経営の安定化には資金のフローが重要!確認したい3つの要点


経営を考える時に注意したいのが資金の流れであるキャッシュフローです。キャッシュフローを考えることが重要だというのは誰しもわかるものだとは思うのですが、どのように分析をすればいいのか、どのように解釈すべきなのかといった経営に関する知識を身につけるのは非常に難しいものだと思います。キャッシュフローを分析するにはいくつかの着眼点を知っておくことが重要なので、この着眼点を身につけ、しっかりと経営に役立てるようにしましょう。

 

1キャッシュフローの確認の基本は出入りの確認

キャッシュフローを確認する時にはまず資金の出入りを確認することが重要です。資金が入ってくる場合には営業・財務・投資などの3つの入口があり、一番基本になるのは営業からの資金の流入です。営業利益が大きくなり営業利益が企業の内部に資金をもたらすという流れがしっかりとできていることがとても重要で、利益が小さくなっていたり、売り上げ不振に陥っている場合には資金が不足してしまう原因になります。

資金が入ってくる元としてはこの他にも財務活動からの利益があり、企業が保有している株式や企業が保有している債権などから得られた利益が大きい場合には財務活動からの利益を確保できます。場合によっては企業財務の結果が赤字になってしまい、借金の返済のために資金が流出してしまうことがあります。

企業財務が活発化することで利益が拡大し、黒字の状態を保つことができると継続して利益を獲得できる非常に重要な資金源になります。財務には特に注意をして経営の安定性を高めるための元として活用しましょう。

投資は多少赤字が出たとしてもあまり不安に思う必要はありません。投資をしなければ企業自体が成長することはありませんし、投資を通じて事業を継続したり、事業効率を高めることは企業にとって基本的なことです。

一番重要なのは営業・投資・財務の出納が最終的にプラスに推移していることが最も重要で、マイナス続きになっている場合にはなんらかなの手立てを立てなくてはいけません。

 

2どうやって改善をするのか

これらの指標を参考にどのように経営を改善して行くのか、ここが非常に重要な着眼点です。資金の出入りの結果、赤字が出ている部分からまず注目することが重要です。

赤字になっている部分の赤字を抑制し、資金の流れ、つまりキャッシュフローを分析することが一番重要なポイントです。赤字になっている事業がある場合にはその内部の資金になんらかの停滞がないか、売掛金がかさんでしまい利益の確保が遅れていないかと言ったキャッシュフロー上の問題点を洗い出し、一つ一つ解決して行くことが大切で、資金管理を行う上でこのような資金の出入りとその内部の資金のフローの分析は欠かせません。

また、財務活動を確認した時に赤字が続いているのであれば借金の返済のための支出の抑制や利率の高い借金の早期返済などを検討する必要があります。財務的にマイナスの状態が続いているのであればまずは投資の抑制と財務の改善、会社保有資産の売却などの手を講じてしっかりと経営状態を改善するように心がけておきましょう。

会社内の資金の出入りを確認することでまずは企業の内部に資金がたまりやすい状態を作り出し、その後いよいよキャッシュフローの改善を行います。資金が停滞していると資金を適切に循環させることができません。資金の循環をしっかりと確保できるように、適切な資金の出入りの管理を徹底するようにしましょう。

 

3キャッシュフローを改善する

キャッシュフローはキャッシュフロー計算書を通じて確認できるのですが、この時にまず行うべきことはその数値の原因を把握することです。なぜ黒字になっているのか、どこが原因で赤字になっているのかという着眼点を持っておくと赤字の原因を洗い出すことができます。

赤字が続いている場合にはまず最初に資金の流れの停滞が無いかを確認することが重要です。資金の獲得に時間がかかってしまい、借金などを返済する支出を速やかに行っている状態だと資金が出やすく、貯まらない典型的な悪循環に陥ってしまいます。このような状態を解消するためにもまずは資金が入る入り口の部分の改善をしっかりと行うようにしなければいけません。

資金の入り口をスムーズにするために一番早くできるのは、まず売掛金の回収を行うことです。売掛金をファクタリングなどの手段で回収しておくと資金の獲得が容易になるので、売掛金が溜まってしまい、黒字なのに資金が不足しているという状態になった場合にはまず最初に手をつけてみるといいかもしれません。売掛金を早めに回収するために多少手数料を支払ったとしてもバランスシートに影響を与えることが無いので、企業の経営には大きな悪影響を与えません。資金の流れに問題がある場合にはファクタリングなどの資金の流動性を高める手段を利用して経営状態の改善を考えるようにして見ましょう。