資金繰りが悪い時の救世主はこれだ!資金繰りの基本を知ろう


資金繰りを考えるときに欠かす事ができないのがいかに上手に、いかに会社への負担なく資金を集めるかという着眼点です。資金について適切な考え方をしなければ経営にダメージを与えるだけでなく、場合によっては事業の継続断念や倒産の引き金を引いてしまう場合もあり、非常に注意が必要です。経営を考える上で欠かす事ができない資金繰りについてしっかりと対処法を理解しておきましょう。

1資金繰りの悪化は非常にまずい

経営者の皆さんは資金繰りの悪化について適切な考え方を身につけているでしょうか。資金繰りが悪化するというのは実は経営にとって「一過性」の経営状態の悪化と捉えていいものではなく、実は長期に渡る経営状態の悪化を招く様な非常に危険な状態になっていると捉えるべき事なのです。経営を考えるときにはまず資金がしっかりと働いているのかどうかを考えておく事が重要だと言われています。

資金繰りが悪くなっているということは十分な資金が確保できていないばかりか、資金が不足しているので、帰って利益を出すのが難しい状態に陥り、経営状態を立て直すどころの話ではなくなっている事があります。この様な状態では放っておくとすぐに倒産の憂き目にあうばかりか、倒産後の不良債務の応対に終われ本当に人生を左右する様な大きなダメージを追ってしまう事があるのです。

2資金に対する考え方を変える

資金繰りが悪化している場合にはまず、資金に対する考え方をしっかりと変えていく必要があります。資金というのは手元にあり眠っているだけでは決して資金として活躍する事がなく流動する事で初めて利益を生み出してくれます。このため、資金を手元に残すのではなく資金を手元から流し出せる様にしておくのは非常に重要で、このためには常に資金が流れ込み。そして資金が常に流れ出す様な基本的な仕組みが非常に重要なのです。

資金繰りが悪化しているときには経営状態を維持するために資金を獲得するのではなく、獲得した資金をもとにしっかりと利益が出せる様な土台を少しずつ作っておく事が非常に重要です。資金をもとにして利益を生み出し、少しずつ資金繰りの悪さが緩和される流れを作る事が非常に重要です。資金を獲得することに奔走するのではなく、しっかりと会社の内部の状態を把握・改善する様にしましょう。

3資金管理の準備ができたらいよいよ資金を集める!

資金管理の準備ができたときにはいよいよ資金集めです。資金を集めるにはまず会社にとって負担の少ない方法から試すことが重要で、まずは売掛金の現金化と手形の現金化を試す事が先決です。売掛金や売掛金に利用する手形というのは支払いまでにどうしても期間がかかり、売掛金を回収しない限りは資金不足のまま過ごさなければいけません。

資金が不足してしまうとどうしても事業での業績を十分にあげなければいけない事があり、しっかりと業績をあげる事ができなければ資金を蓄える事ができません。資金が不足している状態を解消するためにも、しっかりと資金確保を行っておく事が重要です。

ファクタリングでは売掛金をファクタリング企業に売却する事で売掛金から手数料分を差し引いた金額の支払いを受ける事ができます。支払いには申し込みをした後に審査を受ける必要があるのですが、ファクタリング企業の売掛金はそこまで大きなものではなく、審査は銀行などに比べるとそこまで大きなものではないので、基本的には誰でも資金獲得ができます。ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあり、どちらのファクタリングでも手数料がかかるものですが、基本的に3社間ファクタリングの方が手数料が低くなっています。相手企業との了解を得られるのであれば3社間ファクタリングを利用してファクタリングを行う方が手数料の目減りが少ないので、可能なのであれば3社間ファクタリングを利用する方がいいでしょう。

ファクタリングを行うときには何よりも企業選びが重要です。しっかりと企業選びができれば資金獲得にも役立ちます。適切な資金獲得できる様に、企業を選ぶ様にしましょう。

手形の割引もファクタリングとほとんど同じ様なものです。手形の割引は手形を割引を行う企業に売却する事で資金を得る方法で、ファクタリングと同じ様に資金を獲得できます。企業の審査もそこまで厳しくないので、多くの企業が手形の割引を利用しています。資金獲得に悩んだときにはこの様な方法を検討するのがいいでしょう。

 

売掛金の現金化はバランスシート上に変化を起こさない資金獲得方なので、借金などの様に企業経営を後々圧迫することはありません。しっかりと資金を獲得する事ができる様に、この様なすぐに利用する事ができる資金獲得手段を選ばなければいけません。銀行などの融資を受けるまでには時間がかかるものなので、しっかりと資金獲得ができる様にできる限りの手段を試して行きましょう。