効率よく動かすというのは決して1箇所にとどめておくわけではなく、常に資金を流動させある程度常に資金が保たれているものの、入れ替わりによって資金が常に一定量は保たれている状態が理想的です。資金を溜め込みすぎていると資金を生かす事ができず、経営上利益を生み出す事ができません。資金を活用して事業を行なっているものの、その分他所から資金が流入してくる状態が理想的な状態なので、経営の見直しの時の参考にしてみましょう。

このような停滞している資金を動かすために必要なのがファクタリングです。ファクタリングでは売掛金のように支払いを待っている段階の売掛債権を早急に資金に変えることで利用可能な経営の資金にする事ができます。売掛金を現金に変えるには手数料を支払い、売掛金のファクタリングを依頼するので、額面通りの金額を手に入れることはできませんが、資金の流動性を高めるのは非常に大きなメリットがあります。

ファクタリングで資金の流れを良くすると資金が眠ったままにならず、生きたお金を生み出す資金に変化します。ファクタリングを通じて資金管理の効率化を徹底していきましょう。

3一括ファクタリングでさらに効率アップ!

ファクタリングで売掛債権を回収するのは最近広く浸透し、資金を効率よく集めるためにも一括ファクタリングという手法で資金の回収を行うケースが増えてきました。一括ファクタリングでは保有している売掛債権を売却するファクタリングサービスを支払企業である債務者と債権企業であるサービス提供企業ともに一括で行うファクタリングサービスです。

このサービスは債権者・債務者双方に大きなメリットがあり、サービス提供をした企業からすると資金確保が素早く行われ、支払い企業からすると手形の代わりに支払いの安全性を高め、取引をよりスムーズにするというメリットを得る事ができます。

手形の発行の印紙税が不要になるので、債務者の負担も軽くなりますし、現在手形取引に変わる手段として幅広く行われています。最近ではファクタリングを使って効率よく短期間で売掛債権を現金に変える習慣が広がっているので、今後売掛債権を全てファクタリングにすることで資金をが停滞しない効率のいい資金管理が期待できます。ファクタリングを行い、常に資金を企業内に保有しておくことで急激な出費や予想外の資金の支出に耐えるだけの体力がある企業に成長する事ができます。黒字倒産などの憂き目を経験しないためにも、しっかりと資金管理を徹底してみましょう。

4一括ファクタリングにはこんなメリットも

通常のファクタリングと一括ファクタリングは実はお互いに似ているが全く異なるものという事ができます。一括ファクタリングでは通常のファクタリングよりも手数料が安い事が多く、企業が行う買取ファクタリングと比較すると非常に安い手数料で支払いを依頼する事ができるのです。もちろん、手形の管理のコストも削減できますし、面倒な手形の取り扱いも不要です。

一括ファクタリングは通常のファクタリングのように企業が債権企業と債務企業の間に入って行われるファクタリングではなく銀行が間に入って行われるファクタリングです。売掛債権の譲渡を行うと財務内容が改善しバランスシートのオフバランス化が図れます。

最近ではどこの銀行でも一括ファクタリングを行うようになっているので、効率の良い資金調達の手段として考えてみるといいかもしれません。