ベンチャーキャピタルの問題点を知り、資金を集めよう


ベンチャーキャピタルは現在多くの企業が利用する資金の獲得法ですが、資金獲得を行う前にしっかりとその特徴を理解しておかなければ適切な資金集めができなくなってしまいます。ベンチャーキャピタル企業は非常に特殊な資金獲得のやり方なので、しっかりとベンチャーキャピタルの問題点について理解をしておかなければいけません。ベンチャーキャピタルの問題点とその利用法について適切な知識を身につけ、適切なベンチャーキャピタル企業との付き合いを考えていきましょう。

1ベンチャーキャピタルはこんな会社

ベンチャーキャピタルという存在をしっかりと理解しなければその問題点を熟知できません。

ベンチャーキャピタルというのは株式や外貨ではなく企業自体に資金を投下し、その後企業が成長したのちにその資金と利益を回収する企業のことで、投資を行うために投資先企業の株式を購入し、企業の成長に合わせて様々なサポートを行ったり、経営指導を行う企業のことを言います。ベンチャーキャピタルはこのような投資の手法を取る性格上、投資を行う企業を見る目は非常に厳しく全ての企業がベンチャーキャピタルからの投資を受けることができる訳ではありませんが、投資を行う時には企業自体を大きく成長させることができるだけの非常に大きな資金を注ぎ込むことができるという特徴があります。

このため、多くのベンチャー企業がこれから成長したいと考える時にベンチャーキャピタルへの投資を依頼し、業績が上がると見込まれると理解を得られた場合には企業自体を大きく成長させる起爆剤のように働きかけてもらうのです。

このようなベンチャーキャピタル企業の存在は一見どの企業から見ても非常に魅力溢れる資金獲得手段に見えるかもしれませんが、実はこのようなベンチャーキャピタル企業の資金の投下法というのは全ての企業にとって嬉しい資金調達法ではなく、しっかりとその性質を理解しなければ厄介な問題に巻き込まれる原因になることを理解しておかなくてはいけないのです。

2ベンチャーキャピタルの問題点

ベンチャーキャピタルの資金投資の問題点は実は資金獲得のための株式の購入にあります。資金を投下し、利益を回収するというベンチャーキャピタルの性質上、の購入をしてもらえるというのは非常にありがたいものではあるのですが、実際に株式を大量に抑えられてしまうと実質的な経営権が全てベンチャーキャピタル企業に委譲してしまい、今まで持っていた経営の自由度を失ってしまう原因になるのです。このため、ベンチャーキャピタルのような企業からの資金獲得を行う時にはある程度経営方針をベンチャーキャピタル企業の意向に合わせなくてはいけませんし、何よりもベンチャーキャピタル企業に利益をもたらさなくてはいけないので、採算に合わない事業や収益性の低い事業を撤廃しなければいけないような状態になってしまう可能性があるのです。

株式の大半を握られてしまうと経営方針の決定に対する影響が非常に大きくなるので、発行している株式の数と、保有されている株式の数についてしっかりと考えるようにしておきましょう。

3資金調達を受けたら気をつけたいこと

ベンチャーキャピタルの資金を受け取った時に気をつけておきたいことがいくつかあります。このことを少し理解しているだけでベンチャーキャピタルの利用のハードルが幾分下がるので、しっかりとそのメリットを理解してベンチャーキャピタルからの投資を受けると良いかもしれません。

まず、ベンチャーキャピタル自体も誰かしらの投資を受けて成立しているということです。ベンチャーキャピタル自体がなんらかの母体となる存在から資金提供を受け、その資金を活用して他の企業に投資を行なっているので、ベンチャーキャピタル自体も利益をあげるのに必死になっています。このような相手企業の立場を理解せずに投資を受け入れるというのはあまりお勧めできることではないので、しっかりとベンチャーキャピタル企業の立場を理解しておきましょう。

4ベンチャーキャピタルからの投資を受ける前に

ベンチャーキャピタル企業から投資を受けたいと思う時にはまずベンチャーキャピタルとつながりのあるコンサルタントなどに相談を持ちかけると良いかもしれません。自力でベンチャーキャピタルに投資を持ちかけるというのも悪いものではないですが、なんのツテもなく投資を依頼しても断られてしまう可能性が高いので、注意しておきましょう。

また、ベンチャーキャピタルからの投資を受ける前にまず企業の体制自体を整えておく必要があります。ベンチャーキャピタルから投資を受けたいと思っている時にはファクタリング などの方法を使って資金獲得をしておかなければ十分に資金の活用ができないことがあります。企業自体に資金不足に陥らないような体質を構築しておくことが重要になるので、ベンチャーキャピタル企業を有効活用する前にしっかりと企業の資金コントロール技術を向上させておきましょう。