経営で大切なのは資金の調達!資金獲得の基本


経営を考える時にはしっかりと資金の獲得や資金の管理が重要です。資金獲得がうまくできている企業でも資金管理がうまくできないと経営にとってあまりいいものではありません。しっかりと経営に役立てることができるように適切な資金の管理を行うように心がけましょう。

 

1資金繰りの悪化に要注意

資金繰りが悪化した時にどのようなトラブルが起こるのかしっかりとみなさんはご存知でしょうか?資金繰が悪化するというのはなんらかの原因があるはずです。まずは代表的な原因について理解をしておきましょう。

・赤字経営

赤字経営は資金不足を巻き起こす一番注意したい原因の一つです。赤字経営の状態が続いているのであれば資金の不足だけでなく場合によっては倒産などのトラブルに見舞われる可能性があるので、注意が必要です。経営赤字が続いている場合にはしっかりと黒字化をするか赤字の事業を縮小して黒字でカバーしておく事が必要になります。

・過剰な投資

過剰な投資にも注意が必要になります。過剰な投資を行ってしまうとその資金を回収する事ができず、資金不足に陥ってしまった場合には支払いの停滞や、支払いショートなどに陥ってしまう可能性があり、しっかりと資金不足に陥る前に適切な資金の獲得とコントロールをする事が必要になります。過剰投資に失敗した時にはその投資に対してどのように処理するかしっかりと検討しておきましょう。

・貸し倒れ

売掛金の貸し倒れも資金不足に陥る原因の一つです。売掛先が倒産にあってしまう事で貸し倒れになってしまうケースはどうしても起こる可能性があり、特に倒産企業が破産宣告を受けた場合には債権の回収ができなくなってしまいます。貸し倒れに会う前にしっかりと資金の回収を行う習慣を会社の中に確立したり、ファクタリングなどの手段を利用すると回避できるので、しっかりと利用を考えておきましょう。

2資金の獲得に役立つ方法

資金不足に陥った際の対処法をしっかりと理解しておくと経営難を乗り越える事ができます。しっかりと資金獲得の基本を理解しておきましょう。

・ファクタリング

ファクタリングは資金獲得に欠かす事ができない重要な要素です。ファクタリングというのは売掛金をファクタリング企業に売却し、現金化する仕組みの事で、ファクタリング企業を通じて売掛金を早急に資金として活用する事ができます。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があり、どちらのファクタリングでも売掛金を回収する事ができます。ファクタリングを利用するときにはこの売掛金の回収が非常に重要で、貸し倒れを回避するためにファクタリングを常に利用するのは決して悪い判断ではありません。売掛金として保有するよりも、しっかりと資金として活用したほうがより利益をあげる事ができますし、何よりも資金を活用して事業を行ったほうが資金利用効率も高くなります。

資金というのは物理学的な水の流れに非常に酷似していると言われていて、しっかりと資金が流れ込むところにはより多くの資金が集まりやすくなる性質があります。事業を拡大する事で製造に必要なコストを削減することもできますし、コストの効率がいいサービスや品物はより負担を小さくして販売ができるようになります。ファクタリングを利用して適切な資金獲得を行いましょう。

 

・手形の割引

手形の割引も資金繰りで欠かせない重要なテクニックです。約束手形を手形の割引企業に売却する事で資金獲得ができるので、資金獲得に役立ちます。手形を保有し続けるのは面倒な側面もあるので、振り出された手形を割引する習慣があると資金を素早く入手し、すぐに次の資金に回す事ができます。適切な資金の獲得のためにも、しっかりと資金の運用を心がけましょう。

・ベンチャーキャピタルの利用
ベチャーキャピタルからの資金提供を受ける事ができるときには非常に魅力のある資金獲得手段という事ができます。ベンチャーキャピタルの資金獲得力は非常に大きく、資金獲得を行うときに非常に強い味方になります。利用が可能なのであれば検討して見てもいいでしょう。

 

3資金繰りの悪化を回避した経営

資金繰りの悪化を回避した経営のためには資金獲得手段についてしっかりと熟知しておく事が重要です。資金繰をよりよくするためには銀行からの融資を考えるかもしれませんが、銀行からの融資よりもファクタリングなどの早急に資金獲得が可能な手段に精通しておく方がより経営にとってメリットがあります。しっかりと資金繰をする技術があると経営にとってのメリットも非常に大きく、安定した利益の獲得に役立ちます。資金繰を考えるときには資金の大きさも重要ですが、何よりも安定して資金獲得をできるのか、継続して資金の獲得ができるのかという問題も非常に重要です。ファクタリングはこの二つの要素を兼ね備えた便利な手段なので、しっかりと有効活用できるように心がけましょう。