売掛金と買掛金!事業者が知っておきたい取り扱いの注意点


売掛金と買掛金というのは現在の企業間取引の間で欠かすことができない存在です。多くの企業が事業を行なった結果売掛金や買掛金を取り扱い、しっかりと管理をしておかないと事業資金の不足や厄介な問題に直面することになってしまいます。売掛金と買掛金の取り扱い、知っておきたい資金の調達手段についてみなさんにご紹介いたします。

1売掛金と買掛金の勘定項目ってなに?

売掛金と買掛金は決済の上でどの様に扱われているのかみなさんはご存知でしょうか。しっかりと知識をつけておきましょう。

買掛金は代金後払いの時に発生する仕分けの一つで、仕入れ債務の一つなので、貸借対照表の中の夫妻に含まれるものです。買掛金が発生したときには借方に仕入れの勘定項目として金額を記載し、貸方として買掛金として同一金額を記載します。

また、買掛金の支払いが行われたときには借方に買掛金として金額を記載し、貸方に支払い手段を記載した後に金額の記載を行います。

売掛金の場合にはこの逆で貸借対照表の場合には債権として取り扱われます。記載も買掛金の逆になるので、買掛金の取り扱いがわかれば非常に簡単だと思います。

売掛金や買掛金というのは企業と企業の間の信用をもとに成り立っている取引で、この様な取引を行う時に一番注意したいのが信用を損ねてしまうことです。取引の回数が増えることでその都度現金で決済をするのが難しいという実情に合わせてこの様な掛取引が行われていますが、掛取引の支払いが遅れてしまった場合には大きな迷惑を相手企業にかけてしまいます。

売掛金や買掛金があるおかげで資金決済をまとめて行うことができるので、掛取引を続ける場合には取り扱いに注意しながら利用をしましょう。

2売掛金と事業の注意点

売掛金というのは取引を行う上で欠かすことができないものですが、売掛金を通じて事業を行うにはいくつか注意しなければならないポイントがあります。

まず、売掛金がかさんでいる場合には事業の資金の不足に注意しなければいけません。事業資金が不足しているとどうしても事業が停滞してしまいますし、経営にも悪影響を与えてしまいます。このため、売掛金が常にどれほどあるのか、企業内の資金の内部に売掛金がどれくらいあるのかを判別しておく必要があります。

売掛金があまりに多くなっている時には事業資金の確保を行い、資金を蓄える体質を企業に根付かせる必要があります。支出を削減し企業の活動を抑制することが重要ですし、経営の安定化にも繋がります。しっかりと売掛金に対する注意を向けておきましょう。

3ファクタリングで資金の確保をしよう

ファクタリングでの資金確保は現在多くの企業で行われている資金確保の手段で、ファクタリングを通じて資金繰を行う企業が増えてきました。ファクタリング で資金の確保を行うとバランスシートに悪影響を与えずに資金調達ができるので、資金繰りの第一手として人気があります。

ファクタリングを行う時にはまず資金確保を行うために売掛金の審査や企業自体の審査を受ける必要があります。売掛金の審査を行うのにはだいたい早い場合で即日、長くても2・3日程度の審査を受ける必要があるので、資金繰りが悪化している場合には審査日数を基準に企業選びをするといいでしょう。

ファクタリングでは売掛金の額面に対して一定の手数料を支払う必要があり、この手数料が大きい企業と小さい企業の2種類があるので注意しなければいけません。ファクタリングを利用する時にはこの様な着眼点で企業を分けておくと役に立つので、しっかりと注意しておきましょう。

4ファクタリングの使い方のコツ

ファクタリングを利用する時にはいくつかコツがあります。まず、注意しておきたいのがファクタリングを利用する場合には売掛債権に制限があるということです。全ての売掛債権がファクタリングの対象になるというわけではないので、売掛債権の種類が対象となっているのか確認しておくといいでしょう。

また、企業の年商にも制限があります。企業の年商がどれだけあるのか、といった審査基準に適合している必要があるので、ファクタリング企業のホームページを確認する様にしましょう。

この他にも気をつけておきたいのが緊急で融資が必要な場合なのか、ある程度時間に余裕があるのかという着眼点に分けた使い分けです。2社間のファクタリングを利用する時にある程度時間がなかったり、企業として資金繰りに困っている時には考えてみてもいいかもしれません。

この他にも一括ファクタリングという多数の売上債権を一度にまとめて一括してファクタリングをするのも流行っていて、決済の手段として人気があります。手形の発行の経費削減ができますし、手形の管理をしなくても住むので、今後さらに人気が拡大する方法でしょう。

最近では医療費様に対してのファクタリングも認められる様になってきているので、病院などの資金調達で困っている時には検討してみるといいかもしれません。