売掛金の減少ってどうやったらできる?売掛金の基本を知ろう


売掛金の取り扱いというのは実はしっかりとした知識をもとに身につけなければ大きなトラブルを招くことになり、正しい知識を持っておく事が非常に重要です。売掛金の取り扱いで欠かす事ができない増減の要因についてみなさんに詳しくご紹介いたします。

1売掛金の増減は会社の経営の安全性を左右する

売掛金の増減は会社の経営の安全性を直接左右することをご存知でしょうか。売掛金は保有し続けていることで貸し倒れなどのリスクを常に背負い込むことになり、売掛金を保有しないでおくというのは経営の安全性を高めるために欠かす事ができない重要な要素なのです。

売掛金を保有し続ける場合には適切に現金に帰る事ができているのか、会社の資産がどれだけ残されているのか、当面の支払いのための資産がどれだけ残っているかを確認しておく必要があり、売掛金の回収を早急に行う必要があるのかを判断する上で欠かす事ができない重要な判断材料なのです。

売掛金の割合があまりに多すぎたり、手元の資金が不足している時には黒字倒産や資金繰のショートなどのリスクを抱える事があるので、売掛債権が多くなった時には増減の要素を見直すように注意しておく事が重要なのです。

 

2売掛金を減らすには?

売掛金が増えすぎている場合にはしっかりと売掛金を減少させておく事が重要です。まず取引で現金取引が可能なものは現金取引を行い、そもそも掛取引が発生しないように心がける事が大切です。しかし、現実には売掛金が発生しない取引というのはあまり現実的ではないので、なかなか実現が難しい場合には売掛金のファクタリングを利用するのが有効です。

ファクタリングというのは売掛債権の売却で、売掛金が発生してから資金が支払われる前の段階で資金を獲得するための有力な手段です。売掛債権をファクタリング企業に売却し、その手数料を支払う必要があるので、額面の金額全てが手に入るわけではありませんが、資金が不足してしまい、資金を早急に獲得する必要がある場合には欠かす事ができない手段です。

最近ではファクタリングを銀行が行う一括ファクタリングなどの方法が頻繁に用いられるようになり、ファクタリングの提携契約を締結する事が帰って企業の信用に繋がるような時代になってきました。ファクタリングを通じて資金管理を徹底し、さらにファクタリングの契約を銀行と結ぶ事でより安全性の高い取引を行っている証明になるので、必要に応じてファクタリングを頻繁に利用するのがいいかもしれません。

ファクタリングを行う時には売掛債権の取り扱いがあるかどうか、売掛金の取り扱いがくがどれくらいの金額なのか、また、審査日数がどれくらいかかるのかと考えるのが重要です。ファクタリング企業を選ぶのは口コミなど様々な要素によって判断を下すものかもしれないのですが、企業を選ぶ時には売掛金の支払いを求める状況に応じてしっかりといくつかの注目点に注意しておきましょう。

 

3売掛金が減少していても注意しよう

売掛金が会計処理上減少して見えていたとしても注意しなければいけない事があります。まず、注意しなければならないのが手形です。手形を使って決済をするのは売掛金と同じように支払いまである程度の期間がかかってしまうので、売掛金が少なかったとしてもやはり手形で決済する慣習が出来上がっている時には注意しておかなければいけません。

売掛金もファクタリングと同じように手形の割引という手段があり、手形を銀行や手形の引き受け企業に売却することで現金資産を手に入れる事があります。手形の額面に対して一定の手数料を支払わなければならないので、ある程度面倒なことはありますが、非常に便利な方法でしょう。

この他にも売掛金が減少している時に注意したいのが、貸し倒れ引当金の存在です。売掛金だけを集計して見ているとなかなか見えない事があるのですが、貸し倒れ引当金が発生していると売掛金の金額が減少して見えるのですが、実質的には資金が大幅に不足してしまっている事があります。このような自体を避けるためにもしっかりと売掛金の取り扱いに注意をしておき、本当に安全な状態か気をつける事が大切なのです。

 

4売掛金を抱えないためにもファクタリングを活用しよう

売掛金を抱えすぎてしまう事で起こる黒字倒産などのトラブルを解消するためにはまずファクタリングを常に行うための一括ファクタリングやでんさいファクタリングなどの恒常的にファクタリングを行う仕組みが整ってきました。ファクタリングを緊急の資金獲得資金として利用するのではなく、売掛金を常に抱えない健全な経営を目指して行うのは企業を安定的な状態に保つ非常に安心できる手法です。

ファクタリングは手形よりも早急な支払いを期待できる債権なのですが、やはり売掛金を数多く抱えるのは経営を圧迫する一つの要因です資金不足から遠ざかった経営を送る事ができるようにファクタリングとの付き合い方を研究しておきましょう。