ベンチャーキャピタルとファンド形成の仕組みに要注意!


ベンチャーキャピタル企業はベンチャー企業やスタートアップ企業の成長を助ける非常に心強い存在ですが、その存在をしっかりと理解するためには実はファンド形成に至るまでの流れやファンドとベンチャーキャピタル企業の関係に注目しなければいけません。ベンチャーキャピタルは心強い存在ですが、ベンチャーキャピタル企業の立場を理解しなければ十分に資金獲得することができません。しっかりと仕組みを理解して資金獲得を行いましょう。

 

1ベンチャーキャピタルとファンド

ベンチャーキャピタルというのは一般の投資家や金融機関などの母体を背景に資金を集めたファンドの元に成り立っている企業です。この集めた資金を一般企業に投資することで利益を拡大させ、この利益をファンド形成の母体となる出資企業や投資家に還元していきます。

ベンチャーキャピタルはこのようなファンド形成者のための企業という側面もあるので、投資を希望する場合やベンチャーキャピタル企業に投資の申し出を行うときにはしっかりとベンチャーキャピタル企業だけでなく投資元のファンドにも利益を還元させるという意識が必要になります。

ベンチャーキャピタル企業は投資を受ける企業からしたら非常に魅力的な資金提供元ですが、ファンド形成者からすると投資先という立場になっています。しっかりとその立場を理解して資金を受けるようにしましょう。

2ベンチャーキャピタルを利用する前に気をつけたいこと

ベンチャーキャピタル企業はスタートアップ企業の立場からみると資金提供で是非味方につけたい非常に有力な資金提供者です。しかし、ベンチャーキャピタル企業は単なる資金提供者というわけではなく、資金を預けることで企業の経営に影響を与える事業の意思の決定者になりうるということを意識しなければいけません。

ベンチャーキャピタル企業が資金を投下するときには投資先の企業の株式を購入し、企業の意思決定に影響を与えてくる場合があります。これは投資先の企業の成長が無ければ利益を得ることができないベンチャーキャピタルという立場を考えれば仕方のないことで、場合によっては投資先企業にベンチャーキャピタルの社員を派遣し、事業のコントロールを行う場合も出てきます。

海外のベンチャーキャピタル企業ではこのような投資先企業に社員を派遣するという形式が一般的で、今後日本でもこのような投資形態が徐々に増してくると言われています。

場合によっては投資を受けた企業の自由度が著しく下がり、これまで通りの支配権を行使できない場合もあるのですが、実はこれは大きなデメリットではなく、ともするとチャンスと捉えることができる場合もあります。

ベンチャー企業では新規参入した業界の慣習や経営の基本をあまり身につけていない場合もあり、経営を考えるときにはこのようなベンチャーキャピタル企業の社員のように企業経営に長けている人のサポートを得ることができるというのは大きな魅力となります。

経営のやり方を知らない企業にとって経営の進め方、事業計画の進め方を得るチャンスになるのは間違いなくメリットです。経営を充実させるためにも、ベンチャーキャピタル企業の指導を受け、しっかりと成長するようにしていきましょう。

 

3ベンチャーキャピタルを利用する前に

ベンチャーキャピタル企業からの投資を受ける目的は企業の成長や事業資金の獲得でしょう。ベンチャーキャピタルの持つ投資の力は非常に大きく、企業経営を考える上でこの存在を欠かすことができません。

しかし、ここで注意してもらいたいのがベンチャーキャピタルの利用はあくまでもファンド形成者へのメリットの還元を背負いこむだけの自信があり、それだけの可能性を秘めている場合にのみ行うべきことで、単なる資金の獲得を考えるのであればその前にやるべきことがいくつもあります。

まず、ベンチャーキャピタルを利用する前にしっかりと企業のキャッシュフローの改善や、資金繰りの改善を行っておくことが重要で、ベンチャーキャピタル企業から受け取った資金を最大限利用し尽くすためにも資金コントロールを徹底しましょう。

このような資金コントロールを行なった後に資金を増やしたいと思うのであればファクタリングを利用するのも一つの手です。ファクタリングは売掛金をファクタリング企業に売却することで利益を得る資金獲得方法で、黒字倒産などのトラブルを避けることができるだけでなく、資金を早期に獲得し、事業に回せる資金を最大化させることで利益を大きくするというメリットも持ち合わせています。

もちろん、ファクタリングを利用するというのは資金を獲得のために手数料を支払うことになるので、全てにおいて優れている方法というわけではありません。しかし、短時間で獲得した資金を事業に活用することで、より大きな利益を生み出すことができるので、侮ってはいけない重要な資金獲得法です。

ベチャーキャピタルとの付き合いを考える前に、適切な資金運用を意識しておきましょう。