ベンチャーキャピタルは特徴を理解して投資を受けるべき!


ベンチャーキャピタルというのは企業が成長をするために欠かす事ができない起爆剤のようなもので、資金獲得を行ったり企業の成長を考える時に欠かす事ができない存在になっています。ベンチャーキャピタルの役割と仕組みは非常に重要で、特に新たに登場したばかりのアーリーステージの企業やスタートアップ企業が成長するためにはベンチャーキャピタルのような企業は欠かす事ができません。しっかりと特徴を理解して資金調達に役立てるようにしましょう。

1ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルというのは投資先企業への投資、そして成長を待ち、成長したのちに資金の回収と利益の回収を行う企業のことで、ベンチャーキャピタルはファンドを組成しゼネラル・パートナーという立場に立つことで投資家から資金を集め、その資金をもとに企業への投資を行っていきます。

投資を行う時には投資先企業の株式の購入や売却を行い、資金を獲得して行きます。ベンチャーキャピタル企業はこの投資した企業が成長した後に値上がりした株式を売却し、資金の回収と利益の回収を行います。この間にベンチャーキャピタル企業によっては投資先の企業に社員を派遣し、経営のサポートや経営の補助を行います。投資できる資金も非常に大きいので、ベンチャーキャピタルから資金提供を受けた企業は大きく成長を遂げ、利益の拡大や会社の規模の拡大などのメリットを得る事ができます。

ベンチャーキャピタルを利用する時にはしっかりと特徴を理解して依頼するようにしましょう。

2ベンチャーキャピタルの投資は支配と表裏一体

ベンチャーキャピタルを考える上で欠かす事ができないのが、支配権の問題です。ベンチャーキャピタルが株式を購入する時にはベンチャーキャピタル企業が筆頭の株主になる事があります。小規模な企業では投資金額が大きい場合にはベンチャーキャピタル企業によって株式の大半を握られてしまうので、企業の方針を決める時にはベンチャーキャピタル企業の意向を伺わなければいけないようなシチュエーションも発生してしまいます。ベンチャーキャピタルは資金獲得を行う上で非常に優れた手段ですが会社の支配権の問題もしっかりと考えなければいけないので、安易な投資の受け入れはしないようにしましょう。

3ベンチャーキャピタルを利用する前に

ベンチャーキャピタルからの投資を期待する前にはいくつか注意しなければいけません。まず、そもそも投資をしてもらうためには相手に利益を還元しなければならないという点に注意が必要です。ベンチャーキャピタル企業に対してしっかりと利益をもたらさなければならないので、企業を望んだ方向に成長させるのではなく、企業を成長させベンチャーキャピタル企業にメリットを与えることを最優先に考えなければいけません。

ベンチャーキャピタルの利用を受ける前にはまず企業の業績をよくしておく事が必要です。このためには資金の循環をしっかりと行い企業が成長できるように資金が一定量手元にある状態を作り出さなければいけません。まずは売掛金などの債権を常に現金に変えておくように注意するのが有効で、売掛債権の売却を行うファクタリングなどの手段を利用して資金集めを行うと資金不足に悩まされなくてすみます。

ベンチャーキャピタル企業は企業が成長する時に役立つ非常に強い味方ですが、お互いにwin-winの関係になるように気をつけなければいけません。適切な企業選びを通じて投資を受け入れると資金集めに役立つので、まずはベンチャーキャピタル頼みではなく、そのほかの方法までしっかりと念頭に入れてから資金獲得を行いましょう。

4ベンチャーキャピタルを選ぶときの注意点

ベンチャーキャピタル企業を選ぶ時にはベンチャーキャピタル企業がどのような経営母体に立脚しているのかを知っておく事が重要です。

・独立系ベンチャーキャピタル

独立系のベンチャーキャピタルは投資家が独立して設立したベンチャーキャピタルで、様々なバックグラウンドのベンチャーキャピタル企業があります。中には投資家としての経験を活かして活躍するベンチャーキャピタル企業や、経営者としての経験を活かして企業成長を助けるようなベンチャーキャピタル企業もあります。

・コーポレートベンチャーキャピタル

コーポレートベンチャーキャピタルは一般の企業が立ち上げたベンチャーキャピタル企業で、経営母体の企業との相乗効果を期待して企業の成長をサポートするベンチャーキャピタル企業です。ある程度専門性の高い企業への投資を得意とするベンチャーキャピタル企業です。

・金融系ベンチャーキャピタル
金融系のベンチャーキャピタルは金融機関を母体にしたベンチャーキャピタルで、成長見込みのある企業のみに投資を行う企業です。企業の成長を見据えながら融資をするか判断するので、本当に成長する企業をターゲットにした企業です。

この他にも様々なベンチャーキャピタル企業の存在が知られており、しっかりと特徴を抑えて利用しなければいけません。ベンチャーキャピタル企業に対する知識をしっかりと身につけ、適切な資金調達に役立てましょう。