売掛金の計算法の基礎知識!知っておきたい財務分析の基本


売掛金は現在の商業取引において気をつけなければいけない非常に重要なポイントで、しっかりと売掛金の計算をしておかなければ様々な弊害が出てくる原因になってしまいます。売掛金の計算を行う上で、欠かす事ができない幾つかの着眼点についてしっかりと確認するようにしておきましょう。

 

1売掛金計算の計算は企業の経営を左右する

現代の経営を行う時に、売掛金を避けて通ることはできません。仮想通貨やインターネットバンキングが拡大するにつれて徐々にサービスの提供と支払いの発生とのタイムラグが解消されつつありますが、それでもやはり現金決済を行っている間には売掛金が発生してしまうのを避ける事ができません。

売掛金が出ている時には収益として利益は出ているのですが、その利益が資金として動きのあるお金になるまではある程度時間がかかってしまいます。このため売掛金がかさんでいる時には黒字倒産という収益が出ているにもかかわらず資金繰が悪化して倒産に至る現象があり、注意しなければいけないのです。

企業の状態を正しく把握するには様々な分析手法がありますが、特に売掛金についての理解を深めるには財務の分析が必要になります。財務分析についてしっかりと考えるようにしましょう。

 

2財務分析と役立て方

財務分析というのは貸借対照表や損益計算書をもとに会社の収益性や安定性などを分析する計算手法で、業界の標準値や同業他社の値と比較することで企業の経営方針を決めたり、企業の成長度合いを評価したりします。

財務分析を行う時にはまず損益計算書の売上高と利益、そして貸借対照表の総資本の金額で比較して考えてみると企業の売り上げに対して発生した利益の割合を調べる事ができますし、資本効率の分析を行うことで企業の収益性を評価する事ができます。

この他にも、貸借対照表の資産と負債を比較し、企業が持つ支払い能力や倒産の危険度、さらに経営の安定性などを分析する事ができるので、熟知しておくと企業経営を安全に、そして効率よく進める事ができるようになります。この指標は倒産の指標を適正に評価する時に役立つので、経営方針を決め、適切な方向に経営を進めていく事ができるように気をつけておきましょう。

 

3知っておきたい着眼点

財務分析は企業の状態を正確に反映する非常に優れた着眼点ですが、財務分析をより正確に進めるためには売掛金の状態は分量について適切な知識を身につけておく事が重要です。

売掛金の状態が経営に対してどのような影響を与えているのか、どれだけ売掛金が経営を圧迫しているのかを把握するためにはまず売掛金に関する分析公式をいくつか理解しておく必要があります。

まず、売掛金の分析に一番活用して欲しい物として挙げられるのが売上債権回転期間という指標です。売上債権回転期間は売上債権が資金に変化するまでの期間の長短を表す数字で、この指標が短ければ短いほど非常に優秀な指標になっているという事ができます。売上債権回転期間を求めるには売上債権を売上高で割、365日をかけた値によって算出され、売上債権回収期間の計算を行う事でより企業経営を安定に、安全に進める事ができるようになります。

また、売上債権回転率も非常に便利な指標です。売上債権の回収効率を表す指標なので数値が大きいほど売上債権が効率よく回収されているという事です。

売上債権回転率は売上高を売上債権で割った値で、計算自体はエクセルなどですぐに計算できます。売上債権をいつまでも保有しているとこの数値が小さくなってしまい、資金獲得がうまくいっていないと判断できるので、必ず注意しておきたい指標です。

売掛金の指標を正しく解釈しておくと資金不足による経営の悪化を防ぐ事ができます。しっかりと資金の確保ができるように売掛金の管理を徹底しておきましょう。

4売掛金を減らす時はファクタリング

売掛金が増えてきてしまい、経営を圧迫していたり、売掛金が常に発生し毎月資金繰りに苦慮する場合にはファクタリングを利用するといいかもしれません。ファクタリングというのは売掛金の譲渡のことで、売掛金をファクタリング企業に譲渡することで、ファクタリング企業から売掛金の支払いを受け、通常よりも早く資金を獲得する事ができるシステムで、現在多くの企業がファクタリングを通じて売掛金の回収を行っています。

売掛金で最も重要なのは実は売って終わり、入金を待つというスタンスではなく、売った後に早期回収を徹底するという経営が非常に重要になるので、ファクタリングを利用して適切な資金管理を行う事が非常に重要です。

ファクタリング企業は取り扱っている売掛債権の種類や取り扱っている売掛金の金額などによって利用できる企業が変わってくるので、しっかりと企業選びを行う事が重要です。ファクタリングの手数料も企業によって異なっているので、ファクタリングを利用するときに参考にするようにしてください。