ファクタリングの手数料に要注意!相場ってどれくらい?


ファクタリングを利用する時に一番気をつけておきたいのがファクタリングの手数料です。手数料というのはファクタリングのたびに発生する諸費用の合計で算出されていて、しっかりとその内容や実態を理解しておかないとファクタリングを利用する時に思わぬ落とし穴に陥ってしまいます。ファクタリングと手数料について知っておきたい基礎知識をみなさんにご紹介いたします。

1ファクタリングの手数料の実態

ファクタリングの手数料というのはファクタリングを通じて資金を獲得する時に最もはじめに確認をしなければいけない注目ポイントです。ファクタリングを行う時には企業自体の審査を受け、財務状況や経営状態などに問題がないか、信用がどれほどあるのかといった要素をしっかりと考えた上でファクタリングを利用することが重要で、長期にわたってファクタリングを依頼する時には手数料の低い企業を積極的に活用することが重要です。

そもそも手数料というのは企業によって様々な差があることが知られていて、売掛金の種類や額面の金額の大きさによって企業の手数料に差が生じています。ファクタリングにも2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなど様々なファクタリングがあり、どのファクタリングを行うかによって手数料の割合が変わってきます。どのようなファクタリングを希望するのかしっかりと考えて企業選びに活かしましょう。

 

2ファクタリングの仕組みと手数料の関係

ファクタリングを利用する時には一般的に一括ファクタリングというファクタリングを利用することが多く、この一括ファクタリングの中にも2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなどの分類ができるのでその手数料は大きく異なっています。

2社間ファクタリングはファクタリング企業とファクタリング利用企業との間で行われる金銭の取引のみに立脚したファクタリングで、貸し倒れのリスクがあるのでどうしても手数料が高くなりがちです。一般的には10%〜30%程度の手数料がかかることが多いので、ファクタリングを行うときの一つの目安にしてみましょう。

3社間ファクタリングはファクタリング企業とファクタリング利用企業以外に売掛先の企業が介在するファクタリングで、売掛先企業が直接ファクタリング企業に売掛金の支払いをするので、貸し倒れのリスクが少なく、手数料も安価に抑えられています。相場としては3〜5%前後のものが多く、2社間ファクタリングに比べて非常に利用しやすいファクタリングでしょう。

ファクタリングの手数料は印紙代に加えて登記の費用、さらにファクタリング企業の利益を含んでいるので、ファクタリング企業の取り分などの大きさや取り扱う債権の種類によって金額が大きく動きます。もしファクタリングを通じて特殊な売掛金を回収したいと考える場合にはこの他にも様々な手数料がかかってくるので、特殊な債権のファクタリングを希望する際には注意しておきましょう。

3企業を手数料で比較してみる

ファクタリング企業を手数料という観点で比較してみるといくつかの特徴が伺えます。日本を代表する企業の比較をして見ましょう。

・ビートレーディング

ビートレーディング のファクタリング手数料は2社間ファクタリングで10〜20%、3社間ファクタリングで3〜5%と非常に一般的なファクタリングの手数料という事が出来ます。ファクタリング手数料としてはあまり突飛な金額ではないので、利用を検討してもいい企業の一つでしょう。審査の日数も即日〜最長で3日程度なので、ファクタリングを利用する時に検討してもいい企業でしょう。特に診療報酬まで取り扱っているので、クリニック経営者や病院経営者も必見のファクタリング企業で、今後もさらなる利用の拡大が期待されている企業の一つです。

・三共サービス

三共サービスのファクタリング手数料は2社間ファクタリングで10〜30%、3社間ファクタリングで1.5〜7%と一般的なファクタリングの手数料という事ができるでしょう。三共サービスは業界でもトップクラスの実績がある企業なので非常にサービスの質に定評があり、安心してファクタリングを依頼できる企業です。これからファクタリングを利用しようと考えている企業にとって選択してみる価値がある企業かもしれません。審査の日数は最短で即日、最澄絵も1週間程度かかるので。緊急で資金が必要な場合には適していない場合があるかもしれません。申し込みの時に相談をしてみるといいでしょう。

4手数料はあくまでも目安!口コミも参考に

ファクタリングの手数料というのは非常に幅があるものなので、どれくらいの手数料でファクタリングを受ける事ができるのかというのははっきりとわかりません。手数料は実際に利用を始めるまではなかなかわからないものなので、しっかりと納得のいく企業を選ぶには口コミの情報もある程度活用する必要があります。情報をしっかりと選んで、適切なファクタリングの利用を行っていくようにしましょう。