資金分析を強化して経営に生かす!大事な着眼点はここだ!


会社の経営状態をどの様に把握しているでしょうか。会社の資金をしっかりと分析できると会社の経営方針を立て直したり、これから新しく事業を始める時に役に立ちます。しっかりと資金の分析を行い改善することができる様に基本的な着眼点を身につける様にしましょう。

1分割資金運用表を活用してみよう

資金運用を行う時に活躍する資金運用表は資金の調達元、そして資金がどの様に変化していくのかを見るために役立ちます。基本的には2期間の貸借対照表の科目を確認し金額の増減や資金調達・運用に分類をして資金活用計画の分析や資金状態の分析を行って行くのですが、この資金運用表を活用する時に役立つのが3分割資金運用表です。運転資金分析・固定資金分析・財務資金分析の3つの着眼点で分析して行くのですが、この様な資金分析を行っている企業はあまり多くなく、簡単な仕組みなのに3分割資金運用表を有効活用しないのは非常に勿体無いことです。3分割資金運用表について詳しく理解しておきましょう。

2運転資金の分析

運転資金分析というのは運転資金の増減を調べる分析表です。運転資金は買入債務・流動債務・流動負債などの調達元の分析と、資金を運用するために必要な売上債権の分析・棚卸資産の分析、そして有価証券などの分析をまとめて行うことで運転資金のバランスを調べることができます。

この分析にはいくつか知っておきたい着眼点があります。まず、売上債権や買い入れ債務が増加している時にはその増減を調べることが重要です。売上が本当に増加することでこれらの指標に増加が見られるのか、それとも売上増加に伴う資金不足や債権回収期間の長期化、買入債務の支払いの長期化などの着眼点を持っておくと非常にうまく分析ができるでしょう。

この様な着眼点を持っておくと資金運用を確実に行うことができるので、しっかりと経営に役立てることができます。また、このほかにも棚卸資産の分析も非常に役立つので売上増加に連動して資産の増加が起こっているのか知っておくと役立ちます。

運転資金の分析は資金分析の基本です。一番最初に注目しておくと短期間で多くのメリットを得られるでしょう。

3固定資金分析

固定資金の分析は非常に重要で、定期的に資金を得ることができる固定利益や毎月発生する固定負債について分析することが非常に重要です。固定資産や配当などの決算資金や調達と運用のバランスを分析することで固定資金がどれだけ増減するのかを明らかにするのは非常に重要です。

固定資金の増減をしっかりと把握しておくと資金の調達と運用のバランスが保てるので、経営の安定性を高めることができます。固定資金の運用では利益がしっかりと固定負債を上回り、毎月定期的にしっかりと利益が拡大する様な経営を続けて行くことが重要になります。固定資金に対してどの様なところからお金が入っているのかも非常に重要な着眼点です。

借入金が固定資産に流れている場合には資金の安全面に問題があります。特に短期的な借入金が固定資産に組み込まれている時には注意しておきましょう。

4財務資金の分析

財務資金分析は運転資金や固定資金に対して借入金がどの様に対応をしているのかを判断するのに役立つ方法です。

経営上借入金を利用するというのはごく自然なことですが、借入金の返済期間に応じて適切な配分が行われているのか、運転資金の不足に対してどの様に借入金が流れているのかを分析するのは非常に役立ちます。財務資金分析を行う時には短期の借入金に注目をすると非常に分析効率が良くなります。長期の借入金は長い目で見て応対をしなければならないので、ゆっくりと会社経営を支払いに向けて行けばいいのですが、短期の借入金は資金繰にも影響を与え、短期借入金が増加している時には注意しなくては行けません。

5資金の不足に気が付いたら資金調達を

資金の不足に気が付いた時には資金の調達を行わなければいけません。この時に活躍するのがファクタリングです。ファクタリングでは売掛金を早期に集めることができるのでバランスシートに悪影響を与えることなく資金獲得ができます。

ファクタリングでは売掛金を早期に集めることができるというメリットがある分、手数料がある程度かかるので、売掛金を回収するためにはいくつか注意しなければ行けません。ファクタリングを利用する時にはファクタリング企業を選び、ファクタリングの依頼を立てます。この時に審査の日数に気をつけておくといいでしょう。最短で即日審査が完了するものから審査がある程度かかる場合があるので、ファクタリングを行う時には注意しておきましょう。

資金を獲得する時に最も手っ取り早く財務に悪影響を与えないのがファクタリングですが、最も重要なのは経営状態をしっかりと改善することです。適切な資金の分析と経営方針の決定を行い、資金が不足しない、資金が確実に溜まって行く様な環境が整う様に心がけて行きましょう。