損益計算書とキャッシュフローにズレが生じるのは買掛金や売掛金が原因?


お金の流出入を「キャッシュフロー」といいますが、売掛金の入金や買掛金の支払いなどによる現金の流れを把握しておくことは大切なことです。

もしキャッシュフローの管理を怠れば、買掛金の支払いに充てる資金が不足してしまうなど、事業継続にも影響する様々な問題が発生してしまいます。

会計上は利益が出ているのに倒産してしまう黒字倒産も、買掛金や借入金の返済などの支払いに充てるお金が不足することで起きてしまいますが、キャッシュフロー管理が適切であれば防ぐことは可能です。

そこで、買掛金や借入金返済などに充てる資金不足に陥らないため、キャッシュフローをどのように管理していけばよいのか徹底解説していきます。

 

商取引では売掛金や買掛金が発生する

キャッシュフロー管理では、手元の現金が今どのくらいあるのか把握しておく以外にも、いつ入金や出金があるのか予測することが大切といえます。

会計上の損益とは別で管理していくことが必要ですが、損益取引成立で記録されるのに対し、現金取引成立から後で流出入が発生するからです。

商取引で商品を販売したとき、売上は先に計上されますが、その代金はその場で受け取らず後日支払ってもらう掛け取引が一般的になっています。このとき発生するのが売掛金ですが、取引先から入金されるのは1か月や2か月先であり、先に売上は計上されているため、利益が出ていても手元の現金は少ないといったことも少なくありません。

仕入れも同様に、材料などを購入したその場で代金を支払うのではなく、後日精算するため買掛金が発生します。

ただ、売掛金が入金されるよりも買掛金の支払いが先になると、手元の現金だけでは不足が生じることもあるため資金を調達しなければならなくなります。

いつ資金調達が必要なのか、予想を立てて把握しておくためにもキャッシュフロー管理を適切に行うことが大切です。

 

黒字倒産を防ぐため適切なキャッシュフロー管理を

黒字倒産とは、会計上は利益が発生しているのに、キャッシュフローがマイナスになり支払いができず倒産してしまうことです。

事業は順調で売上も伸びていたのに、手元の現金が足らず倒産してしまうといったことは避けなければなりません。

そのためにもキャッシュフローに基づいたキャッシュフロー経営が必要ですが、特に創業して間もないベンチャー企業などの場合、会計上は利益が出ていてもキャッシュフローはマイナスということが起きやすい状況です。

マイナスを補うためには運転資金が必要であり、何らかの方法で資金を調達しなければなりませんが、そのタイミングを把握するためにも日ごろから現金の流出入に注視することを欠かさないようにしましょう。

 

キャッシュフローをマイナスにしないための対策

そしてキャッシュフローがマイナスにならないようにするためには、主に次の対策を実践するようにしてください。

 

売掛金はできるだけ減らすこと

売掛金が増えればキャッシュフローはマイナスになりがちです。ただ、商取引で売掛金を発生させないことは困難なため、できるだけ売上代金の回収を早めるようにしましょう。

取引先から入金されるタイミングが早くなれば、仕入れ代金や借入金返済に充てる資金が不足してしまうことは少なくなります。

しかしすでに取引先と回収サイトを取り決めており、変更することは難しいという場合もあるでしょう。このような場合、売掛金を売却し現金化させるファクタリングなども活用できます。

 

前受金を支払ってもらう方法もメリットは高い

商品やサービスの販売・提供よりも前に、先払いで代金を受け取ることができれば資金不足に陥ることは防ぐことが可能です。

たとえば建設業などで工期が長い場合などはキャッシュフローがマイナスになりやすいですが、工事の途中で代金の一部を支払ってもらうことで、キャッシュフローがマイナスになりにくくなるでしょう。

 

買掛金の支払いはできるだけ遅く

売掛金は早めに回収したほうがキャッシュフローは改善されやすいのに対し、買掛金の支払いはできるだけ先延ばしにしたほうがよいといえます。

特に回収まで時間のかかる売掛金を多く抱えている場合には、買掛金の支払いのタイミングを遅くすることで、キャッシュフローはマイナスになりにくくなります。

仕入れ先と交渉が難しいという場合には、やはりファクタリングで売掛金を先に現金化させ、買掛金の支払いに充てたほうがよいでしょう。

ファクタリングなら早ければ即日手元の現金を増やすことが可能なので、銀行融資などで資金調達が難しいときにもうまく活用することをおすすめします。

 

まとめ

商品を仕入れ、損益計算書には売上原価が計上されますが、その代金はまだ支払っておらず買掛金として残ります。この買掛金が発生した状態は、現金が流出されていないことをあらわします。

反対に商品を販売し、損益計算書に売上が計上されても、その代金は入金されず売掛金が発生します。売掛金が残っているのであれば、現金は流入されていません。

損益計算書と実際の現金の流出入をあらわすキャッシュフローにはズレがあることを認識しておかず、売上や利益を上げることばかりに集中してしまうと、気がついたときには手元の現金が足らず黒字倒産してしまう可能性も出てきますので注意してください。