資金の流れを見た経営!キャッシュフローはここに注目


資金の流れをしっかりと考える時に重要なのがキャッシュフローと資金繰り表です。キャッシュフローや資金繰りを考える時にいくつか注目するポイントを抑えておくと経営に非常に役立てることができます。資金繰りを考える時に欠かすことができないポイントについてしっかりと理解をするようにしておきましょう。

1キャッシュフローとはどういうこと?

キャッシュフローというのは単純にいうと会社の内部での資金の流れのことを言います。資金の流れというのは企業にとって実はどれだけ資金を蓄えているのかということよりも非常に重要なポイントになることがあり、常にしっかりとキャッシュフローを理解しておいてもらわなければいけません。

資金というのはある程度の資金を蓄えているのであれば、しっかりと残りの資金を流動させるようにしておくことが重要で、資金が流れて初めて利益を生み出したり、事業を拡大させることができます。このようなキャッシュフローの把握にはキャッシュフロー計算書を利用することが非常に重要です。キャッシュフロー計算書の見所と経営への生かし方について理解を深めておきましょう。

2キャッシュフロー計算書を活用する

キャッシュフロー計算書は会社のキャッシュの増減を一定期間の内に限って表したもので、現金・現金同等物がどれほどあるのかを表す表です。キャッシュフロー計算書を活用すると現在の会社内の資金がどれだけあるのかを表すことができるので、キャッシュフロー計算書を活用する時に手形や売掛金がどれだけあるのかを確認しておくことが必要になります。

キャッシュフロー計算書は営業キャッシュフロー・投資キャッシュフロー・財務キャッシュフローの三つのキャッシュフローから構成されていて、それぞれのキャッシュフローの増減がどのように変化したのかを把握しておくことが重要です。

まず、営業キャッシュフローをしっかりと把握することがキャッシュフローを確認する基本です。営業キャッシュフローは企業の活動によって利益が出ているのかどうかの指標になるので、この値がマイナスになっている場合には事業自体に大きな問題がある可能性があります。営業キャッシュフローがマイナスになってしまうということは資金自体が不足しているということになり、資金繰も悪化しているということです。企業経営をする時にはまずこの営業キャッシュフローがマイナスにならないように気をつけておきましょう。

投資キャッシュフローは増減がある場合にその原因を把握することが重要です、実は投資キャッシュフローは基本的にマイナスになったとしてもあまり問題になることがなく、投資が行われているという証拠になります。投資キャッシュフローがプラスになった場合には所有している不動産の売却や、機械の売却を行っている可能性があるので、増減が出ている時にはその原因についてしっかりと理解しておきましょう。

財務キャッシュフローがマイナスになっている場合には注意が必要です。財務キャッシュフローは株式の発行や社債の発行などを通じた資金の獲得に直接影響する指標で、この数字がマイナスになっていると会社内部に流れる資金が借金の返済に使われていて、資金が流出し続けているという判断をすることができます。

財務キャッシュフローを正確に把握するのは企業の経営を安定化させるために最も重要なことです。資金の確保に問題を感じた時には財務キャッシュフローを確認するようにしておきましょう。

3資金の確保に困ったらファクタリングを有効活用しよう

資金の確保が危うくなった時に気をつけたいのが資金の調達方です。銀行からの融資に頼ってしまうとどうしてもキャッシュフロー上後々の利子の返済に資金確保をしなければならず、利子が発生する融資を受ける時にはしっかりと利益を出し、採算に合うように資金の確保を行わなければいけません。

このため、資金確保を考える時にはまず売掛金を現金にかえるファクタリングを最初に試すのが鮮血ということができるでしょう。ファクタリングを利用すると売掛債権を即座に現金にかえることができ、バランスシートに悪影響を与えません。

ファクタリングを通じて資金の確保を行う場合にはファクタリング企業に依頼をたて、企業の審査を受ける必要があります売掛債権をファクタリング企業に買い取ってもらうような形になるので、その債権を締結している企業の信用は非常に重要で、この審査にはだいたい長くても2〜3日程度かかります。債権の種類や金額によっては即日に審査できるファクタリング企業もあるので、資金確保が必要になった時にはどのような企業がいいかしっかりと考えておきましょう。

ファクタリングを受けることで資金をすぐに確保できますが、その資金を有効活用できるということが最も重要です。資金を確保したのちにしっかりと利用することができるように、企業内で資金の管理・活用に気をつけておきましょう。