悩ませる効率問題!どうやったら資金の効率化できる?


資金の取り扱いは企業経営で最も重要な問題です。資金を適切に管理することで得られるメリットは非常に大きく、資金の効率をよくしたり、事業の売り上げを最大化するためには適切な資金の配分や適切な資金の流れを作り出すことが重要だと言われています。資金管理の効率化には様々な方法がありますが、特に重要なのはCCCです。これから経営を管理する上で知っておきたいCCCのポイントについてご紹介いたします。

1資金の効率化はこんなメリットがある

資金管理を効率化するというのは実はどこに資金を投入するのか、どこから資金を集めてくるのかといった資金繰りだけでなく、資金管理を考える上で欠かすことが出来ない重要なポイントです。資金繰を効率よく使うことができると売り上げを最大化することが出来たり、支出の抑制を図って経営を最大限に高めることが出来ます。資金の効率化というのは実はやってみたくてもなかなか実行に移していくのが難しいもので、効率化しようと資金管理システムを専門業者に依頼したりすると返って投資の費用がかかってしまい、採算に合わなくなってしまうこともあり得ます。

実は資金の効率化というのはこのようなシステムを抜きにしても簡単に取り組むことができ、CCCという非常に簡単な注目点に合わせて資金管理を考えておくと非常に役に立ちます。多くの企業で導入可能なものなので、是非このCCC
に注目して資金のコントロールをするようにしましょう。

 

2CCCの計算を経営に活かす

CCC
というのはキャッシュ・コンバージョン・サイクルの略称で、売上債権の回収日数に在庫の回転日数を加算し、仕入れ債務の支払い期間を差し引いたものです。CCCは簡単に言ってしまえば会社が資金から支払いをした後にどれくらいの期間で資金が入ってくるかを表した日数で、このCCCの期間が伸びてしまうとこの間をつなぐ資金の確保を毎月行わなければいけません。つなぎ資金が増えてくると借金をする必要が出てきたり、CCCが長いことが原因で利息が増えすぎてしまうのは非常に厄介な問題です。CCCを適切な数字にまで短くさせておくとつなぎ資金の確保を考える手間を省くことが出来ますし、その分経営を安定化させることが出来ます。経営の安定化はさらなる事業を始めるための土台に繋がっていくので、しっかりと盤石な経営体制を作れるように資金の公立的な運用に注目するようにしましょう。

 

3CCCの短縮にはファクタリングが有効だ

CCCを短縮させようと思ったときに最も簡単にできるのはお金の回収を早く行い、支払いは遅めにするということです。実際にこのような経営を恒常的に行うことが出来れば良いのですが、なかなか経営というのは難しいもので簡単に資金獲得を早めたり、支払いを遅くすることは出来ません。

このような問題を解決する上で役に立つのがファクタリングです。ファクタリングは売掛債権などの再建を回収する手段のことで、ファクタリング企業という企業に対して自分の会社が他社に保有している売掛債権、つまり売掛金を支払ってもらう制度です。売掛金を早期に回収できるというメリットがあることから売上債権回収日数を短くすることができるのでキャッシュ・コンバージョン・サイクルを短くする上で役に立ちます。

実際に売掛金を回収するためにはファクタリング企業を探して依頼を立てるのですが、このときに注目したいのが審査日数と手数料と取り扱い債権の種類です。審査の日数が長い場合には緊急で資金が必要になった際に困ってしまいますし、繋ぎ資金などの確保に日数がかかるのは非常に困ったものでしょう。

また、ファクタリングの手数料は毎回毎回のファクタリングに生じるものなので、ファクタリング の手数料を侮ってはいけません。手数料分売掛金の額面から差し引かれることで起こった損失をその分事業の運用でまかないさらに利益を上げていく必要があるので、注意しておきましょう。ファクタリング の取り扱い債権は企業によって異なっています。取り扱い債権の種類が異なっているとファクタリングをしてもらうことが出来ないので、特殊な医療のレセプト債権などの債権の支払いを依頼するときには注意しておきましょう。

4ファクタリングの活用で企業経営を立て直す

ファクタリングを利用するというのはあまり慣れたものではないかもしれませんが、ファクタリングを利用し売掛金の回収を行うのはどの企業でも当たり前に行われるようになってきています。ファクタリングで企業に流れる資金効率よく循環させることができるとそれだけで事業の回転率を高めることが出来ますし、ファクタリング の手数料を支払った以上の資金の回収も可能になります。

CCCはどの企業でも簡単に計算することができる指標なのですが、実はCCCに注目して仕入れや資金確保を行なっているとその分非常に多くの利点があり、経営初心者でも経営のベテランでも常に注目しておいてもらいたいポイントです。経営を見直す際の参考にして見てください。