事業資金確保はどうやるの?大口融資が無い時の対処法!


事業資金を集めるというのは企業経営者にとって非常に重要な要素です。事業資金を確保するためには大口の融資を受けるのが非常に望ましい手段ですが、大口の融資を受けるのはときにリスクになることもあります。事業資金の獲得で知っておきたい基本的な知識について一度皆さんに詳しくご紹介したいとおもいます。

1大口の融資を受けるために必要なこと

大口の融資を受けることができると企業にとって非常に助かるものでは無いでしょうか。大口の融資を受けるためには企業の信用情報の問題も関わりますし、何よりも、利息の問題も関わってきます。

大口の融資を受けるためにはまず、銀行に融資の依頼をする事が基本です。銀行からの融資を受けるためには事業計画を提出し、現在の企業の状態がわかるような財務諸表を携えて審査に望まなければいけません。このため、融資を受ける前に企業経営が悪化しないように注意する事が重要です。

大口の融資の候補として代表的なのが銀行ですが、銀行は審査が非常に厳しい場合があり、融資が厳しい場合には断られてしまう事があります。事業資金をしっかりと獲得するためにも、銀行以外の選択肢をしっかりと知らなければいけません。大口の融資を断られてしまった時の適切な対処法について理解しておきましょう。

2銀行以外の融資に注目しよう

銀行以外の企業からの融資というのも非常に便利な方法です。特に知っておきたいのがノンバンクからの借り入れでしょう。ノンバンクというのは銀行以外の企業のことで、一般に言われる消費者金融やビジネスローン専門企業がこれにあたります。ノンバンクの特徴は何よりも融資の基準が銀行ほど厳しく無いことにあります。ノンバンク企業からの融資は銀行ほど大きな金額にはなりませんが、事業資金に当てたり、つなぎの資金にするためには役立つ資金です。しっかりと資金の返済の見込みがある場合にはノンバンクからの借り入れを検討するというのは非常に優れた選択肢という事ができます。

資金の融資を受けるというのは必ず利息が伴います。資金獲得をするからにはリスクをしっかりと意識し、適切なリスクマネジメントを行わなければいけません。資金管理に誤りがあると経営を傾ける原因になってしまうので、自分で自分の首を締める事が無いように適切な資金管理を行うように心がけましょう。

3ベンチャーキャピタルの利用も役に立つ

ベンチャーキャピタル企業の利用も資金獲得で非常に役立つ手段という事ができます。ベンチャーキャピタル企業は中小企業や登場したてのアーリーステージの企業などに投資を行い、その企業が企業を成長する事で出た利益を回収する企業のことで、近年多くの企業がベンチャーキャピタル企業からの投資を受け入れるようになっています。

ベンチャーキャピタル企業を利用するにはまずベンチャーキャピタル企業とのつながりを持つ事が非常に重要で、ビジネスコンテストなどのコンテストにビジネスアイディアを応募したり、実際にベンチャーキャピタル企業とのつながりがある企業や経営コンサルタントの紹介を経て投資を申し込んでいます。中にはベンチャーキャピタル企業に直接投資の依頼を立てる企業もあるので、投資以来のたてかたは様々です。しっかりと資金獲得ができるようにベンチャーキャピタル企業の利用を考えるのも非常に良い手かもしれません。

しかし、ベンチャーキャピタル企業からの投資は株式の購入による投資なので、経営の自由度が下がってしまう事があります。自分の企業の経営方針などをベンチャーキャピタルの意向にそうようにしなければいけないケースもあるので、注意が必要です。しっかりと納得いく経営をしたいと思っている場合にはベンチャーキャピタル企業以外のより自由度が高い資金の獲得法を考えなければいけません。バランスシートに悪影響を与える事が無いようにしっかりとより経営悪影響を与えにくい資金獲得法を理解しましょう。

4ファクタリングの魅力

ファクタリングというのはバランスシートに与えない資金獲得法として広く知られています。ファクタリングというのは売掛金をファクタリング企業に売却する事で資金を獲得する方法で、多くの企業が取り入れている方法です。資金獲得を考えるときにはファクタリングのように融資でもなく、バランスシートに悪影響を与えない資金の獲得が何よりも重要です。

このファクタリング企業を選ぶには日本にある多くのファクタリング企業から経営に都合のいい企業を選ぶ必要があります。ファクタリング企業の持つ資金獲得力は非常に重要な経営の武器になります。しっかりと経営に安全な資金獲得ができるように、ファクタリング企業を日頃から選んでおく事が重要です。ファクタリング企業を選ぶときには手数料・審査日数・支払いまでの期間・取扱債権の金額などの要素を比較すると役立ちます。しっかり企業探しをするときにはこのような情報を基準に企業選びを心がけましょう。