経営者必見!資金繰りの多忙さを解消する有効テクニック!


会社の経営を行うときに一番ストレスが貯まるのはなんでしょうか。面倒な顧客との対応や、スタッフとの人間関係、さらには経営難に陥ったときの問題の打開策など、様々な問題があるかもしれません。会社経営では中でも資金繰りという問題が企業経営のストレスの一員として上がる事があり、この資金の不足を解消するためには様々な手段が必要になります。会社経営を成り立たせるための資金獲得法をご紹介いたします。

1資金繰りはストレスの元!解消するにはテクニックを身につける

資金繰りというのは企業経営者にとって非常に悩ましい問題ではないでしょうか。資金繰を考えるとどうしても会社の嫌な側面を見なければいけなかったり、解消できない問題を考え続けなければいけなかったり、非常に多くのストレスを抱えなければいけません。

このようなストレスを解消するためにはどうしても資金繰りの問題を解消し、悩みを少なくする必要があります。このためにはまず資金繰りのテクニックを向上させたり資金繰を改善させていく必要があります。

資金繰を改善させるための基本はやはり融資以外のテクニックにあります。しっかりと資金繰についていの基本を身につけておきましょう。

2資金繰りの基本はファクタリング

資金獲得の基本はファクタリングという方法です。ファクタリングというのは売掛金を売却する事で資金を獲得する方法で、売掛金をすぐに資金に変える事ができるので、現在多くの企業で利用されている方法です。

売掛金というのは売上として計上されているので、一見企業には資金が入っているように見えるのですが、残念ながら資金としてはまだ振り込まれておらず、架空の資金が計上されているだけなので、売掛金の分量を誤ってしまうと黒字倒産などの問題が発生してしまう原因になってしまう事があります。このため、売掛金を資金に変えるというのは経営を考えるときに非常に重要な意味があり、資金確保を行い企業の経営を安定化させる上で欠かす事ができないような存在なのです。

ファクタリングを利用するにはファクタリング企業を探し出し、ファクタリング企業に売掛金の買い取りの依頼を立てます。このあとファクタリング企業からの審査を受け、資金の支払いに移行していくのですが、この審査の日数には注意しなければいけません。ファクタリングで資金を獲得するための審査が非常に長くなってしまうと資金獲得に必要な期間が長くなってしまいます。資金繰りに困難があり、資金不足に慢性的に悩まされているのであればある程度素早い審査を行う企業を選ぶ事が重要です。

また、企業に支払う手数料にも注意しなければいけません。ファクタリングを利用するときには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという仕組みがあり、通常3社間ファクタリングの方が手数料が低めです。しかし、相手企業に知られずにファクタリングを行いたい場合には2社間ファクタリングを利用するしかないので、しっかりとそれぞれのファクタリングのメリットを理解しながらファクタリングを行いましょう。

3ファクタリング以外にも資金獲得できる

根本的な資金獲得をするためにはファクタリング以外の方法も理解しなければいけません。売上が低迷し、資金が不足しているときにも有効な資金獲得元となるので、しっかり活用を考えましょう。

まず知っておきたい方法が手形の割引です。これはファクタリングと同じような仕組みで利用する事ができる方法で、手形を売却する事で資金獲得ができます。手形というのは通常売掛金よりも支払いまでの期間が長いので、資金獲得を考えるときには積極的に利用したい方法です。

この他にも、ベンチャーキャピタル企業からの投資という方法があります。会社何何か特別な技術があり、販売規模を拡大する事で市場占有率を高めたり、企業規模を拡大する事で市場での知名度をあげたいと思うときや、企業として生まれて間も無く、これから企業としての成長をしていきたいと思うときによく利用される方法で、ベンチャーキャピタル企業と提携を行い、資金の提供を受ける事で事業を拡大させる事ができます。

ベンチャーキャピタル企業に申し込みを行うには第3社の仲介を経てベンチャーキャピタル企業を紹介してもらったり、実際にベンチャーキャピタル企業に投資の依頼を売り込んだりと不確実な要素はあるのですが、もし投資を受ける事ができれば一気に資金不足を解消できるほどの資金が獲得できます。

この他にも、公的な補助金を利用するという資金獲得法もあります。地場産業を発展させるためであたり、地元の雇用の拡大を狙って各自治体は補助金を企業に支払う事があり、企業が所属している各自治体の企業への補助金なども注目したい資金獲得法です。地元の産業を守るために特に特産品の全国販売を狙っているような企業では資金以外でも多くのサポートを受ける事ができるので、資金不足に頭を抱えている場合にはしっかりと有効活用していきましょう。