資金のフローって何?ファクタリングを経営に活かすポイント


経営を進めるには資金の流れをしっかりと考え直すことが非常に重要です。資金というのは停滞している限り何も生み出すことがなく、経営において資金が蓄えられているのは決して優れた経営というわけではありません。資金はある程度確保した後にはしっかりと動かして行くことが重要で、資金管理において適切な経営を行うことが何よりも重要です。キャッシュフローの改善に必要な見所についてみなさんにご紹介いたします。

1キャッシュフローって何?

キャッシュフローというのはそもそもお金の流れを意味する言葉で、キャッシュフロー経営というのはお金の流れを重要視した経営のことを言います。キャッシュフローを管理することは現在の経営の基本と言われていて、キャッシュフローをしっかりと管理しながら経営を行うと企業の活動を最大化させることもできますし、何よりも企業に資金が集まりやすい体質を作ることができます。

実は資金の流れというのは大きな視点で見てみると物理学的な流れの考えと非常に類似していて、資金が大きく流れるところにはより多くの資金が流れるようになっていて、この資金の流れが大きくなっているところから少しずつ資金を蓄え、さらに資金が流れやすくなるので、しっかりと経営に役立てることができます。

このような観点から、実は企業内部での資金をより効率よく流れるように調整し、資金の流れを良くした経営にシフトすることに注目が集まっていて、いわゆるキャッシュフロー経営の重要性が多くの企業で叫ばれるようになっていったのです。

キャッシュフローの停滞要因と促進の要因をしっかりと理解しておくと経営に直接役立てることができるので、それぞれの原因を分析しましょう。

2キャッシュフローを経営に活かす注意点

キャッシュフローを経営に活かすときにはいくつか注目しなければならないポイントがあります。まずしっかりと確認しておきたいのがどこからお金が入ってくるのかを明確にすることです。キャッシュインとも呼ばれるものですが、資金がどれだけ入ってきているのか、そしてその入ってくる資金のうち動きの良い現金や預金への振込、短期有価証券などの資金がどれだけあるのかを確認することが重要です。

キャッシュインとキャッシュアウトを考えるときに買い掛け金と売掛金がどれだけあるのかを考えておかないと正しい判断ができません。一見資金が大量に保たれていると見えたとしても本当は動きの悪い流動性の無い資金だったということもあるので、このような場合には資金の流動性の改善を行うようにしましょう。

3キャッシュフローの停滞を治すファクタリング

キャッシュフローが停滞していたり、手元の資金があまりに少なく、経営を行うのに必要な経費に支障が出そうなときには売掛金に注目すると良いでしょう。売掛金のうちどれだけが債権として保有されて居るのか、そしてその債権がどのタイミングでどれだけ支払いを得ることができるのかを理解しておくのは経営を進める基本です。

売掛債権のように資産として保有していても現金として利用できないような債権は抱えていても資金繰りに回すことができないので資金繰りのショートの原因になってしまいます。このため、資金繰りを改善するためにはこのような売掛金をファクタリングによって流動可能な現金に変えることが一番効果的なので基本を理解しておくと役立ちます。

ファクタリングを行うときにはファクタリング 企業に依頼を立てて、審査を受け、売掛債権の買い取りが可能な場合には手数料分の金額を差し引いた金額を支払ってもらうことができます。まるで手形の割引のようなシステムなので、手形の割引の売掛金版と考えると良いかもしれません。

ファクタリングは資金の流動性を高めるためにも役立ちますが、そもそも緊急の資金が必要になったタイミングでも役立つようにと短期審査・即日支払いの企業も登場しているので、通常の経営状態が良い企業であっても資金繰りが悪くなっているときに利用するとバランスシートに悪影響を与えることなく資金調達ができるようになります。

売掛金を常にファクタリングにかけておくことで資金確保が容易になるのは非常に大きな魅力です。売掛金を取り扱って居る企業は必ずファクタリングの利用も常に検討に入れるようにしておきましょう。

4資金繰りを考える前に気をつけよう

資金繰りを考える前にしっかりと資金の流れを考えておくことは非常に重要なポイントです。資金繰りばかり気にしてしまい、適切に資金を蓄え、適切に資金が流れて行く仕組みを作り上げることが何よりも重要です。売掛金のような停滞しやすい資金は早急にファクタリングを行っておくと資金の管理が非常に容易になります。ファクタリングは最近では多くの企業が行う資金調達手段として非常に広く利用されるようになって来たので、資金繰りを考える前に会社内の資金の流れを広く改善する土壌を築くようにしておきましょう。