ベンチャーキャピタルの資金獲得前にリターンを考えよう


ベンチャーキャピタルを利用して資金確保を行うというのは企業にとって大きなメリットのある方法です。ベンチャーキャピタルの提供できる資金は非常に大きく、企業の成長を助けたり、企業を大きくしようと思う時に有用な方法です。しかし、ベンチャーキャピタルを利用する時にはしっかりとリターンを考えながら投資を受け入れないと思わぬトラブルを抱える原因になってしまいます。しっかりとベンチャーキャピタルのリターンを考え、利用するように心がけましょう。

 

1ベンチャーキャピタルは投資企業

ベンチャーキャピタルは投資を行うことで企業を成長させるという事業を展開しているので、スタートアップ企業などのベンチャー企業の立場からみると事業の成長を支える起爆剤のようなとてもありがたい存在に見えるかもしれません。

ベンチャーキャピタルは資金提供力と企業を成長させるサポート力に優れているので、このようなベンチャーキャピタルの働きかけは多くの企業が欲しているものでしょう。

このため、ベンチャーキャピタルにつながりのある経営コンサルタントを通じた投資の仲介やベンチャーキャピタル企業への投資の持ちかけなどの様々なやり方を通じてベンチャーキャピタル企業への投資を依頼していく企業が増えているのです。

 

2ベンチャーキャピタルはファンド運営者

ベンチャーキャピタル企業が資金獲得先として非常に魅力のある企業に見えるものかもしれませんが、一方でファンドを形成している企業だという側面も決して忘れてはいけません。

ベンチャーキャピタル企業が投資を行うのはあくまでもファンドを形成する時に資金を提供してくれた投資家や資本提供企業に対して利益をもたらすことで、このようなベンチャーキャピタルの立場は資金提供者と投資先の企業との板挟み状態になっているということをしっかりと自覚しておく必要があるのです。

このようなベンチャーキャピタルの2面性から、しっかりとベンチャーキャピタル企業の立ち位置を理解しなければ適切な資金獲得ができなくなってしまいます。ベンチャーキャピタル企業が資金を提供してくれるのはあくまでもベンチャーキャピタル企業が収益をあげ、その収益をファンド形成をしてくれた資金提供者に利益提供を行うためです。

資金の提供を受けたいと申し込みを行うのであれば、申し込みの段階でどれだけの収益を出せるのかを現実的な数値としてしっかりと提示できることが重要になります。ベンチャーキャピタルの立場を考えるようにしながら適切な資金の獲得を受けるようにしておきましょう。

 

3リターンを与えることが大前提

ベンチャーキャピタルからの資金提供を受けた時にはまずリターンを最大化させることをしっかりと考える必要があります。このため、ベンチャーキャピタル企業からの投資を受けた時には経営についてある程度自由度を手放さなければいけないということを念頭におかなければいけません。

ベンチャーキャピタル企業が投資を行う時にはまず、株式の一部をベンチャーキャピタル企業に売却を行い、ベンチャーキャピタル企業に資本の一部を提供する必要があります。このため、ベンチャーキャピタル企業と自社の経営の方針が異なった時きにベンチャーキャピタル企業の意見を採用しなければいけないような事態に陥ってしまう可能性があります。株式の保有割合が多ければ多いほどベンチャーキャピタルの影響が大きくなるので、投資を期待する前にしっかりとベンチャーキャピタル企業の特質を理解しておく必要があります。

投資を受けるということは自由度が失われるということです。企業の業績が良くなるのは非常に大きな魅力ですが、ベンチャーキャピタルの投資をしっかりと考え、資金提供を依頼する前にはある程度リターンの最大化のために我慢をしなければならないことが増えてくることを理解しておきましょう。

 

4資金獲得を考えるならファクタリング

ベンチャーキャピタル企業を資金獲得に利用したいと考える時にはまずそのほかの方法をしっかりと考えて利用することが重要です。一番手っ取り早く、有力な方法として知られているのがファクタリングです。

ファクタリングというのは売掛金をファクタリング企業に売却することで売掛金を早期に現金化する仕組みで、資金獲得の基本的な方法です。ファクタリング企業を選ぶ時にはまず、審査の日数と手数料に注目することが重要です。審査の日数が長いとそれだけ資金獲得に時間がかかってしまうので、資金不足に陥っている時には注意しましょう。

手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらかによって非常に差が出てくるので、どのような手段でファクタリングを利用するのかをしっかりと検討しておかなければうまく企業を選ぶことができません。

ベンチャーキャピタルの利用は非常に魅力のあるものですが、ファクタリングなどの手段も欠かすことができません。しっかりと適切な方法を模索し資金獲得を行いましょう。