多業種で活用されるファクタリング

ファクタリングは業種を問わずに幅広く活用されている資金調達法です。

顧客それぞれと現金授受を行う八百屋商売でない場合、先出し後払いであることが習慣化しています。
そのような中でファクタリングは、既に発生した売上に対する売掛金が元になる手法です。借金ではなく即日性が高いことで支払いサイクルに悩んでいる中小規模会社では利用が拡大しています。

利用業種割合

ファクタリングの利用割合が最も高いのは建設業で33%、次いで派遣業やコンサル業などのサービス業が22%と続いています。
このように支払いサイクルが長い業種や、人件費で出費が多い事業で多く使われている特徴があります。

業種別 ファクタリング活用事例

建設業の利用事例

ファクタリングの利用が最も多いのが建設業界です。
下請けや孫請けなど、支払い構造がピラミッド式で複雑なことから、支払いサイクルが長く資金繰り困難に陥る経営者も多くいるようです。
特に土木工事関係になると、公共事業も多くなるので支払いが安定していると判断され、ファクタリング会社側も債権買取を積極的に行う傾向が強くなります。

運送業の利用事例

主としてトラックを扱う運送業では、車両購入や突然の事故や故障など、予想外のトラブルが発生しやすく突発的な資金確保でファクタリングが利用されるケースもあります。
経営状況が安定していたとしても、ガソリンや軽油価格が高騰すると燃料費が赤字転落を招くリスクも抱えています。
銀行融資の割合を上げ過ぎてしまうと、新規でトラックを導入するためのリースやローンなどの審査に影響してしまいます。そのため敢えてファクタリングを利用する経営者もいるようです。

貿易業の利用事例

海外送金など通貨間の為替変動が影響し、一時的に資金ショートを起こしやすいシビアな職種だと言えます。
経営のバックアップとしてファクタリングを選ぶ経営者も少なくありません。
入金が外貨の場合、手形割引は利用できませんのでその点でもファクタリングは柔軟性が高いと評価することができます。

アパレル業の利用事例

季節次第で取扱量に増減が目立つアパレル業ですが、生産依頼先の海外工場で生じたトラブルに対応するために資金調達を行った例をご紹介します。

アパレルに限らず、雑貨や家具販売の職種でも同じようなパターンで活用されるケースがあります。

携帯電話販売業の利用事例

販売報奨金制度によって中小の携帯電話販売業者は成り立っています。
一次代理店>二次代理店というように、複数会社を挟んでいるケースもあるので成果発生から入金までのスパンが長期に渡ることが悩みのタネと言えます。
特に新型iPhoneの登場やゼロ円携帯廃止の方針など、市場が変化することに応える形で在庫確保をする必要があるためファクタリングは理に適った調達方法だと言えるでしょう。

介護業の利用事例

一般的に介護業界で利用されているのは診療・介護報酬ファクタリングで、国保から入金される報酬を前倒しするというものです。
診療報酬の債権譲渡は柔軟であり、3社間ファクタリングとして契約できるため手数料も一桁台で済むことが多くなっています。
出費の大半は人件費や施設維持費などで消えていく介護業界でも必要不可欠な存在と言えるでしょう。

人材派遣業の利用事例

在庫も持たないことで資金繰りには無縁のように見える人材派遣業ですが、給料の先払いや売掛先からの数か月遅れなど、キャッシュ的に非常に厳しい業種と言えます。 実際にファクタリング利用件数も建設に次ぐ2番目であり、ここではシステムエンジニア派遣を行っている会社の事例を取り上げています。

不動産経営の利用事例

賃貸経営を20棟ほど行っている不動産会社のファクタリング利用事例をご紹介します。
各入居者から得る家賃や管理費などの収入を債権として、1か月の前倒しを行いました。
土地売買で必要な軍資金をたった数日で調達することに成功し、手数料を差し引いても利益は200万円以上残すことができました。

インターネット通販業の利用事例

EC事業を手掛けているベンチャー企業が利用した事例です。
通販は商品開発や広告、初回無料キャンペーンといった初期持ち出しに加え、クレジットカード決済など入金遅延が致命的な問題として発生します。
今回は決済代行会社からの入金を早くするためにファクタリングを利用した事例です。