初心者必見!ベンチャーキャピタルの投資額に要注意!


「これから株式公開をしたい」「これから新たに企業しよう」こう考えたときに問題になるのが資金の調達や企業の業績の安定化です。資金を集める手法というのは企業を経営する上で欠かすことができない非常に重要な存在で、より確かな経営を進めたいと思うときには資金調達の方法を適切に理解しておく必要があります。資金を集めるときに知っておきたい代表的な方法とベンチャーキャピタルの利用について詳しくご紹介いたします。

1ベンチャーキャピタルの必要性

企業が何らかの資金を集めたいと思うときに真っ先に利用する方法として広く知られているのがベンチャーキャピタル企業でしょう。ベンチャーキャピタル企業は成長の見込みがある企業に対して投資を行い、成長した後に投資した利益を回収することで収益をあげる企業で、現在日本でも様々なベンチャーキャピタル企業が活動を広げていて、多くの企業がベンチャーキャピタル企業を利用して企業を成長させています。

ベンチャーキャピタルは資金獲得において非常に強い存在で、ベンチャーキャピタルからの投資を受けることができたということはそのまま企業として成長可能性があるというステータスになりますし、企業を大きく成長させるのに欠かすことができない資金を一度に大量に入手することができます。ベンチャーキャピタルは他の業種よりも非常に資金の提供力がある存在なので業績が傾き他に類を見ないような技術のある企業や革新的なアイディアを持っているにもかかわらず資金不足が原因で事業が傾きかけている業種にとって非常に有益な資金の提供元になります。

これから株式会社として経営を拡大させて行きたいと思っている企業は積極的にベンチャーキャピタルの投資を検討するのも悪い判断ではないのです。

2ベンチャーキャピタルを利用するリスク

企業の経営を考えるときにベンチャーキャピタルのような大きな資金提供元の存在は非常に魅力的に見えますが、ベンチャーキャピタルを利用するというのはある種のリスクがあるということも同時に把握しなければいけません。

企業を経営するときに問題になるのが支配権の問題です。ベンチャーキャピタルから投資を受けるということはこの支配権を一部他の企業に明け渡す可能性があることを常に念頭におかなければならず、ベンチャーキャピタル企業に株式を抑えられてしまい、経営方針の自由度が低下してしまう可能性があります。

もちろん中には投資だけを行い、企業経営にはあまり差し障らない企業もあるので全てのベンチャーキャピタル企業がこのような存在であるというのは誤りなのですが、ベンチャーキャピタル企業が行う投資は経営方針の硬直化を招くということを常に意識しなければならないのです。

ベンチャーキャピタルは非常にありがたい存在ですが、必ずこの支配権の問題を念頭におきながら利用するようにしましょう。

3資金獲得はまずローリスクなものから始めよう

資金獲得をベンチャーキャピタルや銀行からの融資に頼る前にまず経営初心者の方に行ってもらいたいのがファクタリングです。ファクタリングというのは売掛金をすぐに使える資金に変えることで、資金獲得をローリスクで行うために欠かすことができない基本的な方法です。

売掛金というのは通常一ヶ月程度時間が立ってからでないと支払いを受けることができないので、売掛金が発生してから資金不足に悩まされることになってしまいます。このような売掛金の存在は企業の資金不足の大きな原因になるので、売上高が伸びていたとしてもしっかりと注意をして、資金不足に陥らないように売掛金を集めておく工夫が必要になるのです。

ファクタリングを利用するときにはファクタリング 企業に売掛金の売却を依頼し、審査を受ける必要があります。審査自体は最短で半日、長くても数日程度で審査が完了するので緊急の資金不足に陥ったときには積極的に利用するようにして行きましょう。

ファクタリング は他の資金獲得手段に比べて利用しやすい方法で、企業のバランスシートに悪影響を与えません。資金不足に陥ったときにはまずはファクタリング などのリスクの少ない資金獲得法を試してみましょう。

4資金を集める前にやるべきこと

資金を集める前にまずやるべきなのは企業の経営の状態や企業の資金の流れの確認です。企業から資金が流出してしまうというのはもちろん避けられるものではありませんが、ある程度資金がたまりやすい状態に企業の体質を整えておかなければなりません。

資金が出て行きやすい体質であったり、資金のコントロールがうまくいかない状態で資金を集めてしまってもやがて同じように資金繰りに困る結果に陥ってしまうので、必ず資金の流れをうまくコントロールできるような状態に企業を成長させておきましょう。

ファクタリング に限らずベンチャーキャピタルなどの資金の獲得法は企業が成長するためにかかせません。しっかりと資金について考え、適切な企業の経営を目指して行きましょう。