事業資金の赤字解消はどうやる?借入以外の方法はこれだ!


事業を続けて行く上で非常に大きな問題になるのが事業資金の獲得です。事業資金をしっかりと獲得できるとそれだけで非常に経営が安定化しますし、何よりも経営に対する不安を回避することができます。事業資金の赤字を解消するためには、資金獲得の知識が非常に重要です。しっかりと事業資金の管理を身につけましょう。

1資金繰りの悪化は非常に危険

資金繰りが悪化したというのは実は単に経営がうまく言っていないというだけでなく、様々な要素が原因となっている可能性があります。適切な資金繰りを考えるときにはまずいくつかのポイントに絞って問題解決を図ると原因が見えてくることがあります。代表的なポイントを理解しておきましょう。

・資金の獲得不足

事業資金が不足する一番の原因は資金獲得の不足です。売上の低迷や、借入の不足など様々な原因がありますし、売掛金が大量に発生している場合もこのような原因と考えることができます。売掛金の管理はとても注意が必要なもので、しっかりと売掛金の管理を考えるときには資金の不足に注意が必要です。資金不足を回避するためにはこのような資金の不足の原因分析が非常に有効なのです。

・資金の流れの悪化

売掛金の現金化までの期間が非常に遅くなっていたり、手形による資金の支払いが発生している場合には資金の流れが悪化してしまっています。しっかりと資金管理を考えるときにはこのような資金管理に注目することが非常に重要です。資金の流れが悪化しないように解決策を取ることが必要になります。

・支出の増加

支払いがあまりにも増加している場合には資金が不足してしまいます。資金の不足が起こってくると経営の自由度が下がり、迅速な応対ができなくなったり、スタッフの給与を増やすことができません。売上を向上させることもできないと有能なスタッフが離れてしまう原因にもなります。支出の増加を考えるときにはしっかりと意味のある支出なのかと考えることが重要です。意味のある支出ならば問題ないのですが、改善可能な点がある支出であればメリットは非常に少ないものという事ができます。支出の意味をしっかりと考えるようにしましょう。

2原因分析を先に済まそう

資金不足の原因を分析するのは資金不足に陥って資金を獲得するまでの間と、資金を獲得した後の二度に渡って行うのが重要です。資金獲得を急ぐあまり資金獲得後にしか資金の管理を行わないのは非常に勿体無い事で、せっかく獲得した資金を有効活用するための対策を全く講じないまま資金の管理を行うのはあまり適切な判断ではありません。

資金を有効に活用したいのであれば資金を獲得する前が一番重要です。適切な資金管理ができるように、資金獲得前の資金管理の改善を行う事が非常に重要です。その後、実際に資金を獲得してからより良い改善策を考えると経営を安定化させる事ができます。資金管理にしっかりと注目するようにしましょう。

 

3資金獲得法はこれで決まり!まずはこの方法を考えよう

資金獲得を考えるときには手段をしっかりと吟味する事が重要です。代表的ない靴化の手段を把握しておきましょう。

・ファクタリング

ファクタリングというのは売掛け金を回収する上で役立つ手段です。ファクタリング企業に売掛債権の売却の依頼をすることで売掛金の支払いを立て替えてもらい、後日売掛債務者であるファクタリング企業に売掛先から支払われた売掛金を支払うというもので、簡単にいえば建て替えるというものです。

ファクタリングを行うことでファクタリング企業に対して手数料を支払う必要があり、この手数料をしっかりと把握しておくことはファクタリングを受ける上で欠かす事ができません。ファクタリングを利用するときにはこの手数料の分だけ売掛金が減額されてしまうので、どうしても額面通りの金額を受け取るのは難しくなります。素早く資金の回収をしたいのであればファクタリングの利用を理解するのは非常に重要で、より経営にとって負担の少ない企業選びには手数料を吟味する必要があります。

・ノンバンクの利用

ノンバンクというのは銀行のような金融機関以外の融資を行う企業のことで、銀行などで融資を受けられなかった場合に検討する資金獲得手段の一つです。

消費者金融などの会社もこのノンバンクに含まれていて、あまり良い印象は持たないかもしれませんが、つなぎ資金の融資を考えるときに役立てたい資金の調達元の一つでしょう。ビジネスローンを専門に取り扱うノンバンク企業もあるので、企業にとって安心できる条件で資金調達ができる先を確保しておくことは非常に重要です。

資金不足を早急に解消したいと思うときにはこのような手段を検討して見ましょう。

・資産の売却

会社保有資産を売却するのも非常に便利な方法です。会社の保有している資産を回収する事ができると資金を素早く調達する事ができるので、資金不足に陥ったときには利用を検討して見ましょう。