知っておきたい資金繰り!運転資金を集める基本知識!


資金繰りというのは経営を考える時に欠かすことができない非常に重要なポイントです。資金繰りを考える時にはまずしっかりとした経営の基本的な知識が必要です。資金繰りを考える時にはまず、このような資金繰の基本を考えておく必要があります。資金繰りで欠かすことができないポイントについて知識を身につけるようにしましょう。

 

1資金繰りの重要性

資金管理というのは経営者にとって非常に頭を悩ませる問題ではないでしょうか。資金繰りというのは非常に難しいもので、しっかりと資金のコントロールをしなければ経営難に陥ってしまいます。

資金の管理の基本は資金繰りです。特にどのようにして資金を集めるかという問題は誰にも欠かすことができない非常に厄介な問題です。資金繰りを考える時にはいかにリスクを減らして資金を確保するかが重要で、素早く、そして確実に資金の管理をしなければいけません。

銀行からの融資では時間がかかってしまいますし、株式を通じた資金の調達もすぐに資金獲得ができるというわけではありません。しっかりと安全な方法で資金獲得をするようにしましょう。

 

2まず試したいのはファクタリング

資金獲得でまず試したいのがファクタリングです。ファクタリングというのは売掛金を売却することで、資金を獲得する方法で、売掛金を解消できるので非常に大きなメリットがあります。売掛金というのは経営を行う上で注意しなければいけない非常に重要なポイントで、売掛金が多量に発生している時には注意しなければいけません。売掛金が発生するタイミングというのは売上が上がっているので、一見経営が非常にうまく行っているように見えてしまいます。しかし、売掛金が発生してから実際に資金が貯まるまでには時間がかかってしまい、売掛金の回収までの期間をどのように資金繰りして行くのかが重要になります。

売掛金がたまり、売上があるのに資金不足に陥ってしまうとやがて黒字倒産などの問題を抱える原因になってしまいます。このため、売上が向上し、売掛金が大量に出てきた時にはファクタリングなどの方法を利用して資金獲得をしなければいけないのです。

ファクタリングを利用する時にはまず、売掛金をファクタリング企業に売却します。この時にはファクタリング企業からの審査を受け、資金の支払いを受けるのですが、この時注意したいのが、審査の期間が企業によって異なっているということです。審査の期間は最短で即日、長い場合では1週間ほどかかり、この審査ののちに支払いを受けるので、しっかりと資金の提供を受けることが求められます。

資金が不足し、次の支払いが迫っている時には資金を早急に手に入れる必要があるはずです。このような場合には審査日数が短いファクタリング 企業を選ぶ必要がありますし、手数料ではなく審査日数をしっかりと確認する必要があります。

 

3ファクタリング 企業の手数料にも注意したい

ファクタリングを利用する時には審査の日数も重要ですが、手数料にも注意しなければいけません。ファクタリングには2基本的に2種類あり、2社間ファクタリングという自社と売掛金の支払い義務のある相手方企業との間にファクタリング企業を介在させず、自社とファクタリング企業の2社間のみでファクタリングの契約を結ぶのが2社間ファクタリングです。2社間ファクタリングでは相手企業がファクタリング企業に支払いを行うのではなく、相手企業がファクタリングを依頼した企業に支払いの依頼を行います。このため、ファクタリングを依頼した企業が実際にファクタリング企業に支払いを行うので、ファクタリング 企業からしたら支払い逃れなどのリスクを背負い込むことになってしまいます。

一方3社間ファクタリングではファクタリング 企業が売掛金を保有する企業と支払い企業の間に入り契約を結び、売掛金をファクタリング 利用企業に支払った後に売掛債務を保有していた相手がた企業が直接ファクタリング 企業に支払いを行います。このため、2社間ファクタリングに比べてファクタリング企業が負うリスクが少なくこのような違いから実は手数料の相場に大きな差があるのです。

一般的には2社間ファクタリングの方がファクタリング企業に支払う手数料が割高で、資金獲得の際に注意しなければいけません。ファクタリング企業にもリスクがあるので仕方のないことですが、しっかりと注意するようにしましょう。

 

4ファクタリングを受けたそのあとは

ファクタリングで資金獲得を受けた後には事業資金不足などの問題がもう起こらないように注意しなければいけません。ファクタリングを利用する時にはこのような資金獲得後の対策までしっかりと立てておくことが重要で、ファクタリング で獲得した資金を有効活用するためにも資金管理の徹底が必要になります。ファクタリング は便利な方法なので、ついつい頼りがちになってしまいますが、ファクタリング の有効性を最大限活用するにはこのような資金管理が重要です。資金繰りを考える時には会社内の仕組みにまで注目するようにしましょう。